-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-11 12:00 | カテゴリ:スナイプ
◎「白石 潤一郎・上田 真聖」組(ノースセール・ジャパン)が4回目の制覇!
白石優勝
【さすがスナイプ番長と言うべきか?写真はRyuさん】

最終日を迎えた「全日本スナイプ」であったが、境港は予報通り生憎の悪天候。早々と中止が決まる。
従って、前日の順位で決着。「白石・上田」組がわずか1p差で辛くも逃げ切り。4度目の全日本制覇となった。

序盤は圧倒的に「近藤・石川」組(アイシン・エーアイ)が優勢だったが、第一人者の意地を見せ「第6レース」でついに首位に立つ。第7・8レースは「近藤組」にトップは譲るものの、自身はきっちり「2位フィニッシュ」
非常に計算高いレースプランとも言えるのではないか?

最後は運も味方したが、見事な4度目の全日本優勝だった、おめでとう!

※全日本スナイプ最終結果リンク
↓↓↓↓↓↓↓↓
最終成績はここをクリック

【※感想】

レース内容については、見てないので、「バルクヘッドマガジン」や「KAZI」の専属リポーター、井田 光司君が執筆してくれると思いますので、遠慮させて頂く。

ただ、この「スナイプクラス」のルールはある意味独特のものがあり、学連諸君にも参考になる部分があるのでは?と感じた。

①コースについて

3コース用意されているスナイプのコースであるが、風域によって使い分けられるようになっているが、今回は「上・下」のコースがほとんどであったが、1マークの横に「オフセットマーク」、3マークは「ゲートマーク」設置と、プロテストが発生しにくいコースとなっている。
学連のレースはいつも審問数が多く、いつも呆れるばかりなのだが、大フリートのレースならケースを防ぐ方策も必要ではないか?と私は感じた。

②レース時間について

スナイプのクラスルールに「レース時間」の規定も明確になっているのは、これも昔からである。学連のレースでは、これが明確ではないのでいつも「不平・不満」が出てしまうのである。こういうのも参考にできるのではないか?

③ネットによる回航順位速報

今回、「鳥取県連」のネットでの情報の早さは特筆ものであった。特に「回航順位速報」。これはオフィシャルに最後に加えられた項目であり、想像であるがどなたかが進言したものと思われる。
「Google Docs」を使用し、オンラインで速報を流していた。

これは学連では大いに参考になる。レースを盛り上げるためにもいち早く導入することを希望したい。


※最後にオリンピックや国体種目でない「スナイプ」がこれだけの盛り上がりをみせているのは、非常に特異であるとは思わないか?それだけ魅力があるボートであることは一目瞭然である。JSAFも変なこだわりにとらわれのではなく、スナイプを「国体」で復活させようではないか?

また、日本スナイプ協会も署名などを集めるなどして、働きかける義務があると私は思うのである。

『スナイプよ永遠に・・・・』



以上


アクセスランキング
スポンサーサイト
2012-11-10 20:00 | カテゴリ:スナイプ
優勝争いは「白石・上田」、「近藤・石川」の一騎打ち!

全日本スナイプは3日目を迎え、強風域での「ハードなコンディション」となり、予定通り「3レース」を実施され、計8レースを消化した。

◎ついに「白石・上田」組(ノースセール・ジャパン)が首位に立つ
・堤區遏ウ_convert_20121110201451
【4回目の優勝に向けてリーチとはなっているが、厳しい戦いとなっている「白石・上田」組】

・白石組がついに首位に立つが、1カットの時点で近藤組とは僅か「1点差」、また明日の第⑨レースが成立すると「2カット目」が発生すると、これまた近藤組が僅かに優勢となる。明日のレースではおそらく2レースがギリギリと思われるので、両者がどのような戦法で臨むのか興味深々である。大激戦となるに違いない。名勝負に期待しよう。

【暫定成績】(丸数字はカット点数)

①白石・上田(ノースセールジャパン)  17p(⑬・1・4・6・1・1・2・2)
②近藤・石川(アイシン・エーアイ)   18p(1・8・3・1・3・⑨・1・1)
③大井・酒井(オクムラボート)     41p(㉔・16・1・3・7・2・8・4)
④神谷・篠田(NTT東日本)       41p(㉜・9・6・2・12・3・6・3)
⑤児玉・田中(豊田自動織機)      51p(15・3・5・7・6・⑳・7・8)
⑥神・坂口 (鹿児島フリート)     54p(⑱・2・10・9・10・5・3・15)

※解説

現時点で例えば「2カット」した場合、「白石組」は11点、「近藤組」は10点と近藤組がやや優勢となるが、ほぼ互角の勝負と言えるでしょう。
残念ながら3位以下は既に勝負権はない。それだけ両者共に抜けてるといえるだろう。

霑題陸・胆convert_20121110201644
【首位は譲ったが、カット次第では若干有利の「近藤・石川」組】


※3位には「大井・酒井」組、同点4位には「神谷・篠田」組の実力者が上がってきた。ベテランの「児玉・田中組」は順位は落としたが5位。大健闘の「神・坂口」組は入賞ラインをキープした。

学生勢のトップは「西村・西井」組(同志社大)の10位が最高、インカレの疲れも影響しているか?


明日はついに最終日。どんなドラマが待っているのでしょうか・・・?


以上








アクセスランキング
2012-11-09 18:51 | カテゴリ:スナイプ
◎「近藤・石川」組が首位を守り、後半戦へ・・・
1_convert_20121109181308.png

『全日本スナイプ』の2日目は、午前中風が恵まれなかった影響により、2レース実施となった。(計5レース成立)
どちらのレースも強風域であり、実力者が上位を独占。その中、初日首位に立った「近藤・石川」組(アイシン・エーアイ)が2日目も好調。スナイプ番長こと「白石・上田」組(ノースセール・ジャパン)も追撃の状態。
早くも両者の優勝争いが濃厚の様相となってきた。

しかしあすの「第⑥レース」が成立すると、「1カット目」が発生する。明日のレースも目が離せない。


【暫定成績】

①近藤・石川 (アイシン・エーアイ)   16p(1・8・3・1・3)
②白石・上田 (ノースセール・ジャパン) 25p(13・1・4・6・1)
③児玉・田中 (豊田自動織機)      36p(15・3・5・7・6)
④中島・伊藤 (アイシン・エーアイ)   39p(23・7・2・5・2)
⑤関口・鈴木 (W.S.K)         44p(2・10・8・8・16)
⑥神・坂口  (鹿児島フリート)     49p(18・2・10・9・10)

霑題陸_convert_20121109181532
【2日目も首位を守った「近藤・石川」組。既に連覇に向けて独走状態に入ったか?】

逋ス遏ウ_convert_20121109181856
【さすがというべきか?近藤組を射程圏内で追撃!「白石・上田」組】

蜈千脂_convert_20121109182244
【経験豊富なベテランチーム「児玉・田中」組。非常に順位が安定している。40代なのに・・・素晴らしい】

nakajima_convert_20121109182549.png
【第①レースは失敗したものの、あとはオールシングルでまとめ、4位浮上の実業団チャンピオン「中島・伊藤」組。あすのレース次第では優勝戦線への浮上も・・・?】

髢「蜿」_convert_20121109183019
【初日好スタートを切った早稲田コーチチーム「関口・鈴木」組。だったが・・・なんとか踏ん張ったものの、強風域ではどうなのか・・・?】

逾枩convert_20121109184405
【鹿児島から参戦の「神・平川」組。ここまで暫定6位と健闘!】


※明日から天気は下り坂となる。風もさらに上がってくるものと思われる。果たしてどうなるのか?


以上

※写真は「全日本スナイプ特設サイト」からお借りしております。

アクセスランキング
2012-11-09 05:58 | カテゴリ:スナイプ
◎近藤 康史・石川 真吾組が連覇へ向けて首位スタート!

鳥取で開催されている『全日本スナイプ』は初日を迎え、予定の3レースを消化した。昨年優勝の「近藤・石川」組(アイシンエーアイ)が首位発進、スナイプ番長「白石・上田」組(ノースセール・ジャパン)が続く予想通りの展開。関口組・ベテランの児玉組の両早稲田OB勢もそれに続いている。

①近藤・石川 (アイシン・エーアイ)   12p
②白石・上田 (ノースセール・ジャパン) 18p
③関口・鈴木 (W.S.K)         20p
④児玉・田中 (豊田自動織機)      23p
⑤神・坂口  (鹿児島フリート)     30p
⑥中島・伊藤 (アイシン・エーアイ)   32p

※レポートは「バルクヘッドマガジン」さんでどうぞ。
リンク先はここをクリック

◎今回、鳥取県連は「回航順位速報」をネットで公開。非常に努力されている。このように大会を盛り上げようとする姿勢が重要なのである。「グーグル」のシステムを使っており至って簡単なのである。本日以降も頑張って頂きたい。

ただ一つ注文をつけさせて頂くと、「スタート時刻」「風向・風速」「コース」「上下距離」なども入れて頂くと尚良いだろうと思う。

今日からは強風?となるようだが、安全に留意し、セーリングをしていただきたいです。

以上


アクセスランキング
2012-11-07 12:00 | カテゴリ:スナイプ
全日本スナイプ

※全日本インカレの熱戦が冷めやまぬ中、明日(11/8)から『全日本スナイプ』が鳥取・境港で開催される。

昨年・江の島大会で初優勝した「近藤 康史・石川 真吾」組(アイシン・エーアイ)を始め、強豪チームが勢ぞろい。元スナイプ乗りの私としても目が離せない。僭越ながら展望をさせて頂くとしよう。
霑題陸_convert_20121107113239
【昨年タイトルを獲得した「近藤・石川」組。連覇に挑戦!】

【全日本スナイプの歴史】

日本ヨット界を語る上で、切っても離せないのが、「スナイプ級」である。比較的に安全で、老若男女問わず乗れることから、高校・大学・国体・実業団でも採用され、盛り上がってきた。

「全日本スナイプ」でも毎回強豪揃いで、優勝することは至難の業だったといえるだろう。

’80年代は「甲斐・歌田・日大」時代、’90年代は「福大」時代と、分類することができる。
しかし1992年のインターハイ、国体も1997年大阪大会を最後に種目から外れ、実業団も続々と撤退。衰退の一途を辿るかと思われたが、一部の熱狂的愛好者、また学連もスナイプを継続したことにより、近年盛り上がりが復活している。「東日本スナイプ」で100艇近い参加があるのがそれを物語っているだろう。

近年では3回の優勝を誇る、スナイプ番長こと「白石 潤一郎」選手を筆頭に、毎年熱い戦いが繰り広げられている。


【展望と解説】

◎「白石・上田」(ノースセール・ジャパン)、「近藤・石川」(アイシン・エーアイ)が優勝争いの筆頭

近年の傾向としては、白石 潤一郎(ノースセールジャパン)選手を中心に中部実業団勢(アイシン・エーアイ、豊田自動織機・トヨタ自動車)の争いが中心となっている。
その中で安定しているのが、「白石・上田」組、昨年初タイトルを獲得した「近藤・石川」組だろう。今回もこの2チームを中心に展開されると思われる。
逋ス遏ウ_convert_20121107113737
【スナイプ番長!こと、日本スナイプ界第一人者の「白石・上田」組】

対抗としては昨年準優勝と涙を呑んだ、「吉岡・丸子」組(GALAXY)だろう。母校福大のコーチをしているが、現在低迷している「福岡大」を復活させる為にも、学生に見本を見せておきたいだろう。相当気合が入っているものと思われる。

全日本チャンピオンの経験もある「武居・小島」組(Gekko)だが、強風シリーズとなるとどうだろう?その点が気がかり。

8月の全日本実業団で優勝の「中島・伊藤」組(アイシンエーアイ)は今季絶好調。同僚の近藤艇を上回る活躍をしたが、百戦錬磨の上位陣からのプレッシャーに対抗できるかが鍵。
荳ュ蟲カ_convert_20121107114115
【東京・若洲で行われた実業団優勝の「中島・伊藤」組】

同じ中部勢の実業団「豊田自動織機」勢はどうだろう?連続入賞の「加藤・杉浦」組、優勝経験もあるベテラン「児玉・田中」組も虎視眈々と上位を狙う。

国内トップシェアを誇った「オクムラボート」からは、「大井・酒井」組が新たなボートで必勝を期す。近年外国勢のボートに押され、評価を下げている同社だが、本人たちも「今年こそは」と思っているだろう。

学生勢はどうか?近年では実業団の厚い壁に阻まれてはいるが、学生チャンピオン「西村・西井」組(同志社大学)が上位入賞の筆頭、先日の全日本インカレでも9レース中トップ4回、2位4回と最優秀成績を治めるなど相変わらず絶好調。総合優勝に大きく貢献。また、昨年の全日本スナイプでも6位入賞と実業団チームと遜色ない成績。期待できるだろう。
隘ソ譚狙convert_20121107114346
【今年の学生タイトルはほぼ総なめ、「西村・西井」組】

その他としては、全日本最多優勝の大ベテラン「甲斐・深見」組、こちらもベテラン実力者「西居・中島」組(トヨタ自動車)、スナイプ大好き先生「内田・高曽」組(逗子開成高)、忙しすぎるプロコーチ「高木・漆谷」組(BEST WIND)、も上位候補。
逕イ譁神convert_20121107114633
【全日本スナイプ最多優勝の「甲斐 幸」選手、現在は立教大学のコーチを務めている】


女子では、レーザーで活躍した「蛭田 香名子」選手(豊田自動織機)も参戦、クルーに実力者「笹井 正和」選手(アイシン・エーアイ)を起用し、上位進出を狙う。


※以上上位有力選手を列挙してみたが、強風シリーズ濃厚である今大会、はっきりと実力が出るに違いない。


◎【結論と予想】

◎白石・上田(ノースセールジャパン)
○近藤・石川(アイシン・エーアイ)
▲大井・酒井(オクムラボート)
▲中島・伊藤(アイシン・エーアイ)
△西村・西井(同志社大学)
△加藤・杉浦(豊田自動織機)
×武居・小島(Gekou)
×吉岡・丸子(GALAXY)
注児玉・田中(豊田自動織機)

特注 蛭田・笹井(豊田自動織機/アイシン・エーアイ)

※白石組は2年連続で負けられないだろう。優勝請負人クルー上田となら盤石だろう。アイシン勢、大井組が対抗格、要注目なのは西村組がどこまで迫れるのかだろう。

熱戦が期待できるのは間違いない。


選手の皆さんの安全と健闘をお祈り致します。



以上



※写真は「バルクヘッドマガジン」さんからお借り致しました。ありがとうございます。


2012全日本スナイプ特設サイト


アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。