-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-02-21 15:00 | カテゴリ:高校ヨット部探訪記
ついにこのコーナーも本州を脱出し四国へ・・・。
四国地方4県の中で、ヨット競技の盛んな県と言ったら?ヨット競技を知ってるほとんどの方が「香川県」と答えることだろう。それは過去にインターハイ・国体開催が多数の実績があったからなのかもしれない。高校ヨット部においても、現在5校が活動しているなど、盛んである。
その中の一つ、『香川県立高松商業高等学校ヨット部』を紹介することに致しましょう。
83T8393837C815B83g_convert_20131117133117.jpg
【四国への最大の玄関口である「高松港」。多数の船が行き交うこの場所で練習する】

①歴史

高松商業高等学校ヨット部は1952年(昭和27年)に創部、そのきっかけは翌年の国体開催が高松で開催されることにより設立されたといえるだろう。前年に創部の「高松工芸高」や翌年に創部の「高松高」とほぼ同時期の創部であり、60年以上続いている伝統校である。
インターハイでも長きに渡り、数々の栄光の記録がある。

1961(熱海)  男子スナイプ級準優勝
1962(高松)  男子スナイプ級・A級優勝
1964(鹿児島) 男子A級優勝
1978(七ヶ浜) 男子FJ級3位
1980(高松)  男子FJ級3位・女子FJ級優勝
1981(江の島) 女子スナイプ級優勝・女子FJ級準優勝
1986(光)   女子FJ級準優勝
1988(芦屋)  男子FJ級3位
1989(高松)  女子FJ級準優勝
1992(日南)  男子スナイプ級準優勝
2001(宇土)  女子FJ級デュエット3位
2005(千葉)  男子FJ級デュエット準優勝
2011(由利本荘)女子FJ級デュエット3位
2013(唐津)  女子FJ級ソロ準優勝・デュエット3位
2015(和歌山) 女子FJ級準優勝
2016(和歌山) 男子FJ級3位

以上のように長きに渡り全国戦線で活躍しているのが一目瞭然であり、伝統校にふさわしい素晴らしい実績である。

②スポーツが活発な「高商」

同高は、高校野球でも全国制覇の実績があり、全国戦線で活躍している運動部が多数存在する(2013年は女子ハンドボール部がインターハイ・国体優勝の実績)。ヨット部もその一つであり、同校のキャッチフレーズは「部活の高商・就職も進学もできる高商!」と、公立高校で部活をアピールできるというのは非常に珍しいのかもしれない。

③唯一のオリンピック選手を輩出!

・山本 悟(同高-福岡大学卒・1984年ロサンゼルス五輪470級代表)
昭和55年度卒、高校時代も活躍し、福岡大在学中に学生ながら五輪代表に選ばれる。現在でもプロセーラー・コーチとしても活躍されている。

④顧問

・樋上 聡史(教諭)、正木 博(教諭)、鎌田 高明(教諭)

3名の顧問がおり、その中でも高松一高ヨット部出身の樋上教諭は、故郷に戻り、2010年度より高商ヨット部の中心顧問となる。学生時代は学連に属してはなかったが、東京・若洲のヨットスクールでインストラクターをした経験がある。

実際、樋上教諭が顧問となってからはメダル獲得も復活したのは事実である。やはりヨット経験者が指導者だと生徒も心強いのではないのか?さらにはこれからの香川県ヨットを牽引していく人物だといえるだろう。
また週末にはOBも駆けつけ、樋上教諭のサポートにあたっている。


⑤練習場所・練習日・練習時間

※高松市立競技場(学校より約2km・自転車で15分)
5-01-2+1_convert_20131117133223.jpg

学校からハーバーまでは近い距離であり、ハーバーが休みの火曜以外は海上練習を実施しており、比較的恵まれているといえるであろう。なお長期休暇時などは、遠征合宿なども実施し(場所は特に決まっていない)、レベルアップを図っている。

⑥その他論評

・高松港は風が弱く、潮流が速いイメージが強い。「ヨットは潮で走る」と冗談めいた名言が出るほどなのである。
このような難しい海面で練習していれば、上達も早い。数々の好成績があるのには、このような背景があるからなのかもしれない。

※私が今でも印象に残っているのが、1986年光インターハイ・女子FJ級とある微風レースにおいて、1艇フィニッシュ以外DNFというレースがあった。その1艇というのが高商の選手であった。このエピソードからも微・軽風域が伝統的に強いというのがお判り頂けるであろう。

・週末には前述の他校との合同練習となるが、多いときで20艇くらいの練習になるので、レースのシミュレーションにもなるし、ライバル意識がもてる効果がある。

・ほとんどの生徒が高校からヨットを始めているが、近年ジュニアクラブの活動も活発になってきてることから、同校もその受け皿として期待されるだろう。

・公立高校というのもあり、なかなか艇購入に関しては頭を悩ませてるようだ。今年の女子の2番艇は「1300」番台と非常に古い中で好成績を治めた。この背景には、他に公立高校が3校あるのも影響していると思われる。
DSC_1800_convert_20131118002707.jpg
【唐津インターハイで女子ソロ準優勝となった山下/島本組】

※周囲も「部活の高商」と言われるほど認知度が高い同高、多少の悩みはあるにしても、近くに練習環境があるのは、大いに恵まれていると言えるだろう。ヨット経験者が指導されている顧問が指導する同高はさらなる飛躍に期待できるだろう。

スポンサーサイト
2013-09-05 09:00 | カテゴリ:高校ヨット部探訪記
高校ヨット部を紹介するこのコーナーもついに関東を脱出!では、どこを訪問しようと考えたが、まずは昨年(2012年)のインターハイ開催地を訪れることにしました。

2012年のインターハイヨット競技は、石川県七尾市で開催され、非常に斬新かつ、話題性に富んだ大会となったのは記憶に新しいだろう。さて、石川県の高校ヨット部といえば?現在では、誰しも「羽咋工業」と答えるだろう。
創部26年目の『石川県立羽咋工業高等学校ヨット部』を紹介してまいりましょう。
Marina09152007-07_20130830102203bdb.jpg
【有名な千里浜沖で帆走練習中の生徒達】

①歴史
羽咋・林
【2012年七尾インターハイでソロ3位の「林 優季・浜谷 静歩」ペア】

羽咋工業高等学校ヨット部は、1987年(昭和62年)創部。そのきっかけは4年後に石川国体(1991・平成3年)が羽咋市滝港マリーナで開催されるのを機に設立されたといえるだろう。それまでの石川県勢といえば「穴水高校」が有名であったが(その後廃部)、徐々に同校が北信越水域のリーダーとなっていく、3年目の1989年高松インターハイで初出場、その後の主な成績は以下の通りである。

1991(三ケ日) 女子FJ級3位(初のメダル獲得)
1992(日南)  女子スナイプ級5位
1994(新湊)  女子デュエット6位
2005(千葉)  女子デュエット6位
2007(唐津)  女子FJ級ソロ3位・デュエット3位
2009(和歌山) 女子FJ級ソロ6位
2012(七尾)  女子FJ級ソロ3位・デュエット優勝(初優勝)

※創部25年目にして、念願のインターハイ初優勝を果たした。国体でも2回の優勝実績がある。
IMG_7845_20130830102512171.jpg
【七尾インターハイで石川県勢初の全国制覇!(女子デュエット)】

IMG_6905.jpg
【2012年七尾インターハイでソロ6位の「花島 瑞紀・堀井 柚花」ペア】

②監督・コーチ

監督  瀧川 明生(教諭)

同校でヨットを始め、金沢大学でもヨットを続け、卒業後教師となる。初任は違う高校だったが、満を持して2011年より同校に赴任、ヨット部の顧問となる。
2014年には、前監督・岩城 宏志教諭の人事異動により、中心顧問となる。
高校時代は国体で3位の実績(男子では唯一)があり、現在でも国体に出場している。生徒達と積極的にヨットに乗って指導するスタイルであり、上達が早いのはもちろん、生徒たちも心強いのではないだろうか。、

③練習環境・練習日・練習時間

※滝港マリーナ(学校より自転車で約15分)
image007_6.jpg
【有名な千里浜の北端に位置する同マリーナ、学校から2kmと比較的近い】

・基本的に週6日の練習、月曜日はオフとなっている。合宿なども積極的に行っており、その際は和倉温泉ヨットハーバーへ出向き実施している。
・北陸地方の冬季は厳しい環境となるわけだが、11月中旬より、土日のみの海上練習となる(七尾湾に艇を移動し、雪かきしながら合宿や日帰り練習)
・平日は主に陸上トレーニングと毎日のミーティング・講習会などを実施している(3月から平日海上練習再開)


④その他論評

・ヨットの経験者が顧問、しかも生徒と一緒に乗って教える理想的なシステムであり(本来当たり前なのだが・・)生徒も非常に心強いだろう。
・同校のホームページは、高校ヨット部の中でも非常に充実している。特にBBSでは先生だけでなく、生徒達自身も活動の記録を行っており、部の様子が非常に良くわかる(先生と生徒の信頼関係が抜群に良い)

・少子化に伴い、部員の確保が課題。しかし今年(2013年度)は16名もの新入生がヨット部に入部した。
・北信越では敵がいないのが(14年連続全種目優勝継続中)、唯一の欠点なのかもしれない。特に男子はインターハイでの入賞が一度もない。今後の目標であり、課題と言えるのではないか?
・地理上の位置関係などから、大学進学は地元ないしは関西方面に行く生徒が多いようである。(北陸新幹線が開通すれば変わるだろうが・・・)


※七尾インターハイでの女子デュエット優勝は、今でも脳裏に焼きついている。指導者・環境にも恵まれている同校は、さらなる躍進に期待できるであろう。今後も要注目である。

DSC_1871_convert_20130830102755.jpg
【唐津インターハイでミーティング中の岩城・瀧川両教諭】


※羽咋工業高等学校ヨット部HP
http://www.geocities.jp/uko_yacht/



2013-05-18 12:00 | カテゴリ:高校ヨット部探訪記
今年2013年の国体は「東京都」で開催されるが、東京の高校ヨット部といえば?と言ってもなかなかピンとこない方も多いのではないだろうか?
現在、東京都で活動している高校は「3校」あるが、その中で非常に変わった特徴を持つ『東京都立大島海洋国際高等学校セーリング部』を紹介していきたいと思います。
螟ァ蟲カ豬キ豢祇convert_20130518104747
※「伊豆大島」といえば、海に囲まれた素晴らしい環境である。こんな場所でヨットができるとは非常に羨ましい

①歴史

学校の歴史は70年を超えているのだが、現在の流れに際し学科を再編して現在の校名になったのが2006年である。
当初は「マリン部」が存在し、どちらかというとレジャー感覚の部活であったが、現監督「網谷 宗彦」教諭が就任し、同教諭の方針により、本格的なセーリング活動に変革させた。それが始まりである。

網谷教諭の熱意により、東京都ヨット連盟一部関係者の心を動かし、その方々が指導された結果、2008年埼玉インターハイ(若洲開催)において地元開催枠ではあったが、初出場を果たす。さらに2011年にはついに女子が自力でインターハイ権利を獲得。国体出場も3度果たしている。まさにこれからといった感じの部であるといえよう。

②監督・コーチ
003_convert_20130518111253.jpg
【ミーティング中の網谷監督・宮内コーチ(奥の2人)】

監督  網谷 宗彦(教諭)

網谷教諭は大学時代は体育会野球部に所属していた。従って遊び感覚の部活が気に入らず現在の体制にした熱意ある人物である。

コーチ 宮内 梨沙(講師)

宮内は、同高卒であり、セーリング部の第2期生でもある。国体出場の実績もあり、生徒たちのお姉さん的な立場な人物といえるだろう。


③都立では珍しい『全寮制』の学校

変わった特徴としては、都立では珍しい「全寮制」の学校、しかも生徒数の7割が島外からというのも非常に驚きである。従って親元から離れているため自立心が強く、前向きな考えを持っている生徒が多い。

④練習環境・練習時間・その他

・当然、伊豆大島なのだから周りは海。毎日練習できる環境である(実際積極的に海へは出ている)
年に数回「帰省期間」(長期休暇とは別に)もあり、その時は「若洲ヨット訓練所」でも練習を実施している。

・大学進学においても、「日大」「明海大」への実績があり、現在インカレなどで活躍中である。この子達が積極的にコーチするような時がくればさらに変わることであろう。

※しかし、身近にセーリング技術を教える指導者がいないのが、同校の悩みであることだろう。その課題をクリアできたなら間違いなく将来は強豪校に成長できる。その為には「東京都ヨット連盟」のバックアップもより必要になってくることであろう。熱心な網谷監督や、やる気ある生徒の為にも、是非ご一考頂きたいものである。

mihara.png
【海洋高校ならではの大型救助艇「みはら」。今年の東京国体でも使用されることであろう】

◎大島海洋国際高校セーリング部HP
http://www.osima-kaiyokokusai-h.metro.tokyo.jp/club/sailing/index.html

2012-08-25 00:00 | カテゴリ:高校ヨット部探訪記
現在、高体連ヨット競技に採用されている「国際FJ」クラス。日本では約1800艇が建造されているが、最初のFJはどこの所有者なのでしょう?そう、既に全国的にも「JPN-1」でお馴染みの『逗子開成高等学校ヨット部』を紹介してまいりましょう。
304689_269678379812455_1919298216_n.jpg

①歴史

逗子開成高等学校は開校100年を超える歴史ある学校だが、同校ヨット部も慶應義塾と同様、高校ヨット界の歴史を語る上でかかせない学校である。

1942年(昭和17年)から活動の記録は残っているが、正式な発足は1949年(昭和24年)である。第1回関東大会に参加するため、それに合わせたと思われる。

関東水域のリーダー的存在でもあり、関東のみならず、インターハイでも輝かしい成績を残している。主な記録は以下の通りである。

1960(塩釜) 男子A級準優勝
1961(熱海) 男子スナイプ級優勝・男子A級準優勝
1963(両津) 男子A級3位
1964(鹿児島)男子スナイプ級優勝
1966(石巻) 男子A級3位
1970(蒲郡) 男子FJ級優勝
1971(高松) 男子スナイプ級優勝・男子FJ級準優勝
1974(福岡) 男子FJ級3位
1976(蒲郡) 男子スナイプ級3位
1984(本荘) 男子FJ級優勝

となっているのだが、1987年以降長きに渡りインターハイ出場もままならない状態となってしまった。様々な要素が重なった結果であったのだが、1998年に同校卒の内田 伸一監督が就任し、同年から全国戦線に復活。2012年七尾インターハイでついに、男子FJ級ソロ準優勝・男子デュエット準優勝の栄冠を勝ち取った。

②オリンピック選手と主な卒業生

※長い歴史の中、2人のオリンピック選手を輩出している。

・田上 泰利(1964年東京五輪FD級代表)
・高澤 幸吉(1988年ソウル五輪フィン級代表)

※主な卒業生

・吉澤 一彦(同校-日本大学卒)
日大4年時、全日本インカレ史上初の両クラス完全優勝の立役者、卒業後は1992年アメリカズカップに挑戦、ニッポンチャレンジのメインセールトリマーとして活躍。我々の憧れでもある人物である。

・千葉 芳広(同校-日本大学卒)
・武田 純(旧姓鈴木・同校卒)
千葉は日大4年時、2年連続全日本インカレ両クラス完全優勝に貢献、卒業後、武田とペアを組み、1985年千葉全日本スナイプで優勝、翌1986年山梨国体成年男子スナイプ級でも優勝と、現在でも非常に記憶に残るペアであった。

③監督・コーチ

監督 内田 伸一(教諭・同校-関東学院大卒)
1998年監督就任、インカレで活躍。ヨットに携わっていたいとの思いから教職の道を選択。現在でも時間があればスナイプのレースに出場するほどのヨット好きである。まさに生徒のお手本となり尊敬される、素晴らしき指導者である。

コーチ 加藤 真(教諭・安房水産高-日本大学卒)
内田監督同様、高校-大学で活躍、同監督の心強いパートナーとして連日指導にあたっている。

コーチ 吉田 真浩(教諭・宇都宮高-横浜国立大卒)
2人とは違い大学からヨットを始める。現在学連界では国立大ブームとなっているが、そのきっかけとなった人物でもあるだろう。中学・高校両ヨット部の指導にあたる。
580854_213484865445269_706356494_n.jpg
【2012七尾インターハイソロ・デュエット準優勝・前列真ん中から内田監督・加藤・吉田両コーチ】

④練習場所・練習日・練習時間

※葉山港ヨットハーバー(学校より徒歩15分)
葉山港ヨットハーバー
・以前は逗子海岸から出艇していたが、ヨットハーバーが整備されたのを機に拠点を移した。

・学校の「文武両道」の方針により、土日を含めた週4日の練習となっている(長期休暇中は別)

⑤その他論評

・男子校である。
・2003年より完全中高一貫教育となり、高校からの入学はできない。同校でヨットを志すなら、中学から入学するしかない。
・海洋教育に力を入れており、中学からヨットを制作し帆走するなど、部員が集まる下地は出来ている。(部員は相当多い)
・内田監督はヨットももちろんだが、礼儀も重視している。まさに体育会的な部であるといえよう。(各大会では会った人には必ず挨拶するし、積極的に手伝いもする。非常に気持ちが良い生徒達である)
・問題があるとすれば練習時間だろう。学校の方針なので仕方ないが、さらなるレベルアップの為には何らかの方策は必要であろう。
・現在、有数の進学校として評価されており、大学への進学率も非常に高い。実際、関東学連でも各大学でヨットを続け、活躍している学生が多い。

※2012七尾インターハイでの活躍は同校にとって非常に自信となったことであろう。この経験を生かして頂いて優勝を勝ち取ってもらいたい。内田監督の胴上げされる姿を見たいものである。
須河内
【男子ソロで準優勝の須河内・芦澤ペア】

IMG_4405_compressed.jpg
【出艇前のエール・部員も多いので圧巻である】


2012-08-23 15:00 | カテゴリ:高校ヨット部探訪記
今回の探訪記は、千葉県から東京都心をスルーして神奈川へ向かうことにする。「日本ヨットの発祥地?」で、我が学生時代のヨットタウンでもある、「葉山」を訪れることにしました。

現在、神奈川県内の高校ヨット部は、「逗子開成」「慶應義塾」「関東学院」の3校が活動している。まずは「慶應義塾高等学校体育会ヨット部」を紹介してまいりましょう。
391457_425006710875009_1634852511_n.jpg

①歴史

『慶應義塾』といえば、福澤諭吉が創設した誰もが知っている「超有名私学」である。また日本ヨット界の歴史に於いても、決して避けて通ることのできない学校でもある。経営母体の大学ヨット部は1932年(昭和7年)創部と最古の学校ヨット部である。
高校ヨット部に於いては、1948年(昭和23年)創部。関東大会も第一回から出場するなど、歴史は古い。

しかし大学ヨット部の活躍に比べると高校ヨット部は長い間、成績に恵まれることがなかった。おそらく大学ヨット部の基礎段階としての位置づけで高校ヨット部があったと思われる。ところが21世紀に入ると、とある優秀な経験者が入学することで状況が一変する。『河合龍太郎』氏である。彼が入学したことで、部の相乗効果を生み、2005年の関東大会で50年ぶりに優勝をもたらす。以降の成績は以下の通りである。

2005インターハイ(千葉)  男子デュエット7位
2006関東大会  (山中湖) 男子ソロ優勝・インターハイ出場
2007関東大会  (霞ヶ浦) 男子デュエット準優勝
2007インターハイ(唐津)  男子デュエット9位
2009インターハイ(若洲)  男子出場
2010インターハイ(与那原) 男子出場
2011インターハイ(由利本荘)男子デュエット11位
2012全日本FJ  (若洲)  樋口・高井組優勝
2012インターハイ(七尾)  男子デュエット5位(初入賞)
2013インターハイ(唐津)  男子デュエット6位
2015インターハイ(和歌山) 男子FJ級準優勝(初のメダル獲得)
2016インターハイ(和歌山) 男子FJ級準優勝

※新たな伝統が2012年七尾インターハイで初入賞をもたらし、2015年にはついに同高初のメダルを獲得した。

②監督・コーチ

※顧問

・巴 伸一教諭(部長)

趣味がサーフィンということもあり、海への造詣も深い。非常に頼りがいのある教師といえるだろう。
13937826_1072919299469057_6238106990841750065_o.jpg
【2016インターハイ2年連続準優勝!後部右から3人目が巴教諭、右隣が倉田監督である】

※監督

・倉田 剛士(同校―慶應義塾大学卒業)

通常の練習は、OBが付き添うことを原則とし、2014年度から倉田監督が就任。若い指導者ながら2年連続のメダル獲得と着実な実績を積んでいる。

コーチ

・浦本 武治(同校-慶應義塾大学卒業)

2007年監督就任し、倉田監督にバトンタッチしたが、現在でも練習には駆けつける。大学時代インカレなどで活躍。現在の慶應高校新時代のきっかけとなったのはまさしく彼を抜きにしては語れない。


③練習場所・練習日・練習時間

※葉山港ヨットハーバー【学校(横浜市日吉)より、電車・バスで約1時間】葉山港ヨットハーバー
・学校より遠いため海上練習は土・日・祝と長期休暇に限られる。それ以外は学校内でトレーニングなどを行なっている(週4日)

④その他論評

・男子校である。
・高校卒業後、ほとんどの生徒が慶應大学に進学するため、ヨットも続けるようである。
・一応推薦入学制度はあるが、超狭き門である。(優秀なセーラーを入学させることは一応できる)
・超難関校ではあるが、高校からでもかなりの人数の募集を行っている。(中学がある私立は高校が狭き門になる学校が多い中、慶應さんは別)
・大学よりバックアップを受け、高校ヨット部の運営をしている。まさに理想的ともいえるシステムだろう。
・問題があるとすればやはり練習日が限られてることだろう。しかし頭脳を生かしたセーリングで是非カバーしてもらいたい。
・OB会の結束力は非常に強い。現役にとっても非常に心強いだろう。
・部の運営は生徒達に任されており、大会エントリーや宿泊に関することまでも自身達で行っている。まさに大学ヨット部と一緒である。

387011_508413602508132_2105990101_n.jpg
【2012年の全日本FJで優勝した、樋口・高井ペア】

※念願のメダルを獲得した同校は、悲願の初優勝は見えてきたことだろう。今後はさらに注目されるチームになったことは間違いないだろう。


※2016年度用に若干編集しました(Ver.3.1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。