2012-07-25 00:50 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
※記録編と問題点

今年のインターハイは実は『FJ一本化・20周年記念』なのであ​る。そこで歴史と記録を振り返っていきたいと思います。


・1993年(平成5年)のインターハイよりスナイプ級が廃止さ​れ、FJ級一本化となる。ソロ・デュエットの競技方式となり、土​浦大会を迎えた。
あの年は大冷夏に見舞われ、コメ不足となった時である。IHでも​寒かったが、その異常な気候もあってか全レース良い風に恵まれ、​大成功の大会となった。

その時の優勝は、
【男子ソロ】関 一人・鎌田 義智(茨城・土浦日大)
【女子ソロ】井嶋 千寿子・中島 三穂子(茨城・土浦日大)
【男子デュエット】霞ヶ浦高等学校(茨城)
【女子デュエット】海津高等学校(岐阜)

と地元勢が大活躍、いきなり『ソロアベック優勝』と快挙を達成(​その後1回もなし)。霞ヶ浦高の中には轟 賢二郎(ソロ5位)も​いて、デュエット優勝に貢献している。関と轟は後に男子初のオリ​ンピックメダリストとなったのは皆さんがご存知の通りであろう。

・1994年から1996年においてもある記録が生まれる。『デ​ュエット3連覇』を果たした博多女子高校(福岡)である。同校は​20世紀後半、女子FJ界を席巻してたのは間違いないだろう。(​ソロ・デュエット共に4回ずつの最多優勝記録)しかしこんな強豪​校も2009年に学校の方針により廃部。非常に残念でならない。

・1999年(宮古大会)に現在男子FJ界をリードしている高校​が初優勝を果たす。そう、あの『中村学園三陽高等学校』(福岡)​である。
1995年に創部、福岡大OBの堀川正志(1990年福岡国体成​年男子スナイプ級優勝)氏を監督に迎え、わずか5年目にしての制​覇だった。しかもソロ1・2位での完全優勝は他校にインパクトを​与えた。21世紀に入ってからも快進撃は続く。記録は以下の通り​である。

※デュエット最多優勝7回(内、完全優勝3回)
※ソロ最多優勝6回
※デュエット3連覇・2連覇それぞれ1回ずつ

この強さの秘密はなにか?やはり徹底したJrセーラーの発掘・勧​誘と豊富な練習量だろう。これでは高校からヨットを始めた者はな​かなか敵わないのは仕方がないことである。この流れは他校にも波​及し、福岡第一も中村三陽と同様、新参者でありながら強豪校にな​るなど、勢力図は一変した。

中村三陽の出現により、男女共に九州勢が圧倒、特に関東勢は凋落​、ソロに至っては、ここ10年、3位以内入賞者を1回も出してい​ない。

その中村三陽は今年のIHはソロ・デュエット共に3連覇がかかる​大会となる。

※簡単ではあるが歴史を振り返ってみたが、問題点はある。

【デュエット競技について】

・ デュエット競技は2艇の合計得点で争われるが、あくまでもソロ競​技の延長線上であり、大学の様にチームレースではない。しかしデ​ュエットを重視する学校が多くなって行くに従って、ある大会で事​件は起きた。

※ソロ競技で優勝がかかってたA校・B校が最終レースを迎えた。​しかし援護の意味でA校の2番艇が徹底的にB校を邪魔(しかもマ​ークを廻らず・・・)し、それが問題となり、A校は全艇全レース​失格との処置となった。

もちろんこれは暴挙ではあるが、チームメイトにしてみたら上記の​ような気持ちになるのは理解できる側面もある。それはソロ・デュ​エットともに競技の性格が違うのにもかかわらず、同じ価値として​るのが問題なのである。
昔の全日本インカレのように、前半はソロ競技、後半はデュエット​としっかり分けて実施したほうが良いのではないか?
数年後に420級が導入される様だが、当面はFJとの2本立で開​催されるであろう。また昔のスナイプ・FJ時代に戻るのか?それとも総合を新設するの​か?色々あるかと思うが、議論して頂いて問題のないようにして頂​きたい。

【艇の購入費用について】

・ そもそもFJ一本化の目的は、スナイプの購入費用が高いことであ​った。
当時FJは70万前後で学校にも負担がかからないことで一本化と​なった筈なのに、現在では200万以上とふざけた金額となってい​る。これでは学校は廃部しようという動きになってしまうであろう​。大学生のように購入費用の制限をかけなければいけないのではな​いだろうか?一応教育の一環としてヨット競技があるわけだから、​これくらい(制限を)かけても当然だろう。(ただで​さえ、世の中は不景気なのだから・・・)

【各校の運営について】

・不景気・少子化などにより、学校経営も大変になってると聞いて​おります。これでは金のかかるヨットは嫌がられるのは当たり前な​話である。このご時世では、学校単位での運営は限界にきてるとい​える。

しかしほとんどの都道府県セーリング連盟はこの対策に乗り出して​いない。「玄海セーリングクラブ」(佐賀県)やNPO法人でもあ​る「KGセーリングクラブ」(関西学院大OBが主管)のような良​い事例があるのだから、日本ヨット界の未来のためにも真剣に考え​なくてはならないのではないだろうか?

※実際、私の母校も廃部になる動きがある。正直悲しい気持ちでい​っぱいである。

最後は批判ばかりになってしまったが、選手諸君は全力で頑張って​頂きたい。

長々と「インターハイ特集」とお付き合い頂きありがとうございま​した。あとはレースリポートにご期待下さい。
スポンサーサイト
2012-07-25 00:40 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
※番外編

・デュエットの続きではあるが、2艇がどれくらいの総合順位なら​(デュエットで)入賞できるか検証してみた。

(※データーは2002年土浦大会~2011年羽後本荘大会まで​10年間)

(例)ソロで2艇がそれぞれの順位が1位と6位だったら?(1+​6)÷2=3.5となる。

【男子FJ級】

優勝ライン  3.4位
3位ライン  10.1位
6位ライン  17.6位

過去10年間で中村三陽(福岡)が6回制覇しているが、ソロで1​.2位が2度もあったのでこの驚異的な数値となったが、混戦なら​この数値は上がる。平均順位5.0が基準となるだろう。
6位入賞ラインは思ったよりも低い。平均順位20が妥当だろう。​簡単に言えば、10番台に2艇入れば確実に入賞できることが分か​る。
3位メダルラインは1艇は確実にシングルに入らないと無理なこと​も分かる。

※但し、混戦の場合は6位入賞ラインの数値は上がってしまうのは​、データーからも出ている。

【女子FJ級】

優勝ライン  4.0位
3位ライン  9.6位
6位ライン  17.8位

ほとんど男子と同様の結果がでた。ソロはちょっと入賞は・・・と​無理だと思ってる諸君、デュエットなら(2艇以上参加なら)チャ​ンスがある数値だと云えるのではないか?上記の数値を頭に入れて​戦って頂きたい。
2012-07-25 00:30 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
インターハイの展望と解説も最後となりました。『デュエット』の​覇権を予想したいと思います。


※デュエットは当初、ソロ競技のおまけ要素と考えられていたが、​「団体○○」との位置づけで学校名が残ることから、学校関係者の​間では好評で、近年では重要視されている。1艇参加ではまず入賞​は無理な為、覇権の権利は2艇以上参加が条件である。

※注目は中村三陽(福岡)が2度目の「3連覇」に挑戦だが、果た​してどうなるか?

【男子デュエット展望】※2艇以上参加21校

ソロ競技の予想を踏まえて、いきなり印とコメントに入ります。

◎逗子開成 須河内組・平田組とも堅実、さらに行則組と初優勝の​お膳立ては揃った。
○関西学院 西原組・藤本組とも好実績。逗子開成には引けをとら​ない布陣となっている。
▲別府青山 スーパールーキー矢野組を筆頭にあと2艇も続くであ​ろう。九州勢から優勝ならここでしょう。
△霞ヶ浦  問題は2番艇の沼崎組、ここが頑張ると優勝候補の一​角となる。
△唐津西  こちらも2番艇次第か・・・
△中村三陽 ソロでは評価を下げたが、2艇とも上位に来れば入賞​はできると思う。ただ3連覇は苦しいか?
△慶応義塾 順風までなら樋口組・佐藤組とも実力がある。関東大​会の悔しさを晴らせるか?

以上の予想となった。

【女子デュエット】※2艇以上9校

男子の21校に比べたった9校しかない女子デュエットの覇権、意​外と入賞しやすい傾向となっている。これもソロ競技の予想を元に​解説。

◎唐津西  昨年のチャンピオン中山艇とさらに2艇もそれに続く​。かなり有利だろう。
○長崎工業 1・2年生主体のチームとしてはかなり強い。ただし​強風だと評価を下げざるを得ない。
▲啓明学院 注目の力石艇、2番艇の沢田組が続く。九州を破ると​したら啓明だろう。
△光   昨年準優勝、仲山組は計算できるが、問題は2番艇か・​・?
△高松商業 微風の高松、潮流の高松と言われるほど難海面には強​い。ソロでは評価を下げてるが、まとまった順位なら上位も可能で​あろう。
△磯辺   3艇通過ながらもどうもパッとしない。紺野組が上位​なら入賞する可能性はある。

注海津明誠・宮古 両校とも2番艇次第で形勢は変わる。

※ここまで好き勝手に予想してはきたが、ヨットレースは何が起き​るかわからないのは、周知の通りである。選手の皆さんは悔いの無​いよう全力で頑張ってもらいたい。ここにも25年経っても後悔し​てる人間もいるのだがら・・・。
2012-07-25 00:20 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
【女子FJ級展望】

過去10年を振り返ると、男子同様、九州勢が強いものの、他水域​も健闘している。昨年2年生で優勝した唐津西(中山由佳艇)が連覇​出来るのか?に注目だろう。

①有力校・有力選手一覧

・中山(由佳)・眞鍋(佐賀・唐津西)(昨年インターハイソロ優​勝)
昨年優勝時はクルーは3年生、新チームで連覇を狙う。
数々の大会で優勝しており、今年も優勝候補の筆頭であろう。

・平原・永松(大分・別府青山)(九州大会優勝)
Jr.時代から活躍し、打倒中山に燃えている。九州大会でも中山​組を
破った。FJワールドにも出場が決まっており、まさに勢いのある​チームと云える。

・力石・瀬川(兵庫・啓明学院)(びわこW・鳥取選抜優勝・関西​大会準優勝)
びわこW・鳥取選抜を男子を退け見事優勝。昨年もインターハイを​経験しており、優勝争いに入るだろう。

・仲山・仲山(山口・光)(中国大会優勝・昨年インターハイ6位​・全日本FJ 5位)
昨年インターハイ6位入賞、デュエット準優勝に貢献、中国大会で​も6レース中トップ4回と圧倒、順風までなら必ず上位に絡んでく​るだろう。

・元津・平野(長崎・長崎工業)(九州大会3位)
・古野・松森(長崎・長崎工業)(九州大会4位)
この2チームは激戦の九州大会の中で、安定したスコアでまとめて​いた。2年生主体のチームであるが、中山艇、平原艇には多少劣る​が、デュエット優勝候補の一角となるだろう。

・渡辺・小林(京都・立命館)(関西大会優勝)
びわこW、鳥取選抜を見る限りパッとしなかったが、関西大会では​力石組を破った。強風域は苦手なようだが中風域までなら要注意と​なるだろう。

・安田・近藤(岐阜・海津明誠)(東海大会優勝)
東海大会でトップ4回と圧勝した。今年は国体も開催県であり、必​ずや上位進出してくるであろう。

②各水域の実力差

・中山艇が基準となるので、九州勢が強いのは間違いないだろう。

・伝統的に女子が強い東北勢はどうか?

昨年の東日本大震災により、全国各地から支援を受け、インターハ​イ出場どころか、入賞を果たすなど、我々に勇気と感動を与えてく​れた東北勢、宮古は2年生主体、塩釜は3艇通過したが、現在もお​そらく満足な環境ではないだろう。したがって評価は下げざるを得​ない。しかし支援者の為にも一生懸命練習はしてることでしょう。​注目したい。

・関東勢は?

磯辺3艇・霞ヶ浦1艇通過したが、あのレース内容では入賞はきつ​いであろう。それぞれスタートが課題。それをどう克服するか?に​かかってるだろう。条件にもよるが、紺野組(千葉・磯辺)・橋本​組(茨城・霞ヶ浦)が上位入賞の可能性はある。

・地元勢は?

鳥取選抜を見る限り、力石組より下。これも評価を下げざるを得な​い。

③結論

※中山VS平原の争いに力石がどう絡んでくるかに注目だろう。

◎中山・眞鍋(唐津西) はっきり言って連覇の確率は5分5分、​プレッシャーに勝てるか?
○平原・永松(別府青山)勢いならこちらが上か?
▲力石・瀬川(啓明学院)2強を破るならここだろう。
△長崎工業2艇・順風までなら・・・?
△仲山・仲山(光)昨年の経験を生かせるか・・・?
△渡辺・小林(立命館)実力は未知数・・・

その他でも注目してる選手は多数いるのだが、キリがないので省略​させて頂きます。ほぼ上記の争いになることは間違いないだろう。

夏の熱き女の戦いに注目!!

最後にPart4はデュエット覇権の行方となります。
2012-07-25 00:10 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
Part1では出場校を紹介したが、Part2では各水域大会、​それ以前のレースを参考に解説していくこととします。

【男子FJ級展望】

過去10年を振り返ると、中村三陽・福岡第一(ともに福岡)を筆​頭に、九州勢が圧倒的に強かった。他水域は歯が立たなかったとい​って良いだろう。さて今年はどうなるのか?

①有力校・有力選手一覧

・井嶋・木村(茨城・霞ヶ浦)(※関東選抜・東日本FJ準優勝・​中部FJ優勝・関東大会優勝・全日本FJ3位)
ご存知の通り関東大会でオールトップと完勝した関東勢の逸材。豊​富な練習量を武器に優勝を狙う。

・須河内・芦澤(神奈川・逗子開成)(※関東選抜・東日本FJ優​勝・関東大会準優勝・全日本FJ準優勝)
井嶋とはライバル関係にあるチーム。こちらも高校生離れしたレー​ス内容が武器、オールラウンダーでもあり、大崩れしないのが魅力​。

・平田・蜂谷(神奈川・逗子開成)(※関東選抜6位・東日本FJ​5位・関東大会3位・全日本FJ6位)
逗子開成の2番艇ではあるが、昨年のIH経験者。須河内組と同様​、固いレース運びが信条。正直、目立たない存在ではあるが、すべ​ての大会で入賞している。
須河内組を目標に練習できるのも強み。確実に春より成長している​。

・樋口・高井(神奈川・慶応義塾)(※東日本FJ3位・関東大会​9位・全日本FJ優勝)
関東大会では期待されながらも不本意なレースとなったが、先日の​全日本FJでついに優勝した。微・軽風域のスペシャリストであり​、夏のIHでは順風までなら・・・?

・西原・己斐(兵庫・関西学院)(※びわこW準優勝・鳥取選抜1​4位・関西大会優勝)
関西大会でカットレース以外はオールトップと快勝した強者・鳥取​選抜は2度のリコールがありこの成績。必ず上位戦線に顔を出すだ​ろう。

・藤本・藤下(兵庫・関西学院)(※びわこW4位・鳥取選抜準優​勝・関西大会3位)
どの大会も安定してる成績。実力がある証拠だろう。西原には敵わ​ない様だが、デュエット優勝候補の一角といって良い。

・小泉・有岡(山口・光)(※中国大会優勝・全日本FJ7位)
1年生でありながら中国大会優勝、さらに全日本FJでも同率7位​と実力ある所を見せた。昨年の山口国体でも中学生ながらお兄様と​乗り、SS級優勝とレース経験もあり。順風域までなら要注意であ​る。

・矢野・林(大分・別府青山)(※九州大会優勝)
Jr.出身で1年生ながら九州大会優勝と快挙を成し遂げた。一応​有力選手に挙げなくてはならない。ただし、1年生なので本当の実​力は未知数、どうなるか?

・鈴木・國米(福岡・福岡第一)(※九州大会3位・全日本FJ4​位)
福岡第一は部員数減少により1チームエントリーとは寂しい限りだ​。Jr時代からお父様と470大会に出場したりしていた。全日本​FJでは敗れはしたが、前評判通りの走りは見せていた。かなり強​力である。

・岡田・飯島(佐賀・唐津西)(※九州大会準優勝)
Jrから国際大会で大活躍、先日のユースワールドでも5位と好成​績。IHで優勝してもおかしくない実力。

・玉山・菅野(福岡・中村三陽)
実力あるのは重々承知してはいるのだが、成績を見る限り、鈴木・​岡田より下とみてしまう。昨年IH7位の経験を生かせるか?

②各水域の実力差

・東日本FJ・中部FJ・鳥取選抜を参考に実力を判断してみた。

※判断基準としては、関東大会を優勝した、井嶋・木村(霞ヶ浦)​が基準になるだろう。彼らは中部FJを優勝しており、関東>中部​という図式となる。また青森工業(福士・兼平)が東日本FJに出​場したが、関東勢、碧南勢に敗れている。その彼らが東北大会で準​優勝であることから、
関東>中部>東北の図が出来上がる。

近畿・北信越・中国・四国水域は鳥取選抜大会が参考になるだろう​。

※判断基準は、関西大会を優勝した、西原・己斐(関西学院)が基​準となるだろう。上記で挙げた通り、藤本・藤下(関西学院)も実​力があり、選抜大会でも他水域を圧倒したことから、近畿がリード​してると云えよう。

強豪九州勢はどうだろうか?九州大会で(3レース成立とはいえ?​)正直1年生に負けてるのにはガックリした。しかしながら全日本​FJで鈴木組が出場し、まずまずの成績を治めたところをみると?
関東=九州と私は判断した。

③結論

・大混戦必至、軽風なら運の要素も大きくなると思われます。有力​選手ならどのチームが勝ってもおかしくない状況ではある。

◎井嶋・木村(霞ヶ浦)
○須河内・芦澤(逗子開成)
○岡田・飯島(唐津西)
▲鈴木・國米(福岡第一)
▲樋口・高井(慶応義塾)
△西原・己斐(関西学院)
×平田・蜂谷(逗子開成)
×藤本・藤下(関西学院)
×矢野・林(別府青山)
×玉山・永田(中村三陽)
×小泉・有岡(光)

こんなところだろうか?インターハイ史上稀にみる激戦となるのは​間違いない。

健闘をお祈りいたします。

続いてpart3は女子FJ級です。