2014-01-07 10:00 | カテゴリ:コラム
皆さま、新年あけましておめでとうございます。今年も引き続き、当ブログをよろしくお願い申し上げます。
DSC_1845_convert_20140107082221.jpg

2014年の主な日程としては、アジア大会が「韓国・仁川」で開催されることではないだろうか?これには重要な意味合いがあると思われる。かつて他競技同様金メダルを量産していた時代と比べ、セーリングも各国が強化したことにより、簡単には取らせてくれない状況となった。この大会には、ジュニア・ユースの艇種(OP・420)も採用されているのが(オリンピックとは違う)大きな特徴ではあるのだが、シンガポールやマレーシアの台頭が著しく、現在まったく歯が立たない状況なのだ。アジア大会でも圧倒する可能性が高い。
これは何を意味するのか?今後この選手達が成長すれば、リオや東京五輪までには脅威となりうるのはほぼ間違いないからなのである。
「何故強いのか?強くなった要因は何なのか?」を徹底研究しなければならなだろう。また他競技から学ぶのも良いだろう。特に復活した体操や水泳などもヒントになるのではないだろうか?

さらに一つの例を挙げてみよう。

2000年シドニー五輪女子マラソン代表の「市橋 有里」さんは、高校時より陸連プロジェクトで育成され、代表になった最初の成功例である。通常なら、高校-大学ないしは実業団というルートが一般的だと思われるが、それを覆す方法だった。
高校・実業団の陸上部に所属するわけでなく、スポンサーの援助の下育成された。

※現在セーリング界でもここまでとは言わないが、オリンピック代表に近い選手は存在する。

様々な強化方法はあるとは思うのだが、「いかに多くの選手にセーリングを続けさせていくのか?」や「優秀な人材をいかに引き上げるか?」が課題のように私は思う。その為には上記に挙げたプロジェクトもセーリング界でも必要ではないのか?と感じるのである。

挨拶が長くなりましたが、今年も高校生・大学生を中心に、このような形でしか応援はできませんが、どうぞよろしくお願い致します。


以上



スポンサーサイト