2012-11-30 22:30 | カテゴリ:コラム
先日「全日本470」が終了し、今年の主要レースはほぼ終了した。

思えばこのブログを立ち上げるきっかけとなったのは、3月の「関東高校選抜」だった。逗子開成高の「須河内・芦澤」組、霞ヶ浦高の「井嶋・木村」組の走りを観て、久々に関東水域の高校生が全国で通用するのではないか?と感じたからであった。

実際、須河内君のインターハイ準優勝や、慶應の樋口君が全日本FJで優勝するなど、関東勢は大いに盛り上がった年になったし、どのレースも熱い戦いで見ごたえ十分であった。

「フェイスブック」でレース展開込みの記事を書いていると、全国の多くの皆様が評価して下さって誠に嬉しい限りであった。しかし私自身は、そんな大それたことはやってないと思ってはいたのだが、やはり現在のヨット界は、多方面に渡り、世間の流れについていってないのでは?と感じるようになった。

※それは特にレース情報の不足が挙げられることにある。

私が現役時代と決定的に違うのは「インターネット」が普及していることなのである。世間一般において、特に商売に携わる者としても重要なアイテムだといえることだろう。しかしほとんどの大会において着順速報すらも流さない。明らかに昔となんら変わってないという現実だった。だが、インタ―ハイでのネット中継は大成功だったし、全日本スナイプでのマーク回航速報などは、「やればできる」ってことの証明になったと思う。

再来年・2014小戸全日本インカレでは、「ネット中継」をやりたいと意気込んでるそうである。注目される大会は、なりふり構わずなんでもやるべきである。色々な関係者の皆さんに喜んで頂けるなら非常に嬉しいではないか?(関東インカレ・来年の西宮全日本インカレでも是非検討願いたい)

ところで、当初ブログは高校生だけにしておくつもりだったのだが、私も学連出身ということでインカレの記事までも書きたくなってしまった。やはり学生のレースを観てると熱くなれるし、「勝つことの難しさ」を改めて教えられたような気がしました。

特に印象に残ったのは、全日本インカレにおける「日経大470」の2度の「1・2・3」である。もう既に学生離れしている「土居 一斗」君の走りは格が違う。是非このような選手が学連から続々と出現することを切に願いたい。

来年も続々と高校3年生の各大学への入学が決まってるとの情報が私にも入ってきている。戦力的に分析するとインカレ戦線がさらに熱くなるに違いない感じである。今から非常に楽しみである。


最後にこのブログを応援して下さった皆様、また特にインカレ予想などで対談した「外道無量院」氏に感謝申し上げたい。

来年もできることなら高校生・大学生を応援していきたい所存でございますので、当ブログも引き続きよろしくお願い致します。


以上


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/101-ce155a9b