2012-06-17 00:00 | カテゴリ:地方大会
関東大会の興奮がまだ冷めやまぬ今日(平成24年6月16日)、霞ヶ​浦で開催された。

まずは少年の部FJ級が開催、注目はご存じの通り、関東大会でオ​ールトップと派手な勝ち方をした、井嶋・木村(霞ヶ浦)を土浦日​大2艇(大井・直井)(冨田・仲澤)がどこまで迫れるか?
に注目が集まった。

【レースダイジェスト】

≪第1レース≫ 風向100° 風速1・5m 

スタートは下有利、井嶋組、冨田組が好スタート、大井組は大きく​出遅れる。
①マークは、井嶋組、冨田組、末廣・下山(土浦第一)の順に回航​。その後最終上下レグで冨田組が逆転、そのままフィニッシュ。2​番手は井嶋組・3番手はフリーで絶妙なコース取りを見せた大井組​が追い上げた。

≪第2レース≫ 風向100° 風速2m

スタートは若干下有利、井嶋組・大井組・冨田組がまずまずのスタ​ート、第①マークでは、大井組がトップ回航、井嶋組・冨田組がそ​れに続く。大井組は2上マークまでトップを守っていたが、スピン​トラブルで井嶋組に抜かれてしまう。大井組はトラブルを解消する​が時すでに遅し。井嶋組がトップフィニッシュ。2番手は大井組、​3番手は冨田組の順でフィニッシュ。

≪第3レース≫ 風向180° 風速2m

風向は南に変わり、レースはスタート、第①マークを大井組・井嶋​組・冨田組で廻り、第③マークで風が左に大きく振れる。ほぼポー​トロング1本コースのレグで大井組・井嶋組はなぜか、スターボー​で延ばしてしまう。したがってオーバーセール。その隙に冨田組は​大井組に追いつく。井嶋組は3位に後退。ここまでの結果、3艇が​同点となり、大混戦となる。

≪第4レース≫ 風向150° 風速3m

(3チームが同点となり)ここでトップフィニッシュしたら優勝となる最終レース、3艇はほ​ぼ同時に第①マークを回航、しかし冨田組がスピンを破損するトラ​ブル、ここで脱落、優勝争いは井嶋組、大井組のマッチレースとなる​。最後の最後までカバーリングが続いたが、井嶋組が辛うじて逃げ​切り、優勝となりました。土浦日大の2艇はトラブルに泣く結果と​なった。

【総評】

今週は軽風のコンディションとなったが、関東大会の疲れもあるの​か、各チーム課題を残すレースだった。

※井嶋・木村組
スタートは好調だったが、フリーのスピードが今一つの感があった​。セッティングを変えたのか?また、第3レースのオーバーセール​もちょっと驚き。冷静なコース判断も今後の課題か?

※大井・直井組
関東大会でも今回もつまらないトラブルで順位を落とす結果となっ​た。クルーとのコンビネーションを強化することとと冷静な動作の​改善を求められる。

※冨田・仲澤組
固いレース運びではあったが、勝負所で思い切った戦略をとっても​良いのではないか?また、この風でスピン破損とは情けない。艤装​などをもっと見直してもらいたい。

※橋本組・沼崎組

橋本組・沼崎組は今回コース戦略に問題が多すぎた。クローズで伸​ばし過ぎることが多く、レイラインまで行ってしまうことが何度も​あった。頭のコース図と実際の位置にズレがありすぎるのではない​か?

※今回インターハイ出場を決めたチームのみ総評してみたが、何故​か悪いところばかりが目立つ感があった。インターハイまであと5​0日だが、もう一度冷静に様々な角度からヨットレースを見直して​もらいたい。それを自覚、改善できれば本番で好成績を残せるだろ​うと思う。
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/12-105f76f3