2013-04-28 22:30 | カテゴリ:インカレ
昨日より関東インカレ予選シリーズが開幕しているが、昨日のAブロックに続き、本日はBブロックの前半戦がまずまずのコンディションで「4レース」を消化した。

結果は以下の通りである。

【Bブロック470級】 ※参加校数 13(8位までが決勝へ)

◎『日本大』『慶應』『明海』の争いだが・・・?

①日本大学      80点(10・12・48・10)
②慶應義塾大学    85点(20・25・18・27)
③明海大学     101点(24・42・18・27)
④学習院大学    147点(36・28・44・39)
⑤立教大学     184点(35・54・43・52)
⑥千葉大学     237点(78・54・45・60)

・「日大」「慶應」「明海」の3校が接戦となっているが、内容では「日大」が圧倒してるといえるだろう。特にリーダー「中村 睦宏」が出場した3レースはオールトップと絶好調!ルーキー「玉山 千登」がケースリタイアがあったものの、2番艇「平松 良洋」、2レース出場した「若林 友世」も順調な仕上がりか?

・戦前の予想通り「慶應」は、チームを積極的に入れ替える状況となった。得点的に見ればある程度戦える感じではあるのだが、若干「日大」とは差があるか?

・「明海」が3番手につけているが、得点にムラがあるのが気になる。これさえなければ決勝に向けて明るい兆しとなるのだが・・・。

・「学習院」が4番手と健闘!特に女性スキッパー「田寺 香織」がオールシングルと大活躍。シード獲得に向けて好材料であろう。

・5番手以下は得点的に離れているので、省略させて頂くが、立教・千葉・芝浦工業・成蹊まではほぼ予選通過が確定か?

【Bブロックスナイプ級】 ※参加校数 9(7位までが決勝へ)

◎『日本大』が安定した順位で圧倒!

①日本大学       73点(18・16・18・21)
②慶應義塾大学     96点(24・18・26・28)
③明海大学       98点(10・38・19・14)
④立教大学      155点(32・47・43・33)
⑤関東学院大学    183点(58・44・37・44)
⑥学習院大学     187点(55・43・40・49)

・470と同様、3校での争い、『日大』はトップフィニッシュはなかったものの、3艇全てが「オールシングル」と順調な仕上がりを見せている。「慶應」「明海」は2桁得点には抑えているものの、3番艇がウィークポイントであり、ここがポイントとなるだろう。

・関東学院の3年生「久我 淳」艇が2回のトップフィニッシュを飾る大活躍。関東学院復活の救世主となれるのか?

・女子インカレ準優勝のルーキー「村山 仁美」艇が団体戦でもオールシングルと活躍、これは間違いなく本物だろう。2・3番艇次第ではシードを獲得できる可能性が、限りなく近くなったのかもしれない。


※ところで、このBブロックを見てみると、Aブロックに比べ予選敗退校数が多くなっている。たまたまAブロックからの不出場が多くなったのが原因だが、「不満はでないのだろうか?」
エントリーしていきなり不参加となっても対応に苦慮するのは分かるが、臨機応変に対応はすべきではないのか?
いやしなくてはならないと私は思う・・・・。


※予選「Bブロック」後半戦は、5/4(土)に残り4レース実施予定である。


以上


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/126-e945cd32