2013-06-20 00:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
第2回は関東水域をスルーし、「東海」「北信越」水域を見ていくこととする。
辟。鬘契convert_20130619173233
【愛知・海陽ヨットハーバーで実施された「東海大会」、珍しく風が弱かったか?】

④【北信越水域】

※羽咋工業(石川)が「13年連続」FJ級全種目制覇!

(※通過校)

【男子】              【女子】

羽咋工業   (2) 1・2    羽咋工業   (2) 1・2
新湊     (2) 3・4    富山高専   (1) 3 
富山高専   (1) 5      新湊     (1) 4 


富山・新湊マリーナで開催された「北信越大会」。この水域のリーダー校でもある「羽咋工業」が13年連続の完全制覇でインターハイ出場を決めた。なんといっても昨年七尾インターハイでの「女子デュエット優勝」が記憶に新しいだろう。実況中継を担当された岩城 宏志教諭も顧問に復帰し、ますます期待がかかるのだが、GWに唐津で開催された「ジュニア・ユース」の結果を見る限りでは、レベルアップが必要ではあるか?ただ昨年のように大幅なレベルアップでインターハイで優勝したように非常に楽しみな存在であることは間違いない。

------------------------------------------------------------------------------------

⑤【東海水域】

※男子は半田(愛知)が完全制覇!
女子ソロは碧南(愛知)、デュエットは海津明誠(岐阜)がそれぞれ優勝!


(※通過校)

【男子】              【女子】

半田     (2) 1・4    碧南     (1) 1
海津明誠   (2) 2・5    海津明誠   (3) 2・4・5
碧南工業   (1) 3      蒲郡東    (1) 3
蒲郡東    (1) 6      熱海     (1) 6


愛知・海陽ヨットハーバーで開催された「東海大会」。男子は「半田」がソロ・デュエット共に完全制覇、21世紀に入ってからはおそらく「初優勝」であろう。

女子ソロは「碧南」、女子デュエットは「海津明誠」がそれぞれ制覇した。「田中 彩水・内藤 風香」組(碧南)と「野津 さくら・今西 芳枝」(海津明誠)この2艇が抜けており、インターハイでも期待がかかる。

GWに行われた「中部FJ」の上位チームが、この大会でも順当に活躍したものの、碧南勢が若干苦戦したか?またシングルハンドで活躍している杉山 航一朗君(清水東)も出場し注目されたが、惜しくも敗退と残念な結果に終わった。
女子に関しては、「海津明誠」が3艇通過し、改めてその存在感を示した。

明るい話題としては「熱海」(女子)が久しぶりにインターハイ出場権を獲得。元々優勝経験がある伝統校だが、長きに渡り休部状態が続くなど苦しい状況ではあったのだが、地元有志の協力・支援などにより近年復活。新艇庫も完成し、このニュースは関係者にとってうれしい話題となったのではないだろうか?


以上


※次は、「近畿」「中国」水域となります。


縺九■縺セ繧祇convert_20130619055756



               
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/145-2033772e