2013-07-17 15:30 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
420ロゴ

インターハイの前哨戦として日本国内では「全日本FJ」が開催されるが、世界に目を向けると「420ワールド」が7/25~30に、スペイン・バレンシアで開催される。日本からも各種レースで出場の権利を得た「14チーム」が出場する(男子7チーム・女子7チーム)
メンバーを見ると、ワールドということもあり、高校生だけではなく、大学生、40代のスキッパーも存在する。
しかし高校生に限ってはインターハイでの有力候補が目白押しであり、見逃せないだろう。早速日本代表のメンバーを紹介しよう。

※【男子代表】

・小泉 維吹 ・有岡 翼  (山口県立光高等学校)
・岡田 奎樹 ・宮口 悠大  (玄海セーリングクラブ)
・榊原 隆太郎・楠瀨 和旺  (玄海セーリングクラブ)
・太中 賢  ・出口 廣智  (慶應義塾高等学校)
・高竹 義樹 ・槇原 覚  (広島セーリングスクール)
・斎藤 道明 ・刈込 孝陽  (福島県セーリング連盟)
・二井谷 和平・吉永 琢磨  (琵琶湖ジュニア)

※【女子代表】

・千葉 都 ・秋本 美桜  (宮城県セーリング連盟)
・力石 晶子 ・澤田 佳那  (KGセーリング)
・元津 志緒 ・濱本 郁   (長崎県立長崎工業高等学校)
・村瀬 海里 ・石川 満里奈 (広島セーリングスクール)
・深澤 瑛里 ・馬渡 凪沙  (湘南ジュニアヨットクラブ)
・田中 美紗樹・高野 芹奈  (B&G兵庫ジュニア)
・中山 由紀美・池内 仁美  (玄海セーリングクラブ) 

以上の13チームが出場するが、先ほども述べたとおり、インターハイ出場チームにとっては前哨戦の側面もあり、重要な一戦となる。
小泉VS岡田
【今年もこのようなシーンが多く見られるだろう「岡田VS小泉」の争い】

男子は昨年ISAFユースチャンピオンシップで5位入賞を果たした超高校級セーラー「岡田 奎樹・宮口 悠大」組 に期待がかかる。岡田はジュニア時代から世界を相手に好成績を治めてきた次世代のホープといえる逸材、一番戦い慣れているといえるだろう。

その岡田を目標に奮闘している「小泉 維吹・有岡 翼」組も大いに期待がかかる。昨年から岡田との対決でほぼ五分の戦いであり、昨年岡田が出場した「ユースワールド」の代表は、今年は小泉が競り勝ち、出場権を得ている。
(注:この記事を書いていると同時に、キプロスでユースワールドが開催されているが、上位進出の可能性が高い状況となっており、健闘している)

この2艇は、日本を代表する高校生セーラーと言っても過言ではない。是非頑張って頂きたい。

また昨年インターハイデュエット優勝に貢献した「榊原 隆太郎・楠瀨 和旺」組も同僚の岡田を目標に練習していることもあり、大きく成長しているのではないか?こちらも期待がかかる。

女子では、昨年インターハイソロ4位入賞を果たし、今年は大学生となった「力石 晶子・澤田 佳那」組が期待の筆頭。また高校生では各インターハイ予選で優勝している「元津 志緒・濱本 郁」組や「田中 美紗樹・高野 芹奈」組がどこまで戦えるのか?が楽しみである。また普段は420を練習している「中山 由紀美・池内 仁美」組も大いに期待がかかる。さらにこの3艇はインターハイでの優勝争いの候補といっても良い位のメンバーであり、その争いも注目である。
また、「深澤 瑛里・馬渡 凪沙」組もジュニアから活躍しているチームだが、深澤は昨年「全日本470」で近藤 愛のクルーとして出場し3位となっている。良い経験もしていることから、期待しても良いと見ていいだろう。

※たまたまであるのだが、「斎藤 道明」先生(いわき海星高教諭)も出場、日本チームの最年長というのもあり、まだ若いセーラー達の相談相手となりうるのではないか?そのような意味でも今年の日本チームは好成績が残せそうな予感がする。

186艇がエントリーしているため、予選・決勝シリーズが存在する。少しでも多くのチームがゴールドフリートに残って頂き、好成績となるよう祈るばかりである。

海外のレースなので、健康と安全に留意して頂き、頑張って頂きたい。


以上


※420ワールド大会ホームページ
http://events.sailracer.org/eventsites/default_s420.asp?eventid=124480



※420ワールド日本勢最終成績

【男子】

・岡田 奎樹 ・宮口 悠大  (玄海セーリングクラブ)    10位
・小泉 維吹 ・有岡 翼  (山口県立光高等学校)    19位
・二井谷 和平・吉永 琢磨  (琵琶湖ジュニア)       69位
・榊原 隆太郎・楠瀨 和旺  (玄海セーリングクラブ)    91位
・高竹 義樹 ・槇原 覚  (広島セーリングスクール)  99位
・太中 賢  ・出口 廣智  (慶應義塾高等学校)     103位
・斎藤 道明 ・刈込 孝陽  (福島県セーリング連盟)   107位


【女子】


・深澤 瑛里 ・馬渡 凪沙  (湘南ジュニアヨットクラブ)  26位
・中山 由紀美・池内 仁美  (玄海セーリングクラブ)    46位
・田中 美紗樹・高野 芹奈  (B&G兵庫ジュニア)     54位
・力石 晶子 ・澤田 佳那  (KGセーリング)       66位
・千葉 都 ・秋本 美桜  (宮城県セーリング連盟)   68位
・元津 志緒 ・濱本 郁   (長崎県立長崎工業高等学校)  74位
・村瀬 海里 ・石川 満里奈 (広島セーリングスクール)   75位



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/156-cb439a9d