2013-08-22 23:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
※【女子ソロ競技総括】
558826_439880409458917_1061555564_n.jpg
【今回のレース海面はハーバーから若干離れていた「東の浜沖」で実施】

大会展望では、今年の女子は混戦模様とお伝えしたが、実際はどうだったであろう?男子同様、レース毎に振り返ることとする。

初日、午前中風に恵まれず、午後からのレースとなったが、リミット時間の関係で1レースしか実施できなかったが、そのオープニングレースでトップフィニッシュを飾ったのは、東海大会チャンプの「田中 彩水・内藤 風香」(碧南)だった。2番手は四国大会チャンプの「山下 万理・島本 明季」(高松商業)、3番手は九州大会チャンプであり、優勝候補の「元津 志緒・後 可奈」(長崎工業)と、各水域の優勝チームがズラリと揃った。

前日1レースのみの成立だった為、3レース実施となった2日目、唯一オールシングルで纏めた「元津・後」(長崎工業)が首位に立つ。2番手は、7・12・1の「山下・島本」(高松商業)、3番手は初日7位だった「上田 育美・越田 楓」(宮古商業)が13・2・2の順位で、一気に浮上。元津艇以外はすでに二桁順位を叩いており、圧倒的優勢な状況となる。
初日首位の「田中・内藤」(碧南)は第②レースで好順位だったものの、審問で失格となり一歩後退。

ところが3日目の第⑤・⑥レースで、前日4位だった「千葉 百華・中島 奈津美」(宮古)が連続トップフィニッシュとなり、一気に2位へ浮上する。一方、首位の「元津・後」(長崎工業)は第⑤レースでは4位と堅実だったものの、第⑥レースで18位と突き放すことができない。前日2位の「山下・島本」(高松商業)は8・2と纏め、3位キープ。この3艇は明らかに抜け出しており、焦点は最終レースの結果次第ということになった。

1~3位が1点差ずつで迎えた最終レース、「元津・後」(長崎工業)が順調にレースを進め3位フィニッシュ。「山下・島本」(高松商業)は序盤遅れ、追い上げたものの、5位フィニッシュ。「千葉・中島」(宮古)は、勝負にでたものの、BFD、従って元津、山下、千葉の順に決着した。

※以上が女子のレース推移だったが、男子同様、入賞チームを個別に見ていくこととしよう。


※2年生ながらソロ優勝を果たした『元津 志緒・後 可奈』組(長崎工業)
DSC_2000_convert_20130822220305.jpg
【昨年の経験を生かし見事躍進!優勝の「元津・後」組(長崎工業)】

昨年の七尾インターハイでソロ8位、デュエット準優勝に貢献した「元津 志緒」。昨年までは3年生がクルーであったが、今年はヨット経験のない1年生「後 可奈」をクルーにし、見事栄冠を勝ち取った。レース展開も第⑥レースを除き全て5位以内とほぼ完璧。勝負が決まる最終レースでもきっちり走り、勝負強いところも見せてくれた。
当然ながら来年は連覇が期待される。是非達成できるようさらに精進して頂きたいと思う。

『見事なレースだった、優勝おめでとう!』


※惜しくも準優勝、『山下 万理・島本 明季』組(高松商業)
DSC_1884_convert_20130822220931.jpg
【第④レースでの後続を大きく引き離してのトップフィニッシュ「山下・島本」組】

四国大会をオールトップで優勝するなど、前評判が高かった同チームだが、事前練習などでも素晴らしい走りをみせていた。第④レースのレース展開は完璧。力的には元津艇とほぼ同等だったといえるだろう。勝負を分けたのは最終レースだろう。もう少し徹底して元津艇をマークしていたならば結果は変わったかもしれない。しかし前評判通りの力を発揮し、立派な準優勝と言えるだろう、国体でも要注目である。

※震災より見事復活!『千葉 百華・中島 奈津美』組(宮古)がメダル獲得!
DSC_2060_convert_20130822221611.jpg
【第⑥レースで連続トップフィニッシュの「千葉・中島」組】

昨年の七尾インターハイでは2年生ながら出場したものの、成績は振るわなかったが、東北大会ではオールトップで優勝した同チーム。今大会では3日目の第⑤・⑥レースが連続トップフィニッシュでメダルがほぼ確定。
おそらく最終レースのBFDは、支援をして頂いた全国の皆さんに報いたいとの思いから積極的にスタートした結果とも言えるだろう。元々、宮古・宮古商業は女子が伝統的に強い印象がある。今回のメダルで本当の復活といえるのではないか?その積極的な姿勢に私は拍手を送りたいと思う。


※惜しくも目標のメダル獲得はならず『橋本 杏奈・齋藤 由莉』組(霞ヶ浦)
DSC_1929_convert_20130822221943.jpg
【第②レースでトップフィニッシュした「橋本・齋藤」組】

昨年、七尾インターハイソロ10位で、関東勢女子としては、久々ソロでのメダルが期待された同チームだったが、惜しくもメダル獲得とはならなかった。トップフィニッシュもあり、決して悪くはなかったが、ポイントは3レース行われた2日目であろう。その日の第④レースで二桁順位となり、そこから流れが変わってしまった。
しかしながら霞ヶ浦女子としては初のインターハイ入賞。伝統校に新たな一ページに刻み込まれたことであろう。


※3年生の意地をみせ5位入賞を果たした『上田 育美・越田 楓』組(宮古商業)
1002877_611860332191962_713132756_n.jpg
【トライアルレース時の「上田・越田」組】

東北大会ではあまり振るわず、ライバル宮古勢にも若干水をあけられていた印象の同チームだったが、3年生の意地をみせ5位入賞を果たした。ポイントはやはり3レース実施された2日目だった。第③・④レースで連続2位フィニッシュが大きかったといえるだろう。
しかし宮古商業勢は宮古勢とは違い、震災後活動を停止し、新入部員も募集停止していたと私は聞いている。この二人はいつ入部したのかは定かでないが、かなり後に入部したと思われる。従って相当な努力を要したことであろう。見事なレースであった。


※実力者『吉田 美奈留・須藤 奏子』組は6位入賞!
DSC_1862_convert_20130822223653.jpg
【1艇での参加ではあったが、実力を証明した入賞となった「吉田・須藤」組】

3月の九州選抜ではオールトップで優勝、九州大会でも準優勝と実力があった同チームだが、序盤戦は出遅れた印象だったが、その後もシングル後半の順位が多く、6位入賞に留まった。


※以上入賞チームの皆さんおめでとうございます。part④では「男女デュエット」の総括となります。

縺九■縺セ繧祇convert_20130619055756




※インターハイヨット動画サイト
http://2013soutai-sagamovie.jp/yacht/


※女子全レースダイジェスト

8/17(土) 天候・快晴  最高気温34℃

【第①レース】 13:42スタート 風向355度 風速5m/sec 上下距離900m

女子のレースは基本的に男子の10分後スタートである。2回目でスタート。第①マークでは、優勝候補の「元津・後」(長崎工業)、「山下・島本」(高松商業)、「田中・内藤」(碧南)の順に回航。地元期待の「中山・池内」(唐津西)も4番手回航と続く。しかし第②マークで、山下艇が逆転しトップに立つ。元津艇は4番手に後退してしまう。しかし2上では元津艇は再逆転、山下艇、田中艇の順に回航するが、2下までに山下艇、田中艇が再々逆転。しかし、3上-最終フィニッシュレグで山下艇が若干もたついている間に、田中艇が逆転、トップフィニッシュとなった。2番手山下艇、3番手元津艇の順に続いた。

※女子は時間切れで第②レースは実施されず、翌日3レース実施となった。

8/18(日) 天候・快晴  最高気温35℃

【第②レース】 12:30スタート 風向15度 風速6m/sec 上下距離1000m

本日、女子が3レース実施ということで、重要なポイントとなった2日目、オールフェアでスタート。左海面が良さそうに見えるものの、右奥ブローも気になる。その右海面に展開した「橋本・齋藤」(霞ヶ浦)がトップ回航、昨日首位の「田中・内藤」(碧南)が2番手回航、「倉永・濱本」「元津・後」の長崎工業勢が3・4番手回航と好調、ところが第②マークでは、橋本艇、田中艇が順調に回航するも、後続は牽制により、大幅に順位が入れ替わる。その後もこの2艇は後続を大きく引き離し、橋本艇、田中艇の順にフィニッシュ。3番手は2上で上がった千葉艇、4番艇は「吉田・須藤」(宇土)の順となる。

※2番手フィニッシュの「田中・内藤」(碧南)は審問で失格。

【第③レース】 14:15スタート 風向20度 風速5m/sec 上下距離1000m

第②レースに引き続き実施されたこのレース、スタート・コース取りもよかった「元津・後」「倉永・濱本」の長崎工業勢が1・2体制で回航、3番手は「大瀧・歌野」(啓明学院)、4番手は「上田・越田」(宮古商業)の順に続く。元津艇はフリーでのスピードが抜群であり、後続を大きく引き離す。そのままトップフィニッシュ。2番手は2上で上がってきた上田艇、3番手倉永艇、4番手も大きく上がってきた「橋本・齋藤」(霞ヶ浦)の順にフィニッシュ。

【第④レース】 15:47スタート 風向20度 風速5m/sec 上下距離800m

前2レースを見ると右海面の展開した艇が有利にみえる2日目、アウトサイドリミット側から出た「山下・島本」(高松商業)がポートタックで全艇の前を切る絶好の展開、従って第①マークはダントツのトップ回航、暫定首位の「元津・後」(長崎工業)、「上田・越田」(宮古商業)の順に回航。
山下艇はマーク毎に後続を大きく引き離し、文句なしのトップフィニッシュ。2番手以降は、4艇の順位が目まぐるしく変わる展開。最終③マークで逆転した上田艇が2番手フィニッシュ、①-②マークで大きく上がってきた「吉田・須藤」(宇土)が3番手となる。元津艇は抜かれたものの5番手フィニッシュ。

※第④レースまでの暫定順位

①元津・後    (長崎工業)  14点
②山下・島本   (高松商業)  22点
③上田・越田   (宮古商業)  24点
④千葉・中島   (宮古)    27点
⑤橋本・齋藤   (霞ヶ浦)   30点

※元津艇以外は二桁順位を叩いており、かなり優勢な状況。

8/19(月) 天候・快晴  最高気温35℃

【第⑤レース】 12:50スタート 風向0度 風速6m/sec 上下距離1000m

風軸が0度と昨日までの傾向をみれば右が有利な状況となりそうなこのレース、昨日まで4位の「千葉・中島」(宮古)がトップ回航、2番手以降は「山下・伊藤」(海津明誠)「橋本・齋藤」(霞ヶ浦)、暫定首位の「元津・後」(長崎工業)と続く。千葉艇はそのままトップを守りきってフィニッシュ、2番手は上がってきた橋本艇、3番手は大きく順位を上げた「伊藤・佐々木」(宮古)4番手は元津艇が続く

【第⑥レース】 14:35スタート 風向5度 風速5m/sec 上下距離1000m

第①マークでは地元「中山・池内」(唐津西)がトップに立つものの、2上では「山下・伊藤」(海津明誠)、「千葉・中島」(宮古)が逆転するも、3上で千葉艇がトップに躍り出る、そのまま連続でのトップフィニッシュ、2番手は上がってきた「山下・島本」(高松商業)、3番手は中山艇の順となった。

暫定首位の「元津・後」は18位と失敗レースとなり、優勝争いは大混戦となる。

※第⑥レースまでの暫定順位

①元津・後    (長崎工業)  18点(18)
②千葉・中島   (宮古)    19点(10)
③山下・島本   (高松商業)  20点(12)
④橋本・齋藤   (霞ヶ浦)   24点(16)

優勝争いも入賞争いも熾烈となった。

8/20(火)  天候・快晴  最高気温36℃

【第⑦レース】 11:01スタート 風向0度 風速4m/sec 上下距離800m

最終決戦となったこのレース、時間的に最初からブラック掲揚され、「失格艇あり」でスタート。

暫定首位の「元津・後」は第①マーク7番手で回航、「山下・島本」(高松商業)「千葉・中島」(宮古)両艇共に大きく遅れる。最終的には元津艇は3番手まで上がり優勝、山下艇も大きく上がったものの5番手、千葉艇はBFDとなり、決着した。





関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/164-ea2b313c