2012-08-21 09:00 | カテゴリ:高校ヨット部探訪記
今回の探訪記はようやく茨城県を抜け出し、千葉県に突入。千葉県の高校ヨット部といえば?現在では誰しも「磯辺」と答えるだろう。創部38年目の『千葉県立磯辺高等学校ヨット部』を紹介しましょう。
DSC_0161_convert_20120821090755.jpg

①歴史

磯辺高校ヨット部の歴史は学校の歴史そのものである。1978年(昭和53年)に高校開校と同時に発足。2年後の栃木国体が稲毛ヨットハーバーで開催決定したのもきっかけだったといえるだろう。

それまでの千葉県勢といえば、安房水産高校(現・館山総合高校)や勝浦高校(現・勝浦若潮高校)が強かった。初代監督・国府田 由隆教諭(現・明海大監督)の厳しい練習の下、わずか3年目の関東大会で『全種目制覇』の快挙を成し遂げる。続く同年の高松インターハイでは女子FJ級で3位入賞、あっという間に強豪校の仲間入りを果たす。その後の成績は以下の通りである。

1981(江の島) 女子スナイプ級準優勝
1983(蒲郡)  男子スナイプ級3位・女子FJ級優勝
1984(本荘)  女子スナイプ級準優勝
1985(穴水)  男子スナイプ級優勝
1986(光)   男子FJ級3位
1987(江差)  女子スナイプ級準優勝
1988(芦屋)  女子FJ級準優勝
1990(七ヶ浜) 男子スナイプ級準優勝
1991(三ヶ日) 女子スナイプ級準優勝・女子FJ級優勝
2008(若洲)  女子デュエット3位
2010(与那原) 女子デュエット3位
2013(唐津)  男子FJ級ソロ準優勝
2016(和歌山) 女子420級準優勝・FJ級3位

※優勝3回・準優勝6回と輝かしい成績ながらも、やはりFJ一本化(1993~)となってから急に風向きが変わっている。近年は苦戦傾向ではあったが、メダル獲得も復活しており、以前の勢いに戻りつつある。

一方インターハイに比べ、国体には滅法強く、11回の優勝と抜群の実績を残している。

②監督・コーチ

・柳田 章宏(同校卒-二松学舎大出身)
073.jpg
【岸壁で選手たちを見守る柳田教諭(左)】

ヨット部OBでもある柳田教諭は、2014年度より他校から人事異動により同校へ赴任。間違いなくしばらくの間は同校ヨット部を牽引していく重要な人物となるだろう。

・石井 暢 (同校卒-千葉工業大出身)
DSC_1956.jpg
【レース運営準備中の石井教諭、若さあふれるパワーが武器か?】

柳田教諭同様、ヨット部OBでもある石井教諭は新任として2014年度より同校へ赴任した。先輩でもある柳田教諭と協力し合い、同校ヨット部をますます発展させていくことだろう。

※正式なコーチは存在しないが、多数のOBが週末にかけつけている。

③主な卒業生

・神作 聡 (日大OB・1986小戸全日本インカレスナイプ団体4連覇の立役者・1988唐津全日本スナイプ優勝)

磯辺と言ったらまずはこの人。自由奔放な性格ながら、レースは繊細。現在でもたまにスナイプでレースにも出場している。

・阿部 龍介 (日大OB・1987蒲郡全日本スナイプ優勝)

同高男子で国体初優勝は同氏であり、日大4年時に全日本スナイプで圧倒的なセーリングでDNC優勝。スナイプ日大時代の象徴的ともいえる名選手。現在も愛知でスナイプに乗る傍ら、指導者としても活躍している。

・関根 恒久 (中央大OB・1985穴水インターハイスナイプ優勝・1992山形国体成年男子スナイプ優勝)

磯辺の唯一のインターハイ男子優勝者であり、国体も併せ二冠を達成している。大学でも活躍し、山形国体でも優勝している。レース時、安定して上位にいる印象だった。一言でいえば、『センスのあるセーラー』なのでしょう。現在は中央大でコーチを務めている。

・高木 克也 (日大OB・1993蒲郡全日本インカレ470級団体優勝・1993稲毛FJワールド総合優勝)

磯辺でFJセーラーといったらやはりこの人。Jr出身で磯辺に入学したのはおそらく彼が初めてだっただろう。高校時の国体優勝をはじめ、470全日本も優勝するなど、数々のタイトルを獲得している名選手である。現在は忙しいプロコーチとして全国を駆け回っている。

④練習場所

※稲毛ヨットハーバー(学校から徒歩3分)
DSC_1894_20150630174857064.jpg
練習場所は、学校の目の前がヨットハーバーと絶好のロケーション。艇はハーバーに置いているのではなく、学校から毎回運んで行く。

⑤その他論評

・ハーバーに近いこともあるのだろうが、部員は集まりやすい環境ではある。(特に女子の数は全国有数の多さであろう)
・FJ一本化となってからは、男女共にソロでのメダル獲得は1回もなくなってしまったのだが、これにはいくつかの要因があり、試行錯誤の日々が続いたが、2013唐津インターハイでは、男子ソロで23年ぶりにメダルを獲得とうれしい話題となった。
・公立高校なのでJrセーラーなどを集めることができない(これは仕方ないこと)
・ハーバーの営業時間が午後5時までと登校時はあまり練習ができない(海面調整の問題もあるようである)

※しかし部員も集まりやすく、OB会の結束も非常に強い。最近では男子でのメダルや入賞も復活している。今後も監督・OBが結束して千葉県のリーダー校としてさらなる活躍を期待する次第である。

599865_266430320139662_197683441_n.jpg


※注:2016年度用に若干編集させて頂きました(Ver.3.2)


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/19-86aabb9a