2013-11-19 18:00 | カテゴリ:470
先日の琵琶湖全日本スナイプでは、「出道 耕輔・柳林 俊」ペア(豊田自動織機・同志社大)が2回目の全日本制覇を達成し閉幕したが、今週は要注目の『全日本470』が、福岡市立ヨットハーバーで開催される。2020年東京五輪でも470級が継続となったことから、主導権争いが活発となることだろう。
そんなところに「外道無量院」氏から展望が届きましたのでご覧頂くと致しましょう。

imageCALCWFR2_convert_20131119174113.jpg
【今回の全日本470は「メダルレース」が実施され、五輪さながらの大会となる】
------------------------------------------------------------------------------------

「玉石混交」ながら、全国から76艇ものエントリーを集めて全日本470(男女)が福岡・小戸で11月20日に開幕する。

昨年、ようやくこのタイトルを獲得した松永/吉田組(スリーボンド)の連覇なるか?
女子では、吉迫引退の後、吉田愛/吉岡組に対抗出来る新勢力の登場なるか?

が「2大焦点」だろう。

松永組の強敵は、土居/今村組(アビーム)だ。北京五輪代表で昨年の覇者を倒し、久々の学生チャンプ(クルーは違うし、所属も既にアビームでそう言えるのかも疑問の環境ではあるが)誕生となるか?

残る優勝争いの可能性としては、国体の覇者・飯束/八山組(SPN)、一昨年まで2連覇した市野/高瀬組(和歌山県連/日経大)あたりまでで、関/轟組(トヨタ自動車東日本)というアテネ五輪銅メダリスト組が復活して出てくるが、これは「客寄せパンダ」だろう。

学生チャンピオンの西尾/俣江組(関西学院大)、同等の力を持つと思われる中村/清原組(日本大)などの学生勢、かつてこの場所で学生チャンピオンとなった河合/小川組(三井住友海上)、同じく遡ればかつての学生チャンプ・宮川/内野組(シェスタ)などは何処まで前述の五輪キャンペーン組に肉薄出来るか?

女子では、吉田/吉岡組に続く勢力の台頭が待たれるのだが、出て欲しかった宮川/栗栖組(国体SS級チャンプ・和歌山県連)や山口祥/谷口柚組(早稲田大)が出てこないのが何とも残念!

松下/中川組(ベネッセ/関西学院大)、豊田/原組(同志社大)、そして全日本インカレで活躍した明海大勢の又村組と林/木村組あたりに期待なのだろうが、戦前の予想では吉田/吉岡組との力の差は歴然としているように感ずるのは私のみではあるまい。

あっと驚くような新星の誕生はあるか!?

◎・・・・・松永/吉田組
〇・・・・・土居/今村組
▲・・・・・飯束/八山組
△・・・・・市野/高瀬組
△・・・・・宮川/内野組
△・・・・・吉田/吉岡組(女子ペア)
△・・・・・河合/小川組
注・・・・・学生のトップクラス
注・・・・・関/轟組

簡単だが、以上。


合掌


外道無量院

※全日本470特設サイト


※女性ペア『吉田 愛・吉岡 美帆』が大快挙となる2回目の全日本制覇!!

image.png
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/199-2249f482