2013-12-26 17:00 | カテゴリ:コラム
2013年も残りわずかとなったが、今年も高校生・大学生の大会を中心にレポートしてまいりましたが、どの大会も激戦であり、見応えのあるレースばかりであった。そんなところに今年一番のニュースが飛び込んできた。そう、

『2020年夏季オリンピックが東京に決定』したことである。

今年の年頭にも少し述べさせて頂いたが、日本セーリング界にとっても様々な問題を解決できる絶好のチャンスとなったのである。しかし問題は山積みである。だが、ユース世代の種目に「420級」を推進し主導するなど新たな動きをみせているように、オリンピックへ向けて様々な案件が議論され、良い方向に向かうことを期待しよう。
DSC_1831_convert_20131226090756.jpg
【2020東京五輪セーリング競技会場建設予定地(若洲海浜公園)どのような施設ができるのか今から楽しみである。】

当ブログも徐々に認知されてきたのか、大会会場でも多くの方々に声を掛けて頂けた事がとても嬉しい限りであった。しかも分不相応ながら、唐津インターハイ・東京国体で海上レポーターとして参加させて頂き、私自身もまったく予想しなかったことに戸惑いもあったが、このような経験をさせて頂けたことを、関係者各位に御礼を申し上げる次第である。

b7c2989acaabc3f60065ad8884267dc47b4c45db_convert_20131226112709.jpg
【東京国体少年男子SS級優勝の「小泉 維吹・有岡 翼」ペア(山口・光高)。この難しい海面でパーフェクトと圧倒!】

レースシーンで一番印象に残ったのは、東京国体少年男子SS級で圧勝した「小泉 維吹」君(光高)の走りには魅せられた。このまま順調に成長すれば将来のオリンピック選手候補となるだろうと思われる逸材であり、このような優秀な人材をどのように育てていくのか?が大きな課題だろう。既成路線にこだわらず、JSAFが中心となって新たな施策で育てて頂きたいものである。

螻ア蜿」・胆convert_20130409123603
【男子顔負けのセーリングをみせた「山口 祥世・谷口 柚香」コンビ(早稲田大)】

大学生では、やはり「山口 祥世・谷口 柚香」コンビ(早稲田大)だろう。関東での活躍もさることながら、全日本インカレでも女性コンビで2回もトップフィニッシュを飾るなど圧巻であった。記憶に残るチームになったのは間違いない。
しかし卒業後はヨットをやめるとのことであり非常に残念である。しかし、仮にヨットを続けようにも実業団にでも入らない限り不可能なケースが多いのが現状である。今後このような問題も解決していかなければならない重要な案件だろう。特に女子は人材不足なのは明らかなのだから・・・


最後に今後も時間があればブログを継続していくつもりですが、来年も選手の皆さんが各大会で活躍されることを願い、簡単ではありますが、締めの挨拶とさせていただきます。

今年も当ブログを読んで頂き、誠にありがとうございました!皆さま、よいお年をお迎え下さい。


以上


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/202-578575a5