2014-06-24 00:30 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
江の島インターハイへの出場権をかけた全国9水域の予選が終了し、全出場校が決定したのは、先日お知らせした通りである。今年も全国から寄せられた成績表・レポートを基に考察することに致しましょう。
DSC_1979_convert_20140624000536.jpg
【昨年・唐津インターハイ・熱戦の様子】


①【北海道水域】 ※(通過数 男子2・女子1)

(男子)               (女子)
小樽海上技術(北海道)(1) ②     小樽水産  (北海道)(1) ①
函館水産  (北海道)(1) ①

(デュエット優勝)
男子 函館水産   女子 小樽水産

毎年江差港沖で開催される「北海道大会」。④レース実施により3校がインターハイ出場を決めた。今年は女子チームが2艇エントリーされ、同地区から4年ぶりの女子インターハイ出場となったことは喜ばしい限りである。年末に開催されたクリスマスカップでも遠征し、その経験を生かせるか?


②【東北水域】  (※通過数 男子9・女子6 )

(男子)               (女子)
青森工業  (青森) (2) ⑦・⑨   大湊    (青森) (1) ⑥
大湊    (青森) (1) ⑧     宮古    (岩手) (2) ①・②
宮古    (岩手) (3) ①・②・③ 宮古商業  (岩手) (2) ③・④
宮古商業  (岩手) (2) ④・⑤   塩釜    (宮城) (1) ⑤
仙台第二  (宮城) (1) ⑥

(デュエット優勝)
男子  宮古    女子  宮古

秋田・本荘マリーナで開催された「東北大会」だったが、初日・2日目は悪天候によりレース成立も危ぶまれる事態となったが、最終日にショートコースの②レースが実施され決着した。

※『宮古』が全種目完全制覇!
P6151842-2_convert_20140623213322.jpg
【女子ソロで優勝した「川戸 望里/大川 七海」ペア(宮古)本番までにもさらにレベルアップをしてくることだろう】

【男子】

男子では、昨年優勝の「金澤/福士」が順当に2連覇達成、さらには「菅原鷹/湊」・「岡部/菅原拓」もぞれぞれ2位・3位と見事な完全優勝を決めた。
また同水域の宮古商業も「金田一/木下」・「芳賀/佐々木」4位・5位と続き、今年も岩手勢が圧倒した。
両校の拠点でもある「リアスハーバー宮古」がようやく復旧し、5月末に再オープンしたのは明るい話題である。
今後、インターハイへ向け、ますます練習にも気合いが入ることであろう、本番でも期待したい。

昨年2年生ながら2艇通過した「青森工業」だが、「熊谷/小山内」が7位、「小田切/我満」が9位と今年も2艇のインターハイ進出を決めた。また「大湊」も「小島/富江」が8位通過と青森勢は3艇の通過となった。

昨年はギリギリの次点となってしまった「仙台第二」だったが、「山田/秋山」が6位と昨年の雪辱を晴らし、見事通過した。

【女子】

昨年のインターハイでは、宮古・宮古商業が涙のデュエット優勝・準優勝と我々も感動したわけだが、今年もその勢いは変わらない。
宮古は昨年2年生だった3番艇「長谷川/大川」を分けた結果、「川戸/大川」が優勝、「長谷川/小笠原」が準優勝とソロ1・2の完全優勝に輝いた。

一方、宮古商業は昨年、デュエット準優勝に貢献した「妙川/後川」が4位、「鳥居郁/鳥居雪」が3位と宮古勢には敗れはしたものの、今年も2艇インターハイ進出を決めた。特に妙川艇は昨年も要所要所で目立つ動きをしていたなど、今年も昨年以上の活躍に期待がかかる。鳥居ペアも県大会では優勝しており、デュエット上位候補であることは間違いない。
岩手勢は、今年もデュエット上位候補となりえる布陣であり、要注目であろう。

また塩釜が5位、大湊が6位と1艇ずつの進出となった。


③【関東水域】 (※通過数 男子10・女子5)

(男子)               (女子)
磯辺    (千葉) (3) ②・⑦・⑧ 霞ヶ浦   (茨城) (2) ①・②
慶應義塾  (神奈川)(3) ①・④・⑥ 磯辺    (千葉) (1) ③
逗子開成  (神奈川)(3) ③・⑤・⑩ 大島海洋国際(東京) (1) ④
吉田    (山梨) (1) ⑨     吉田    (山梨) (1) ⑤

(デュエット優勝)
男子 慶應義塾   女子 霞ヶ浦

山梨県・山中湖ヨットハーバーで開催された「関東大会」は、大雨であったが⑤レース成立。ほぼ実力のあるチームがインターハイ進出を決めた。特に本番では、地元地区開催とあって神奈川勢を始め活躍が期待される。

【男子】

※3校・3艇ずつのインターハイ進出
DSC_1974_convert_20140623234528.jpg
【男子ソロ優勝の「村瀬 志綱/松世 拓也」(慶應義塾)】

昨年デュエット優勝、またインターハイデュエットでも6位入賞した「慶應義塾」。今年は「村瀬/松世」のソロ優勝をはじめ、「柳内・高宮/石和」が4位、「野田/小泉」が6位とデュエット連覇を勝ち取る。
地元開催とあって今年はメダル獲得に意欲を燃やす。目標を達成できるか?

昨年、男子では23年ぶりのインターハイメダルを獲得した「磯辺」。「植木/岩井」の準優勝をはじめ、「久保田/川島」が7位、「佐藤/玉井」が8位と見事初の3艇通過を果たした。レース内容は抜群であったことから、本番でも期待できる布陣である。

近年、関東勢のリーダーなのは「逗子開成」と言っても過言でない。「入江/長塚」が3位、「土橋/宮脇」が5位、「中/齊藤」が10位と4年連続の3艇通過を果たした。入江艇は上位で戦える実力はあるものの、現時点では2・3番艇の安定性が課題か?

地元開催を味方につけ、吉田の「梶原/福岡」が9位で男子としては7年ぶりのインターハイ出場となった。

【女子】
DSC_2005_convert_20140623234923.jpg
【1年生でどこまで活躍できるのか?「宇田川 真乃/齋藤 由莉」(霞ヶ浦)】

今年、ジュニア出身の2名が入学した「霞ヶ浦」は、「宇田川/齋藤」が優勝、「仲/高仲」が準優勝の完全優勝を飾る。1年生ながら期待がかかる2チームだが、本番でもどこまで上位進出できるか楽しみである。

昨年、東京国体で準優勝した「北林/宮野」は失格の影響もあり、3位に終わったものの、走りでは圧倒していた。彼女たちの目標は「ソロ優勝」しかないだろう。北林の母・恵子さん、宮野の母・美恵子さん両者共にインターハイチャンピオンである、いわばサラブレッド。是非親子2代制覇を目指して頂きたいと思う。

尚、大島海洋・吉田がそれぞれ4・5位でインターハイ進出を決めた。


※次は中日本編です。


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/227-38ddbb58