-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-10 12:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
※【女子ソロ競技総括】

大会前の展望では、昨年のインターハイチャンピオンと国体チャンピオンの対決に加え、優勝を狙えるチームが多く、まさに大激戦となりそうな女子であった。果たしてどうだったのか?男子同様振り返ってみるとしよう。
884234_d18debdb06094173bf468648fa877a64_jpg_srz_732_412_75_22_0_5_1.jpg
【女子41艇のスタートシーン・予想通り大激戦であった!(この記事の写真も特設サイトより)】


8/5(火)

女子はこの日②レース消化。女子にしてみれば限界か?ともいえるスーパーハードコンディションの中、「長谷川 碧/大川 七海」(宮古)が1・2、「伊藤 有希/伊藤 愛梨」(海津明誠)が2・1と同点首位に立つ。
海外遠征帰りの「田中 美紗樹/高野 芹奈」(関西大第一)3・4の7点で3位の好位置につける。
一方、連覇を狙う「元津 志緒/濱本 郁」(長崎工業)は、11・6の17点、7位スタートと早くも連覇へ向けて黄色信号が灯り、国体チャンピオンの「中山 由紀美/姫野 紗采」(唐津西)も、2レース連続10番台後半に加え、申告ミスもあったなど早くも優勝戦線から脱落となってしまう意外な展開となった初日であった。

※初日②レースまでの暫定

①長谷川/大川  (宮古)      3点(1・2)
②伊藤/伊藤   (海津明誠)    3点(2・1)
③田中/高野   (関西大第一)   7点(3・4)
④藤井/内冨   (光)       8点(5・3)
⑤北林/宮野   (磯辺)     12点(4・8)
⑥赤嶺/三重野  (別府青山)   12点(7・5)

8/6(水)

男子が午前中に①レース実施されたものの、女子はすべてキャンセルとなってしまう。

8/7(木)

既に男子は④レース消化してはいるものの、女子は②レースだったため、午前②レース、午後①レース計③レース実施された。
初日首位スタートの「長谷川/大川」はこの日も好調、1・4・3にまとめ首位をキープ。ところが「伊藤/伊藤」は第③・④レースで二度の二桁順位となってしまい、優勝戦線からは脱落。代わって初日3位の「田中/高野」が2・1・2と猛追し、首位まで一点差の2位まで上がってくる。3位は「藤井 渚/内冨 佳恵」(光)が堅実の走りで3位となるものの、優勝となると苦しい状況。さらには⑤レース成立したことでカットが発生し、4位には3チームが並ぶ大接戦となる。

※3日目第⑤レースまでの暫定

①長谷川/大川   (宮古)     7点(1・2・1・(4)・3)
②田中/高野    (関西大第一)  8点(3・(4)・2・1・2)
③藤井/内冨    (光)     17点(5・3・5・(8)・4)
④伊藤/伊藤    (海津明誠)  18点(2・1・10・(11)・5)
⑤赤嶺/三重野   (別府青山)  18点(7・5・(32)・5・1)
⑥宇田川/齋藤   (霞ヶ浦)   18点(6・(DSQ)・3・3・6)

※カット点数状況により、長谷川と田中の優勝争いが確定。また4チームがメダルを懸けて最終日を迎えることになった。

8/8(金)

※最終第⑥レースダイジェスト

10:50スタート 風向170° 風速3m/sec 上下距離1300m

男子のレース時刻が決まった時点で、残りは①レースとなった最終第⑥レース。優勝争いの2チームは、「長谷川/大川」が「田中/高野」を徹底マーク。しかし長谷川艇はスタート1分前にケースを起こし、ペナルティーを履行した為に出遅れてしまう。田中艇はまずまずのスタート。
①マークでは「吉田 佳織/高橋 彩」(塩釜)、「小田 恵巳/田岡 みなみ」(高松商業)、「田中/高野」の順で回航。「長谷川/大川」は苦しい展開で、早くもカットレースとなりそうな情勢。またメダル争いの行方は「藤井/内冨」が4番手回航、「宇田川/齋藤」が6番手回航と藤井艇が有利な展開となる。
田中艇は優勝するためには2位以内が条件となる中、2上では一気に藤井艇がトップに立ち、田中艇はなかなか2番手に上がることができない。藤井はトップフィニッシュで文句なしのメダル獲得、田中は3番手フィニッシュとなり長谷川と同点となる。従ってタイを解き、2回のトップを獲っていた「長谷川/大川」が優勝となる。

※以上が「レース推移」であったが、入賞チームの顔ぶれを紹介するとしよう。



※価値ある優勝!「長谷川 碧/大川 七海」ペア(宮古)
884234_922eae3023b04fbf8a89ad382b604d14_jpg_srz_863_485_85_22_0_50_1_20_0.jpg

昨年の唐津インターハイでは3番艇として出場し、デュエット優勝を経験した「長谷川/大川」ペア。勝因はほとんどのレースにおいてスタートが抜群に良かったのが印象に残った。両者共に決して体格が良い訳ではなかったが、強風での走りも抜群であった。やはり男子同様、厳しい練習を積んだ成果なのだろう。
とはいうものの、今年はレベルが高いチームが多かった中、まさに価値ある勝利と云えることだろう。

「優勝おめでとう!」


※ユース日本代表がついにメダルを獲得!「田中 美紗樹/高野 芹奈」ペア(関西大第一)
884234_a5e433ebd2904f48a4b0ba8b6bbcd7a1_jpg_srz_863_485_85_22_0_50_1_20_0.jpg

今年のユースワールド・アジア大会日本代表の「田中/高野」ペアが強行日程ながらも同点の準優勝となった。
昨年は雑な動きが目立ち、結果は出せなかったが、今年は大きく成長。特にクルー高野の大きくレベルアップしたのが印象に残った。体格もトレーニングを積んでいるのがはっきり判る体つきで、強風時のボートスピードも抜群であった。
ただ、勝負の分かれ目はやはり第⑤レースだっただろう。ダントツトップの状況でスピンを張り、あえなく沈してしまったのがもったいなかった。しかし個人的にはこのような姿勢は大好きだ。
しかし彼女達はまだ2年生。来年は420級女子初代チャンピオンを狙ってくることだろう。まさに今後も要注目のチームである。


※見事なレース運びでメダル獲得!「藤井 渚/内冨 佳恵」ペア(光)
884234_f0651f0a55ef4797b43ccefeb41c5608_jpg_srz_560_315_85_22_0_50_1_20_0.jpg

昨年のインターハイも出場し全く通用しなかったものの、東京国体では7位入賞と大きく成長。その後も唐津JOCで女子トップになるなど着々と力をつけた「藤井/内冨」ペア。強風時でも手堅く5番以内を常にキープ。軽風となった最終レースではついにトップフィニッシュを飾り、文句なしのメダル獲得となった。
やはり最終レースの走りはプレッシャーがかかる中、トップフィニッシュしたのだから精神的にも強いのだろう。長崎国体も上位戦線に顔を出すことは間違いないだろう。


※ルーキー「宇田川 真乃/齋藤 由莉」(霞ヶ浦)は惜しくも4位入賞!
884234_edf012ba59b24ea0a54eedf6e27079b0_jpg_srz_863_485_85_22_0_50_1_20_0.jpg

今回、強豪チームが多かった中、OPワールド経験者のルーキー宇田川真乃がどこまで通用するのか?に注目だったが、メダルは逃したものの、レベルが高いことを十分にアピールしたと云えるであろう。
特にあの強風時に積極的にスピンを上げていたのが印象的であり、沈もせず走りきったのが評価できるのはないだろうか?
まだまだ荒削りな部分はあるものの、来年へ向けどこまで成長できるのか?が楽しみであり、是非来年は優勝を目指して精進してもらいたいものである。


※前半戦活躍した「伊藤 有希/伊藤 愛梨」ペア(海津明誠)が5位入賞!
884234_0f7dc1acca3e439ea0aef75b5fd82dfe_jpg_srz_640_360_85_22_0_50_1_20_0.jpg

初日②レースで首位に立ったものの、③レース実施された3日目で急に流れが変わってしまい5位入賞に留まった「伊藤/伊藤」ペア。しかしながら第②レースではスピンを張り、果敢に攻め逆転したのは素晴らしかった。今度の長崎国体でも昨年入賞したSS級でも活躍してくれるのはほぼ間違いないだろう。


※オールシングルで6位入賞!「北林 妙恵子/宮野 菜々」ペア(磯辺)
884234_87c4ab0227a6455bb6a6183016d1dc9a_jpg_srz_863_485_85_22_0_50_1_20_0.jpg

昨年の国体準優勝コンビ「北林/宮野」ペア。オールシングルだったものの、トップ目に絡むことが少なかったのはやはりスタートが問題だったか?以前にもご紹介したが、2人のそれぞれの母はインターハイチャンピオン。夢の親子制覇はならなかったが、昨年準優勝した国体で是非優勝を目指してもらいたいものである。


※男女デュエットへ続く



※【女子最終成績表】
IMG_0001_convert_20140814100707.jpg


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/240-25ec3719
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。