-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-11 18:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
※【女子デュエット総括】

男子に引き続き、女子デュエットの総括とまいります。優勝を狙えるのは10校であったことから、そこを中心に振り返っていくとしよう。
884234_7cd2a94a92c140b39f5527e0d4fe7ab9_jpg_srz_863_485_85_22_0_50_1_20_0.jpg
【2番艇の安定が勝因だった別府青山。※写真は足立茉莉花/丸山南美艇】



※女子デュエットレース推移

8/5(火)

この日は平均10m/secの強風の中、レースが始まった。女子も男子同様②レース実施。

初日首位に立ったのはデュエット連覇を狙う「宮古」(岩手)であった。「長谷川/大川」が1・2とほぼ完璧なレース、また2番艇の「川戸/小笠原」も16・14の30点と続く。
暫定2位には、3艇出場している「別府青山」(大分)が続く。「赤嶺/三重野」が7・5の12点で好発進。2番艇の「足立/丸山」が14・17の31点とまずまずの滑り出し。
暫定3位には「海津明誠」が続く。「伊藤有希/伊藤愛梨」ペアが同点の首位発進と好調。2番艇の「山下/末谷」は21・24とやや風域オーバーなのか?

※初日第②レースまでの暫定

①宮古(岩手)        33点
②別府青山(大分)      43点
③海津明誠(岐阜)      48点
④羽咋工業(石川)      60点
⑤光(山口)         66点
⑥碧南(愛知)        68点

※早くも2番艇が順位を大きく左右する展開となりつつある状況であった。

8/6(水)

前日よりさらに風速が上がり女子のレースは全てキャンセルされた。

8/7(木)

女子は②レースしか実施されていない影響で、この日は③レース実施。相変わらずの強風域であったことから、体力も要求されるのも重要なポイントだった。

初日暫定2位の「別府青山」は、「赤嶺/三重野」が第③レースで沈してしまい失敗レースになったものの、トップフィニッシュがあったなど堅実。また「足立/丸山」も2番艇の役割をきっちり果たし、逆転首位に立つ。

初日首位の「宮古」はソロ暫定1位の「長谷川/大川」の快走が続くものの、「川戸/小笠原」がこの日全て20番手前後と首位を明け渡してしまう。

カット後一気に3位へ上がってきたのは、ルーキースキッパー2艇の「霞ヶ浦」(茨城)だった。「宇田川/齋藤」は初日の失格をカットでき復活。ただ、2番艇「仲/高仲」が完全な風域オーバーで優勝となると苦しい状況か?

※3日日第⑤レースまでの暫定

①別府青山(大分)      61点
②宮古(岩手)        74点
③霞ヶ浦(茨城)       88点
④羽咋工業(石川)     106点
⑤海津明誠(岐阜)     116点
⑥光(山口)        121点

※2番艇が上がってきた別府青山が優勝へ向けてかなりの優勢となる。

8/8(金)

※最終第⑥レースダイジェスト

10:50スタート  風向170° 風速3m/sec 上下距離1300m

時間的にこのレースが最終となったこのレース。焦点は各校2番艇の動向であった。首位の「別府青山」は、3艇10番手前後で全て通過していく、圧倒的に優勢な状況。
一方逆転を狙う「宮古」はソロ首位の「長谷川/大川」が今シリーズ初めて10番手以降のレースとなり、これがカットとなる公算が高い状況となる。しかし2番艇も同じような順位、逆転は苦しい状況となった。

3位の「霞ヶ浦」も「宇田川/齋藤」が5番手前後と堅実なものの、2番艇が大きく遅れる。逆転はほぼ不可能になった。

4位の「羽咋工業」も2艇共に中盤以降となってしまい、メダルどころか海津にまで逆転されてしまう。

大きく変動することなくフィニッシュとなり「別府青山」のデュエット優勝が確定した。

※続いて入賞校を紹介するとしよう。



※この学校名では最後となるインターハイで優勝した『別府青山』(大分)
DSC_0133_convert_20140811144714.jpg
【5年ぶり2回目の優勝の別府青山の3艇のメンバー、笑顔が素敵ですね】

昨年の唐津大会では2年生中心のメンバーで6位入賞を果たした「別府青山」だったが、今年は「足立 茉莉花」・「小泉 志織」に加え、2年生スキッパー「赤嶺 華歩」とまさに優勝候補だった。
3艇共にソロ入賞はなかったものの、「赤嶺/三重野」が7位、「足立/丸山」が10位、「小泉/小松」が17位と平均的なチームであった。5年前に優勝した時は、後に大学でも活躍することになる「豊田華世」「後藤沙織」のスター軍団だったが、今回はあの時とは全く逆の勝ち方だったのだ。
勝因は赤嶺艇の活躍はもちろん、足立艇が2番艇の役割をしっかり果たしたことではないだろうか?

尚、同校は来年度より統合され、学校名が変わる。もちろんヨット部は継続されるが、別府青山でのインターハイは最後だったのだ。その大会で優勝できたことは、感慨深いものがあるのではないだろうか?また、表彰台での監督・コーチへの感謝の言葉は、まさに感動的であった。

「優勝おめでとう!」



※連覇はならなかったが見事な準優勝!『宮古』(岩手)
884234_f36d0464341647b9896cc7735d2df93e_jpg_srz_707_398_75_22_0_5_1.jpg
【強風下で十分健闘した「川戸 望里/小笠原 彩乃」ペア】

昨年の唐津大会では涙のデュエット優勝を飾った「宮古」だったが、連覇はならなかったものの、準優勝となった。ソロ優勝となった「長谷川/大川」のアドバンテージは大きかった。2番艇「川戸/小笠原」は奮闘したものの、この位置となった。ただ川戸は昨年の秋からスキッパーを始めたとのことである。クルーの小笠原は1年生で、時間がない中でここまで成長したのは立派である。
昨年に続いてのメダル獲得は見事である。今年は本当の意味での完全復活といっても良いのではないのだろうか?

今回、宮古勢は3種目でメダル獲得と大活躍であった。2016年には岩手国体が開催される、ますます良いセーラーを輩出してくるのではないだろうか?



※女子初のメダル獲得!『霞ヶ浦』(茨城)
DSC_0207_convert_20140811145802.jpg
【デュエット最初で最後のメダル獲得!「霞ヶ浦」】

昨年のOPワールド出場の「宇田川 真乃」と全国中学選手権で優勝した「仲 美南」が入学した「霞ヶ浦」は、「宇田川/齋藤」がソロ4位と健闘、「仲/高仲」が21位で見事ルーキースキッパー2艇でのメダル獲得となった。ソロではメダルを獲得した1年生は存在したが、デュエットではおそらく史上初の快挙だろう。
宇田川・仲両者共に神奈川県出身であり、インターハイに出場したいとの思いから同校を選択。入学前も週末には霞ヶ浦へ行き、さらには入学後も、ほぼ休みなく練習した成果がでたのだろう。だとしてもこの短期間でここまでの成績を残したのは立派である。凄いとしか言いようがない。
来年は420・FJダブル優勝を狙ってくることだろう。精進すれば十分可能だし、是非達成してもらいたいものである。



※優勝候補の一角『海津明誠』(岐阜)は4位に敗れる
DSC_0060_convert_20140811150130.jpg
【積極的なレースを見せたが・・・?4位入賞の「海津明誠」】

昨年は今年と同じメンバーで5位入賞だった「海津明誠」。今年は実績的に見ても優勝候補筆頭であったのだが、伊藤ペアはソロ5位の活躍だったものの、昨年ソロ9位の「山下/末谷」が振るわない結果となった。山下艇は風域オーバーだったのか?うねりの影響だったのか、いずれにしても力を出し切れなかったのが残念であった。
いつも思うことなのだが、平日練習している周囲1kmのこぎろ池で練習している同校は、基本動作練習しかできないのではないだろうか?そのような中で好成績を残してきたのだから本当に凄い。
メダルには届かなかったが、胸を張って頂きたいと思う。



※攻めの姿勢を貫いた『羽咋工業』(石川)が5位入賞!
矢田
【メダルを取るために死力を尽くした「羽咋工業」 写真は「矢田/吉田」ペア】

昨年も2年生スキッパー中心で挑んだものの、7位と入賞を逃してしまった「羽咋工業」だったが、今年は「鍋岡/佐藤」が13位、「矢田/吉田」が14位で5位入賞の結果となった。
今回両艇共に、他チームがスピンを上げない中、積極的に上げ、なんとしてもメダルは取りたいという執念は凄まじかった。実際、中盤戦はそのような姿勢で順位を上げ、メダル圏内にいたのだから評価に値するだろう。
この積極的な精神を後輩達に受け継いで欲しいと思うのである。



※『光』(山口)は6位入賞!
DSC_0071_convert_20140811150519.jpg
【藤井/内冨ペアの活躍で6位入賞の「光」】

昨年は3艇出場したものの、全く振るわなかった「光」だったが、「藤井/内冨」が着々と力をつけ見事3位とメダル獲得し、そのアドバンテージが大きく、6位入賞を果たした。2番艇の「中村/森戸」は完全に風域オーバーで、この海面に馴染めなかったか?しかし中村艇はまだ2年生、勝負はこれからだろう。

今大会、光勢は全種目で入賞を果たしたことになる、見事であった。


※以上が入賞校の顔ぶれであった。やはり女子では2番艇の成績が大きく左右する結果となったのではないだろうか?


※最終総括へ続く



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/242-77cea218
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。