2014-09-23 23:00 | カテゴリ:インカレ
全日本戦線第二弾、華やかな女子学生の祭典である、日建・レンタコムカップ『第23回全日本学生女子ヨット選手権大会』は、葉山港を舞台に開催され、軽風域ながら予定の全⑧レースを消化し、閉幕した。
470クラス優勝は「松浦朋美/関友里恵」ペア(関西学院大)が逆転優勝、スナイプクラス優勝は「持田由美子/上田育美」(日本大)が、大会史上5人目の連覇達成(スナイプ級では2人目)。
総合優勝は、スナイプ級でも安定していた『関西学院大』が2年ぶり4回目の栄冠に輝いた。
Z0921077_convert_20140923194147.jpg
【初日は陸風、風速の強弱もある微妙に難しいコンディション、スコアの安定性も求められた】



※【470級最終成績】 29艇エントリー
DSC_0290_convert_20140923221827.jpg
【混戦の470級を制した関西学院大の「松浦朋美(右)/関友里恵」ペア】

①松浦 朋美/関 友里恵  (関西学院大)41点(17・2・3・2・7・8・3・1)
※関西学院大は3年ぶり2回目の470級クラス優勝!
②長堀 友香/武井 裕子  (慶應義塾大)43点(6・12・6・8・2・2・4・3)
③山本 佑莉/畑山 絵里  (日本経済大)45点(2・1・4・4・4・5・11・14)
④又村 優 /澤田 しおり (明海大)  56点(5・7・7・5・20・7・1・4)
⑤平野 若菜/金咲 和歌子 (同志社大) 60点(1・11・11・17・5・3・10・2)
⑥林 優季 /木村 沙耶佳 (明海大)  61点(12・8・8・6・6・4・8・11)



※【スナイプ級最終成績】26艇エントリー
DSC_0078_convert_20140923221006.jpg
【スナイプ級大会史上2人目の連覇を達成!日本大の「持田由美子/上田育美」ペア】

①持田 由美子/上田 育美 (日本大)  27点(4・5・3・2・7・2・2・2)
※日本大学は2年連続6回目のスナイプ級クラス優勝!
②花島 瑞紀/浅田 静香  (関西大)  33点(2・9・2・4・6・1・1・8)
③平野 真未/仲山 景   (鹿屋体育大)33点(3・2・1・6・1・7・9・4)
④廣田 英恵/馬場 なつみ (立命館大) 48点(5・7・7・9・10・4・4・3)
⑤三好 紀子/山口 茜   (関西学院大)50点(9・4・6・5・5・6・5・10)
⑥高橋 友海/溝口 芽   (早稲田大) 52点(1・6・8・1・11・14・10・1)



※【総合最終成績】
DSC_0179_convert_20140923221331.jpg
【4回目の総合優勝を飾った関西学院大のメンバー。今年は両クラス4艇で参加。尚、初めて両クラス出場しはじめてから今年は5回目ながら3連覇を含む、総合4勝と圧倒的な勝率なのである】

①関西学院大学    91点(41+50)
※関西学院大は2年ぶり4回目の総合優勝!
②慶應義塾大学   106点(43+63)
③日本大学     113点(86+27)
④早稲田大学    119点(67+52)
⑤明海大学     132点(56+76)
⑥法政大学     148点(70+78)



※【最優秀選手賞】

※尚、当大会は15回大会から、「最優秀選手賞」が創設されているが、最近の受賞はスポンサー側の意向もあり、敢闘賞的な意味合いとなっている。
Z0922148_convert_20140923225825.jpg

今年は、東北大の山本琴未選手(スキッパー)が選ばれた。
受賞理由としては、震災時に入部し、何も無くなってしまった所から、ヨットを続け、しかもチャーター艇でシングルフィニッシュ2回と大健闘したのである。
ここからは余談なのだが、現在、東北大も部員を多く、活動も活発である。今年の全日本インカレでも両クラス出場が決定しており、高校以前から競技を続けている選手もおり、今後の注目校である。


つづく



※【470級最終成績表】
10706388_524521434347113_1555384265_n.jpg

※【スナイプ級最終成績表】
10711644_524521417680448_898679182_n.jpg

※【総合最終成績表】

14_09_23_22.jpg





関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/251-d5d7455d