2014-09-24 15:30 | カテゴリ:インカレ
※【470級総括】

外道さんとの展望対談でも「混戦」になるだろうと思われた470級。果たしてどうだったのか?早速振り返ってみることにしよう。
Z0922024_convert_20140924144710.jpg
【今年もドラマチックな展開となった470級のレースシーン】※写真は羽田氏より


※【レース推移】

9/21(日) 天気・晴れ 最高気温27℃

午前中に開会式が行われ、軽風域ながら④レース実施された初日、優勝候補筆頭の「山本/畑山」(日本経済大)が、2・1・4・4の11点と圧倒、クラス優勝へ向けて好調な滑り出し。12点差の2位には、「又村あすか/又村彩」(明海大)、さらに1点差で、「松浦/関」(関西学院大)やルーキースキッパー「又村優/澤田」(明海大)と有力チームが続く。
一方、優勝候補の一角であった「山口/永松」(早稲田大)は、第①レースでトップを快走していたものの、痛恨のOCS。優勝争いからは早くも脱落するなど、山本が圧倒的有利な状況となる初日であった。

※初日第④レースまでの暫定

①山本/畑山(日本経済大)  11点
②又村あ/又村彩(明海大)  23点
③松浦/関(関西学院大)   24点
④又村優/澤田(明海大)   24点
⑤新谷/中山(日本大)    32点
⑥長堀/武井(慶應義塾大)  32点

9/22(月) 天候・晴れ 最高気温26℃

午前中に一度出艇したものの、風が弱く一度ハーバーバック。正午過ぎに南風が入り、③レース実施された。
暫定首位の「山本/畑山」(日本経済大)はこの日も4・5・11と2桁順位はあったものの、首位をキープ。優勝へ向けて圧倒的優位に立った。
初日3位の「松浦/関」(関西学院大)もまずまずの堅いレース運びで、2位へ浮上。さらに初日6位の「長堀/武井」(慶應義塾大)は2・2・4と好調、松浦艇と同点の2位まで浮上する。しかし最終レースを残し、首位の山本艇とは9点差。優勝となると非常に苦しい状況だったのだが・・・。

9/23(火) 天候・晴れ 最高気温27℃

※【最終第⑧レースダイジェスト】

10:17スタート 風向60° 風速3.5m/sec 上下距離1000m

予定時刻に予告信号が上がったものの、風速が弱まり、待ちの状態が続く。しかし、再度北よりから3~4mの風が入りレースは始まった。
2回目でスタート。絶好のスタートを切ったのが、逆転優勝を狙う暫定2位の「長堀/武井」(慶應義塾大)、「松浦/関」(関西学院大)だった。特に長堀艇のコース取りは完璧、第①マークをトップで回航、2番手は松浦艇、3番手は平野/金咲(同志社大)が続く。
一方、暫定首位の「山本/畑山」(日本経済大)はスタートで大きく出遅れ、第①マークでは15番手と大ピンチ。このような展開となり、レースは一気にヒートアップする。
①―②マークで長堀艇は、松浦艇・平野艇に抜かれ、松浦艇が抜け出す。大過なくそのままトップフィニッシュ。長堀艇が3位フィニッシュ。この時点で優勝争いは、「山本/畑山」の動向が唯一の焦点となる。
しかし上がってくることができず、14位フィニッシュとなってしまう。

従って、松浦/関が逆転優勝、長堀・山本の順に決着した。

※以上がレース推移であったが、続いて入賞チームを紹介することに致しましょう。



※新女王誕生!『松浦 朋美/関 友里恵』ペア(関西学院大)
Z0922179_convert_20140924144918.jpg

どのチームが優勝してもおかしくなかった470級で優勝したのは昨年7位の「松浦/関」ペアだった。今シリーズは最初のレースで失敗はしたものの、その後のレースは実力通りの活躍。最終レースでも相手のミスを逃さず、きっちりトップフィニッシュを取るところはさすがである。
ライバルの脱落により優勝が転がってきたようにもみえるが、「総合を獲るためにはどうしたら良いのか?」を考え、堅いレース運びに徹した結果なのかもしれない。
松浦は名門・長崎工業出身、高校時はインターハイソロ準優勝、デュエット優勝の実績、ここ5年間では、高校時の先輩である松下結(関西学院)・山口祥世(早稲田)に続いての制覇なのだ。しかもまだ3年生であり、来年は連覇に期待がかかる。団体戦のレギュラーでもある彼女には今後も目が離せない。

「優勝おめでとう!」



※惜しくも準優勝!『長堀 友香/武井 裕子』ペア(慶應義塾大)
Z0921187_convert_20140924145058.jpg

初日はまずまずのレース展開だったものの、2日目は大爆発したこのペア。こうなると手がつけられない強さをみせる彼女だったが、最終レースでは判断ミスで抜かれてしまったのは、少々残念だったか。
フィニッシュ後、悔し涙をみせていたのが印象的だったが、是非この悔しさを忘れずリベンジを果たしてもらいたいと思う。
このペアはそれだけの実力があるのは間違いないのだから・・・。



※優勝候補筆頭の『山本 佑莉/畑山 絵里』ペア(日本経済大)
Z0922084_convert_20140924145218.jpg

今大会、シリーズリーダーであったのは、このチームであったことは間違いないだろう。しかし最終レースで、信じられないようなスタートの失敗。しかも2上でも風向の変化により、抜くチャンスを逸してしまったのもツキがなかったか?
しかし、今までの日経大は軽風域になると苦戦する選手が多かったが、このペアはきっちり実力は出し切ったと思う。
畑山は最後だったが、山本はまだ2年生。来年は脅威になる存在なのはほぼ間違いないだろう。



※ルーキースキッパー最高位!『又村 優/澤田 しおり』ペア(明海大)
Z0922115_convert_20140924145325.jpg

今回、大健闘だったのはこのチームであろう。第⑤レースだけは失敗したものの、その他はトップフィニッシュを含むオールシングルだったのは立派だ。又村がレベルアップしたのもあるが、クルーの澤田もレベルアップし、噛み合ってきた結果であろう。二人とも高校時代は並みの選手、決して目立つ存在ではなかったが、今後もさらに伸びると思わせるレースであった。さらに頑張って欲しいと思う。



※実力者『平野 若菜/金咲 和歌子』ペア(同志社大)が5位入賞!
Z0921111_convert_20140924145529.jpg

初日のオープニングレースでトップフィニッシュしたものの、その後3連続の二桁順位と入賞は絶望的だと思われたが、2日目以降は再度立て直し、5位入賞となった。平野も松浦朋美同様、長崎工業出身、インターハイデュエット準優勝の実績、金咲は団体戦でもリーダー艇のクルーとして活躍している存在なのである。
平野はまだ2年生。来年は優勝戦線に絡んでくれることは間違いないことだろう。



※関東女王の『林 優季/木村 沙耶佳』ペア(明海大)は6位入賞!
Z0921401_convert_20140924145629.jpg

全体を通して順位的には堅いレースではあった「林/木村」ペア。しかし一度の4位以外は上位へ絡めることが出来ず、コースに迷いがあったのか?
しかし、日を追うごとにレベルアップしているのではないのか?関東で優勝できたのはその証拠だろう。自信を持ってさらに上を目指してもらいたいし、高校時代の実績もある彼女達なら可能だろう。来年は大いに期待したい。



※以上が入賞チームの顔ぶれだったが、スキッパーだけをみれば4年生は一人もいない。来年も熾烈な争いになるのは間違いないだろうし、非常に楽しみであるといえよう。


スナイプ・総合へ続く。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/252-3b4ee0cd