2015-04-05 16:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
前記事で「関東選抜」の結果をご覧頂きましたが、この春休み期間中は、様々な大会が開催された。注目の東西420級選手権を中心に簡単ではありますが、結果をご覧頂くと致しましょう。

※【東日本420級選手権】 於・三ケ日青年の家
0011989.jpg
【平成3年インターハイ会場にもなった「浜名湖・三ケ日青年の家」】

※慶應勢1・2・3独占!

①高宮 豪太/樫本 達真 (慶應義塾)    7点
②柳内 航平/倉内 凱吾 (慶應義塾)   18点
③吉村 彰人/久保田 空 (慶應義塾)   18点
④新谷 惟斗/金子 裕貴 (江の島ジュニア)26点
⑤羽渕 智貴/赤尾 侑哉 (海津明誠)   26点
⑥鈴木 真人/行縄 優大 (磯辺)     26点
--------------------------------------
⑪花井 静亜/市井 菜月 (海津明誠)   66点 ※女子ペア最高位

※今年の「東日本420」は、第23回YMFSセーリングチャレンジカップin浜名湖(OP・ミニホッパー・レーザー4.7・FJ)の1種目として開催され、32艇と盛況の大会となった。
最終日のみレース実施されなかったものの、風に恵まれ計⑦レース消化し、閉幕した。
その中で3艇エントリーした慶應勢が、関東選抜男子で優勝した「高宮/樫本」を始め、実力の違いをみせつけた驚くべき結果となった。

レーザー4・7クラスに於いても、昨年長崎国体でも話題となった「菅沼 汐音」が優勝、「池田 樹理」が準優勝の女子1・2は、男子相手に特筆ものであり、和歌山国体へ向けても楽しみになったといえるだろう。

※第23回YMFSセーリングチャレンジカップin浜名湖 全種目結果



※【西日本420級選手権】 於・山口県スポーツ交流村ヨットハーバー

※実力者が順当に上位進出!

①松尾 虎太郎/冨永 理貴 (光)           4点
②榊原 健人/坂本 大成  (佐賀県セーリング連盟) 11点
③松下 結 /水本 拓希  (長崎工業)       16点
④矢野 伸一郎/山本 晟也 (和歌山県セーリング連盟)19点
⑤吉永 風人/三角 光   (柳ヶ崎セーリングクラブ)22点
⑥西田 智輝/重本 章吾  (聖光)         24点
-----------------------------------------------------
⑦中村 遥香/森戸 環   (光)          32点 ※女子ペア最高位

※今年の西日本420は、春休み恒例の「光ウィーク」で実施され、東日本420を上回る44艇とこちらも大盛況。
上位の顔ぶれを見れば、昨年のインターハイ・国体を経験しているチームが目立った。
③レースのみの実施となったものの、地元期待の「松尾/冨永」(光)が、佐賀の実力者「榊原/坂本」を抑え優勝を飾った。

※2015光ウィーク高校ヨット選手権 全種目結果



※【その他の大会結果リンク】

※第13回びわこウィーク(京都府セーリング連盟) 

※第26回全九州高等学校選抜ヨット選手権大会 

・高校生(ユース)セイラーにとって、次なるビックレースはゴールデンウィークに多数開催される。またその時に結果をまとめたいと思う。健闘を祈る!


以上






関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/264-ad42412d