2015-05-16 20:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
各地で既に「夏」かと思わせる天候が続いておりますが、夏といえば高校生セーラーから連想されるのはやはり『インターハイ』となるだろう。その予選大会が、全国9水域で始まろうとしている。早速、日程・開催場所を紹介することに致しましょう。
884234_87915c9282424ba5aa485261f22384f6_jpg_srz_472_315_85_22_0_50_1_20_0_20150516195734c28.jpg
【昨年の江の島インターハイは、記憶に残る強風シリーズとなった】



①【各水域インターハイ予選&日程】

北海道   15/5/30~31    北海道・江差港マリーナ       

東北    15/6/19~21    岩手・リアスハーバー宮古

関東    15/6/12~14    神奈川・葉山港ヨットハーバー

北信越   15/6/19~21    石川・滝港マリーナ

東海    15/6/20~21    静岡・三ケ日青年の家(浜名湖)

近畿    15/6/12~14    和歌山・和歌山セーリングセンター

中国    15/6/19~21    鳥取・境港公共マリーナ

四国    15/6/20~21    香川・高松市立ヨット競技場

九州    15/6/12~14    佐賀・佐賀県ヨットハーバー

※第56回全国高校総体ヨット競技  
15/8/12~16   和歌山・和歌山セーリングセンター 




※インターハイは毎年、開催地持ち回りとなっているのだが、ヨット競技に限っては今年の近畿総体より10年間、和歌山県・固定開催となる。この試みは高体連他競技からも、開催費用の軽減などの効果において特に注目される(特にアウトドアスポーツ)

また、国際420級を正式に導入し、新たなインターハイヨットの幕開けとなり、「和歌山」は高校生セーラーにとっての聖地となることだろう。

是非、各予選にはOB・OGをはじめ、関係者の皆さまは応援に駆けつけて頂きたい。


以上

img_2.jpg©インターハイ
【昨年よりインターハイマスコットキャラクターに採用された『ウイニンくん』】



②【各水域インターハイ通過校数一覧表】
無題

※解説

・昨年までの男子63艇、女子41艇の参加艇数を420・FJ級半数ずつ振り分け(割り切れない場合は420級が1枠多くなるよう設定)
・各クラス共に1校あたり1チームのみ出場可能(4人登録)
となる。


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/271-36c16068