2015-08-18 19:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
※【男子FJ級総括】
2015-08-16 001 353

男子420級に続いて、FJ級の総括とまいります。このクラスもワールドが日本で開催され、日本チームが優勝したものの、出場チームが関東勢中心だったこともあり、全国的には力関係の把握が非常に難しかったのも事実だろう。レースは果たしてどうだったのか?まずはレース推移をご覧頂くとしよう。

※【レース推移】

8/13(木) 天候・曇り 最高気温31℃

初日、いきなり2連続トップで首位に立ったのは、西田智輝/重本章吾(聖光)であった。軽量ペアの利点を生かしたボートスピードの速さだけでなく、スタートも抜群であった。
そして3・2の5点と2位スタートとなったのは、同校悲願のメダルを狙う、柳内航平/樫本達真(慶應義塾)、そして関西学院・霞ヶ浦・宮古商業と続いた。

一方、FJワールドチャンピオン、中 縁嗣/多田光伯(逗子開成)は微風域で力を発揮できず24点・12位スタートと、厳しい展開となってしまう。また優勝候補の一角であった中村三陽も11・11の9位発進でこちらも厳しい展開となった。

8/14(金) 天候・晴れ 最高気温32℃

この日も暫定首位の西田/重本の勢いは止まらない。1・1の4連続トップと他を圧倒、早くも他はあきらめモードに入るしかなくなるほど強いレースであった。2番手は柳内/樫本(慶應義塾)がキープしたものの、既にトップとは19点差。優勝は厳しい状況に・・・。
そしてこの日2・2にまとめた宮崎/中山(唐津西)が3番手まで浮上してくる。しかし2~7位までは僅差であり、まだまだわからない状況。

一方、逗子開成や中村三陽はメンバー交代を試みるも、さらに悪化してしまい、優勝戦線からは完全に脱落してしまう。

8/15(土) 天候・晴れ 最高気温33℃

明らかに優勢になった西田/重本(聖光)は、第⑤レースでもトップフィニッシュし、余程のことがない限り優勝が確定することになる。さらには第⑥レースでも3番手フィニッシュで優勝確定。焦点は混戦模様のメダル争いに集まることになった。

この日3・6とまとめた暫定5位の村上凌哉/佐々木彩人(宮古商業)が、一気に2位へ浮上し、メダル獲得へ前進。また暫定2位の柳内/樫本(慶應義塾)は、第⑥レースでカット順位となり、3位に後退も、このレースで前日3位の唐津西とのプロテストで勝利し、脱落させることに成功する。4位には第①レースでOCSの後、我慢のレースをしてきた尾道佳諭/冨永理貴(光)が上がって来た。

点数的にみれば、この3校がメダルを懸けて最終レースに臨むことになった。

8/16(日) 天候・曇り 最高気温31℃

最終レースでは、第①マークより逗子開成・聖光・慶應の順に回航。暫定2位の宮古商業は13番手とピンチ、4位の光は隠し玉ともいうべき小泉凱皇/花田将義を投入し、6番手回航と逆転メダルの期待が膨らむ。

慶應は、逗子開成を抜き、優勝を決めている聖光とのデッドヒートを制し、見事トップフィニッシュ、準優勝を確定させた。
一方、3位争いは、光は6番手キープしたものの、宮古商業が8番手まで上がり、宮古商業が3位銅メダルとなった。

※西田/重本が圧倒したレースとなったが、ここで入賞校の顔ぶれを紹介することにしよう



※FJで出場したことが優勝に繋がった『西田智輝/重本章吾』ペア(聖光)
2015-08-16 001 374

5連続トップフィニッシュは圧巻であった「西田/重本」が文句なしの優勝を飾った。スタート・ボートスピード・レース展開、この3拍子が全て他と一線を画していたのは事実であった。また彼らは軽量コンビであり、風域も味方したのはではないだろうか?

このペアは5月JOCまでは420級に乗っており、好成績ではあったのだが、同県のライバル・松尾虎太郎にはどうしても勝利できないとみて、FJでインターハイ優勝を狙うことを決意し、見事栄冠に輝いた。

このエピソードから色々な考え方ができるだろうが、少なくとも自分達の力量を正確に把握していたのは間違いないだろう。これは大学生でもなかなかできることではない。しかもようやく乗り慣れた420からFJに乗り換えたのだから、その勇気ある決断にも拍手を送りたい。

尚、聖光の優勝は、私が高校生の時代まで遡らなければならない。同校出身のナショナルコーチ中村健一氏がスナイプ級で優勝した1987年江差大会以来28年ぶり、FJ級となると33年ぶりの栄冠となった。


※創部66年目にして初のメダル獲得!『柳内航平/樫本達真』ペア(慶應義塾)
2015-08-16 001 698

ついにこの時がやってきた・・・。
高校ヨット部としても長い歴史を持つ「慶應義塾」が念願のメダルを獲得した。ここ数年、近くで見てきた私もこんなうれしいことはない。
関東では2年連続デュエット優勝、そして今年は420・FJ級両クラス制覇とその勢いのままに和歌山へ乗り込んできた。

スキッパーの柳内は、江の島ジュニア出身であり、今までも見所のあるセイラーではあったのだが、先日のワールドでもあったようにジュニアセイラーにありがちの英語を叩くシーンが多く見られた。しかしそれを今回は反省し、最終レースでもトップフィニッシュを飾り、文句なしのメダル獲得となった。

この勝因は第⑥レースでのプロテストで勝利したのも大きかったと言えるのではないだろうか?

余談にはなるが、慶應ヨット部は、大学生同様・自主運営のスタイルであり、レースエントリーなどの重要な部分も彼ら自身で行っている。レスキューサポートだけは、OB監督・コーチが実施しているのだ。

昨年までの代も様々な面で涙ぐましい努力をしてきたことは十分わかっている。特に限られた練習の中でメダルを獲得できたことは自信になったのではないだろうか?
特に最近では高校から始めた部員も好成績を治められるようになったのも、良き伝統が守られている証拠だろう。

来年も有力な選手は控えている。今後の目指すところは優勝となるだろう。是非、現役・OB一丸となって頑張って頂きたいものである。


※「66年目のインターハイメダル獲得おめでとう!」


※今年は男子でもメダル獲得!『村上凌哉/佐々木彩人』(宮古商業)
2015-08-16 001 809

東北大会をオールトップで優勝した村上/佐々木ペアは、間違いなく本番でも活躍できるのはわかっていたが、見事銅メダルを獲得した。カット順位も聖光についでの点数だったことから、安定したレースであったことを裏付けられるであろう。

宮古商業は一昨年の女子デュエット準優勝に続き、今度は男子でもメダル獲得。岩手県勢は東北水域のリーダーとしてますます活躍してもらいたいと私は願っている。


※有力ルーキーは4位と健闘!『尾道佳諭/冨永理貴』ペア(光)
2015-08-16 001 797

420級で優勝を飾った松尾/三浦に続いてFJ級でもルーキースキッパーで入賞を果たした。
スキッパーの尾道は1年生であり、長崎・時津ジュニア出身、昨年のOPワールドに出場した実力者。松尾に憧れ、光高校ヨット部の門を叩く。
そのルーキーがオープニングレースではOCSの洗礼を浴びるも、我慢のレースでメダル争いまで追い上げたことは、評価に値するだろう。

クルーの冨永は先日の420ワールドでは松尾のクルーで出場しており、その冨永をFJに持ってきたということは、明らかにダブル優勝を狙っていたのだろう。
しかも最終レースでは、こちらも期待の小泉兄弟三男坊・凱皇まで投入し、来年に向けてますます期待してしまうのは私だけであるまい。来年は完全制覇を狙えるに違いないだろう。

※こんな写真で申し訳ないです・・・

※2チームで掴んだ5位入賞の『関西学院高等部!』
2015-08-16 001 452

近畿大会で優勝した平野/皆川は、JOCやFJワールドでも上位進出とはならなかったが、インターハイでは安定したスコアで5位入賞となった。また6・7レースは小原/中島が出場し、2艇で掴んだ入賞だと言えるだろう。しかしながらスコアをみると5位以内が僅か1回と上位と差があったのは事実か?

それでも全力を出し切り、入賞できたのは成長の証であり、評価に値するだろう。

尚、関西学院の入賞は2012年和倉大会ソロ優勝以来、3年ぶりである。


※絶好のチャンスを逃すも、きっちり6位入賞!『逗子開成』
2015-08-16 001 689

先日の地元ワールドでは中 縁嗣/多田光伯、小野友太郎/望月 滉の逗子開成勢が1・2を決め、絶好のチャンスかと思われた今大会。序盤から中/多田が乱調、2日目には満を持して投入した小野/望月も期待に応えられず、残念な結果ではあった。

しかし第⑤レースからは中/多田が再登板し、2-1-3にまとめられたのだからやはり力はあったのだろう。

インターハイでは結果を残すことは出来なかったが、ワールドで活躍できたことを称え、拍手を送りたい。そんな今年のチームであった。


※【勝手に男子総合成績】

後述するが、私が勝手に420・FJ両クラス出場したチームを対象に総合成績を発表することにする。

①光(山口)
②宮古商業(岩手)
③慶應義塾(神奈川)
④中村学園三陽(福岡)
⑤星林(和歌山)
⑥唐津西(佐賀)

との結果となった。この意図は何なのか?は、最終章で述べることにする。


※女子へ続く・・・

img_2.jpg


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/289-af4bcad0