-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-08-20 18:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
④【女子FJ級総括】
2016-08-16_001_3490_convert_20160820161639.jpg
【メダル獲得3校のフィニッシュシーン】

昨年56回大会では、このクラスでも2年生スキッパーによる優勝となり、420の宇田川と共に女子完全優勝を飾った仲 美南/鈴木せいら(霞ヶ浦)
今年も好調であり、連覇はほぼ達成か?と思われたが・・・。

※さっそく振り返ってみることにしよう。



※【レース推移】

8/13(土)  天候・晴れ  最高気温34℃

初日2レースで、いきなりトップに立ったのは2-2の4点でまとめた森井/大丸(高松商業)だった。続くのは同県のライバル・森/石田(高松)が1-4の5点で2位につけ、香川勢ワンツー発進となる。

一方、チャンピオン仲/鈴木(霞ヶ浦)は、第①レースでははっきりしないレースで5位フィニッシュも、第②レースはトップフィニッシュで6点3位とまずまずの滑り出しとなる。

※【初日第②レースまでの暫定】

①森井/大丸   (高松商業)    4点(2-2)
②森/石田    (高松)      5点(1-4)
③仲/鈴木    (霞ヶ浦)     6点(5-1)
④伊藤/實方   (磯辺)      7点(4-3)
⑤平野/清水   (別府青山)    8点(3-5)
⑥井戸/長尾   (宮崎海洋)   13点(7-6)
⑥工藤/三浦   (宮古商業)   13点(6-7)

※早くも香川勢VS関東勢の雰囲気が漂う。

8/14(日)   天候・晴れ  最高気温33℃

この日は3レース実施された中で、レース毎に風速も上がり、明らかに実力差が出始める。

前日3位スタートのチャンピオン仲は、2-1-1と圧巻のレースを見せ、4点差の首位に立つ。2位スタートの森は、この日も好調であり1-3-7にまとめ2位キープ。

ところが前日首位の森井/大丸は、全て上位に入れず、4位後退と優勝戦線からは脱落。代わってここまで安定した成績の伊藤/實方(磯辺)が3位へ浮上する。

※関東勢と香川勢のレベルが抜けており、他は太刀打ちできない。優勝争いは仲/鈴木(霞ヶ浦)と森/石田(高松)に絞られた。

8/15(月)   天候・晴れ  最高気温36℃

仲/鈴木が4点リードで迎えた第⑥レース。1マークでは7番手回航と遅れたものの、最終マークまでには先行していた高松・森ペアを抜いて3番手まで浮上する。このままいけば、優勝となるはずだったのだが・・・

フィニッシュ直前でスピンのトリムをパンピングとみなされ、痛恨のペナルティー。結局5番手フィニッシュとなり、首位キープも3番手フィニッシュした森ペアとは2点差で最終決戦となる。

3位磯辺は、高田/富山が登場し、2位フィニッシュとメダル獲得に大きく近づいた。

8/16(火)   天候・晴れ  最高気温33℃

霞ヶ浦の連覇か?それとも高松が54年ぶり女子制覇なのか?

最終第⑦レースでは、仲は上寄りで絶好のスタートを切るも、スピードがいま一つ。一方高松・森ペアは、スタートはまずまずだったものの、中盤以降右海面で勝負をかける。しかし仲は完全に森ペアをフリーにしてしまうなど、中途半端なタックも目立つ状況。

と、その時、右海面のレイラインで森ペアがとてつもない伸びをみせ始める。従って①マークではダントツのトップ回航。仲は5番手回航となり、この時点では森ペアが逆転し、そのまま一人旅。

仲は3番手まで上がれば優勝が条件となるも、最終上下では3番手まで上がり、これで決まりかと思われたが、4・5番手の高松商業・宮崎海洋が迫ってくる。最終③マーク回航後、高松商業はラフィングマッチを仕掛け、宮崎海洋はプロパーコースを走る。

これに仲は中途半端な対応をしてしまい、両者に抜かれ5番手フィニッシュ。従って森/石田ペアの逆転優勝となった。

仲/鈴木は連覇ならず準優勝。そして3位は最終レースでも2位フィニッシュとなった磯辺がそれぞれメダルを獲得した。

4位~6位には高松商業・別府青山・宮崎海洋が入り、レースは終了した。

※男子420級同様、チャンピオンが敗れる波乱となった。続いて入賞チームの寸評と顔ぶれをご覧頂くとしよう。



※連覇を阻止!女子54年ぶりの栄冠!森ゆり奈/石田真子ペア(高松)
2016-08-16_001_2906_convert_20160817134738.jpg
【香川勢としても36年ぶりの優勝!森/石田ペア(高松)】

春の光ウィークでは男子相手に後述する森井/大丸ペア(高松商業)に続く準優勝、四国大会では5回のトップで優勝した森/石田ペア。
今年は全国的にみても男子と対等に走れているのは、チャンピオン仲を除けば、この2チームのみであり、順風域までなら逆転の可能性があると私はみていた。

案の定、初日は香川勢1・2スタート。その後も思い切ったレースでチャンピオンに喰らいついた。勝負のポイントはもちろん最終レースの中盤以降の右海面に展開したことだった。とはいえ、ボートスピードも抜群であった。まさに殊勲の勝利だと言えるだろう。

高松高は、香川県№1の進学校であるからして、なかなかインターハイ出場もままならない状況が続いたものの、女子としてはインターハイ草創期である1962年高松大会A級優勝以来54年ぶりであり、香川勢としても実に久しぶりで、1980年江の島大会(高松商業・女子スナイプ級)以来36年ぶりとなった。

※優勝おめでとう!



※連覇はならず!仲 美南/鈴木せいらペア(霞ヶ浦)
2016-08-16_001_3497_convert_20160820162230.jpg
【それでも2年連続のメダルは立派!仲/鈴木ペア(霞ヶ浦)】

「連覇への重圧だったのか・・・」

思わぬ逆転で連覇達成とはならなかった仲/鈴木ペア。ライバルも奮闘してたとはいえ、それでもトップに立った第⑥レースのペナルティーで流れが変わってしまった。プロテストに質問状を出した模様だが、それでもリードしていたのだから、気持ちを切り替えて欲しかった。

敗因は、最終レースで森ペアをマークせず、最終的にフリーにしてしまったことではないのか?

かなり厳しい論評になってしまったが、それでも準優勝と連覇はならなかったものの、堂々たる成績である。
入学当初に比べれば大きく成長したし、素晴らしい選手となったことは間違いないだろう。



※2チームでメダル獲得!伊藤七瑠/實方美優・高田麻衣/富山 雅(磯辺)
2016-08-16_001_3515_convert_20160820162550.jpg
【メダル獲得への流れを作った伊藤/實方ペア(磯辺)】

IMGP2591_convert_20160820162750.jpg
【2-2と伊藤ペアと遜色ない位健闘!高田/富山ペア(磯辺)】

チャンピオン仲に対し、今回こそ勝ちたいと思っていたのは、やはり磯辺ではなかったのか?1~5レースでは伊藤/實方が流れを作り、6~7レースでは高田/富山も2-2と奮闘し、2チームでのメダル獲得となった。ただ目標であったトップフィニッシュできなかったことは唯一の心残りなのか?

それでも420級の石井/盛田と共に女子2種目でのメダル獲得は見事である。本人達は強敵である霞ヶ浦を目標にし、努力してきた成果なのだと私は思う。

2チームでのメダル獲得は見事であった。




※惜しくも4位入賞!森井 愛/大丸琴美ペア(高松商業)
2016-08-16_001_2953_convert_20160820163200.jpg
【見せ場は大いにあった森井/大丸ペア(高松商業)】

初日は首位発進となったものの、中盤で失速、終盤でも流れをとり戻せず4位に留まった森井/大丸ペア。

今回、優勝した森ペアよりも霞ヶ浦に勝たせたくないと思っていたのは、彼女達ではないだろうか。それは昨年の同校ペア・佐藤/滝下ペアが優勝目前ながら霞ヶ浦に逆転されてしまったからだ。残念ながら優勝争いには絡めなかったが、最終レース最終レグにおけるラフィングマッチは、ある意味、森ペアの優勝に貢献したといえるし、意地を見たような気がするのである。



※青山としては最後の入賞!平野 舞/清水幸恵ペア(別府青山)
2016-08-16_001_2963_convert_20160820165304.jpg
【中盤まではオールシングル!平野/清水ペア(別府青山)】

今回あまりにも関東・香川勢が抜けていたために目立っていなかった九州勢の中で、第⑤レースまでは唯一オールシングルと安定していた平野/清水ペア。ただラスト2レースで二桁順位と上位を脅かすことができなかったが、堂々たる5位入賞だろう。

青山としてはラストの大会で男女FJ級で入賞できたことは、良い締めくくりと共に、翔青にも有力選手は存在する。新校名でも上位進出できるよう願っている。



※初入賞?井戸美幸/長尾芽依ペア(宮崎海洋)
2016-08-16_001_2952_convert_20160820165338.jpg
【九州№1の意地は見せた井戸/長尾ペア(宮崎海洋)】

九州大会で初優勝した井戸/長尾ペア。まずまずの順位で推移はしていたが、上位に絡むことができず6位入賞となった。

しかしながらこの入賞は、同校初だと思われる。

元々同校は名前の通り、海洋系の学校であるからして、海洋実習の影響により練習量が少ないハンデもあり、なかなかインターハイ出場もままならない状況が続くも、この入賞は立派な成績といえるのではないだろうか?


※以上だが、こちらも連覇を阻止する結果となったが、改めてヨットに限ったことではないが、勝負のアヤというのは不思議なものであり「勝負に絶対はない」ということを教えられたような気がした。



※【勝手に女子総合成績】

①霞ヶ浦(茨城)     27点
②磯辺(千葉)      42点
③高松商業(香川)    57点
④宮古商業(岩手)    76点
⑤邑久(岡山)      80点
⑥別府青山(大分)   109点

※両クラスでメダルを獲得した関東勢がワンツーと活躍。関東勢がここまで活躍したのは久しぶりではないのだろうか?



※【最終総括】

今年も熱戦は幕を閉じた。正直言って今年は、絶対的に強いチームが各種目に存在したことから、単調なレースになってしまうのではないかと心配していたが、皆さんが全力を出し切ったのもあり、素晴らしいレースとなったことは間違いないだろう。

また昨年に引き続き、文句ないレース運営や、ネット中継やスマホでヨットレースも充実し、観覧側も大いに楽しませてくれたのではないだろうか?

来年はついにFJ級が最後の年となる節目の大会となる。特に下級生は練習し、この大会に出場できることを祈っている。


以上




関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/332-9526cd99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。