2017-05-02 05:00 | カテゴリ:インカレ
関東春インカレのオープニングレースである「女子レース」が実施され、熱戦が展開された。全レースは消化できなかったものの、オールラウンドの風域で④レース決着。
18156150_1271591352960127_1847422197308397814_o.jpg
【スナイプ級のスタートシーン】

注目の総合は日本大スナイプがパーフェクト、470級も僅差の2位と圧勝。昨年春から総合4連勝となり、今年も好調な滑り出しとなった。

※入賞チームは以下の通りである。



※【470級最終結果】 (20艇)

※法政470、12年ぶりの制覇!
18193286_1272701792849083_9124893237415051388_o.jpg
【今年は私達の出番!とばかりに、優勝した赤嶺/馬渡(法政大)】

①赤嶺 華歩/馬渡 凪沙  (法政大)  13点(7-3-2-1)
②中山 由紀美/工藤 彩乃 (日本大)  15点(4-8-1-2)
③又村 優 /青木 美優  (明海大)  16点(3-4-4-5)
④足立 茉莉花/盛田 冬華 (法政大)  19点(8-5-3-3)
⑤鍋岡 薫 /戸井 瀬亜  (明海大)  25点(1-1-15-7)
⑥宮野 菜々/山下 美紅  (日本大)  26点(6-10-6-4)

※好調な滑り出しを見せたのは、鍋岡/戸井(明海大)だったが、吹き上がった第③レースで無念の沈。一気に脱落となってしまう。この時点での優勝争いは又村/青木(明海大)、赤嶺/馬渡(法政大)、中山/工藤(日本大)がそれぞれ一点差で第④レースに注目が集まる。

このレースで①マークトップだったのは中山/工藤、そして赤嶺/馬渡が続いたが、又村/青木は若干遅れる。このままいけば中山、赤嶺両者同点となるが、赤嶺が意地を見せ、逆転トップフィニッシュ、首位に立つ。第⑤レースはさらに風は吹き上がり中止、見事初タイトルに輝いた。

ちなみに法政470優勝は実に久しぶりで、2005年春優勝の高橋礼子/鎌田奈緒子以来12年ぶりの制覇となった。また足立/盛田も4位とそれぞれコンビネーションも合っており、全日本へ向けても期待できるレース内容だったといえるであろう。



※【スナイプ級最終結果】 (16艇)

※パーフェクトで4連勝!
18193308_1272700386182557_1428379619196257691_o.jpg
【新たな伝説をつくれるか?池田/林(日本大) 本当に強かった】

①池田 紅葉/林 佳奈   (日本大)   4点(1-1-1-1)
②花本 菜美/仁杉 衣里  (明海大)  11点(3-3-2-3)
③荒木 陽菜/岸 祐花   (中央大)  15点(5-5-3-2)
④元津 志緒/松岡 嶺実  (早稲田大) 16点(2-6-4-4)
⑤佐藤 春菜/伊藤 七瑠  (法政大)  26点(6-2-10-8)
⑥北林 妙恵子/松山 暁  (法政大)  27点(4-4-6-13)

※初日の微風域、2日目の強風域でもチャンピオン池田/林(日本大)の独壇場となり、パーフェクトで4連勝を飾った。2位は花本/仁杉(明海大)、3位にはルーキー荒木/岸(中央大)が入り、健闘した。

優勝した池田/林は、強風域での走りが特にレベルアップし、さらにはコース取りもほぼ完璧と文句のつけようがないレースであったといえるであろう。



※【総合成績】 (9校)

※日本大が圧勝!
18197776_1904658279822585_410795606_n.jpg
【誰かさんが差し入れしたケーキで優勝を祝う日大女子メンバー】

①日本大学    19点(15+4)
②明海大学    27点(16+11)
③法政大学    39点(13+26)

470級では僅差で敗れたものの、スナイプはパーフェクトとこれは圧勝であろう。全日本女子連覇へ向け、好調な滑り出しとなったのは間違いない。

※今回、テストでネット中継を試みたが、うまくいかず課題を残したが、学生が積極的に取り組んだことについては、大いに評価できるし、これからも頑張って欲しい。一応、録画はしてありますので、是非ともご覧になって頂きたいと思う。

全日本女子までには対策され、うまくいくよう頑張って頂きたい。


※次は団体戦予選、決勝と続く。どうなるのかは本当に楽しみである。


以上

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/347-44012470