2017-07-05 04:00 | カテゴリ:インカレ
学生全日本戦線第一弾となる全日本学生ヨット個人選手権大会(8/11~14・豊田自動織機 海陽ヨットハーバー)の出場権をかけた、各水域予選は7/2(日)に全て終了し、進出校が全て決定した。

※出場チームは以下の通りである。



①【2017全日本個人戦進出チーム一覧】(予定)
2017全日本個人戦

※見えない場合はここをクリック

全日本出場を決めたチームの皆さん、おめでとうございます。今年は両クラス共に53艇となる。

各水域の通過チームは順当に決定したと思いきや、近北470級で昨年優勝の渡辺 駿(同志社大)が敗れる波乱があったのは、とても残念であった。




②【個人戦枠数改正と出場倍率の問題】
個人戦枠数

※【全レースDNCや英語があるチームはエントリー数から除外して計算】

※関東個人戦の展望でも述べたが、今年より個人戦の総枠数を増やし、53艇+水域開催枠2艇=計55艇となる。(※今年の開催は中部であるが、開催枠は使用されない)


※本当にこの枠数で良いと思っているのか?

どのように決定されたのか?は私は知らない前提で話をするが、出場倍率の差が水域間であり、問題なのは激戦区である近北・関西の枠数が極端少ないことがこの表からお判り頂けるであろう。(総エントリー数は2017年実績で計算したが、各水域のエントリー数は例年とほぼ同数と思って良い)

この件を言い出した理由としては、団体戦の枠数改正によって(水域によっては)出場がより厳しくなったからなのだ。従って個人戦は(ある程度)平等にする必要性があると思われる。

上記のように倍率の差が出てしまうのは、470・スナイプ共に同じ枠数としているのが大きな原因だ。水域によって470が多い場合もあるし、スナイプが多い水域もある。平等にするならば同数にこだわることはないのでは?

どれくらいの期間で枠数見直しをするのか?は私は知らないが、毎年しっかり管理し、改正することを望みたい。


※世界で活躍している選手は出場させなくて良いのか?

2020年オリンピックが東京開催となり、キャンペーンを実施している選手が存在する。そう昨年の全日本インカレで個人成績トップの高山大智/木村直矢(日本大)だ。木村についてはクルーなので、通過チームにエントリーすれば出場は可能であるが、高山は予選に出場していないので現状では無理な話なのだ。

このように優秀な選手を「特別推薦」で出場できる制度を設ける必要があるのではないだろうか?今後もこのようなケースが出てくるだろうし、検討する必要があるのではないか?と私は思うのである。

※今年の個人戦チャンピオンはどのチームに輝くのか?是非とも頑張ってほしい。


以上


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/356-90653db8