FC2ブログ
2017-08-17 14:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
高校生セイラー最大の祭典平成29年度全国高校総体ヨット競技・第58回全国高等学校ヨット選手権大会は、今年も固定開催の和歌山セーリングセンターで実施され、熱戦が展開された。
DHPAG_ZV0AAOPn4.jpg
【インターハイでのFJ級も見納め、開催50回目のスタート】 ※高体連より

コンディションが若干心配されたが、抜群のレース運営により各4クラス計28レースを全て消化し、無事閉幕した。

今大会も連覇が懸かるチームや、FJ級が最後とあって、最後の覇者がどのチームになるのか?と話題も豊富であった今年はどうだったのか?

※まずは各クラスの入賞校をご覧頂くことにする。



①【男子420級最終結果】(34校)

※大激戦を制し、男子24年ぶりの優勝!
2017-08-16 001 151
【JOCに続き、高校日本一に輝いた蜂須賀/狩野ペア(霞ヶ浦)】

①蜂須賀 晋之介/狩野 弁慶(霞ヶ浦)   22点(2-2-6-(16)-2-7-3)
※霞ヶ浦は420級初優勝
②下石 煕 /玉村 賢太郎 (西南学院)  29点(5(PTP)-7-(9)-3-8-1-2)
③本多 佑基/上田 健登  (中村学園三陽)29点(3-3-12-(14)-7-3-1)
④尾道 佳諭/三浦 匠   (光)     30点(1-11-2-4-4-8-(12))
⑤西村 宗至朗/蔵田 翔也 (清風)    30点(6-5-5-7-1-(13)-6)
⑥小木曽 涼/兼子 烈   (慶應義塾)  36点(4-1-4-(21)-5-6-16)



②【男子FJ級最終結果】 (29校)

※最後もきっちり連覇&最多勝タイ記録に並ぶ!
DHFp_BcUAAAwM4n.jpg
【逆転で同校の連覇達成!石川/倉地ペア(中村学園三陽)】 ※高体連より

①石川 航 /倉地 紘平  (中村学園三陽)20点((7)-1-6-3-2-6-2)
※中村学園三陽は2年連続9度目のFJ級優勝
②藤原 達人/平井 徳輝  (清風)    20点(1-4-5-(6)-4-3-3)
③深江 哲平/中村 海一  (日南振徳)  23点(3-2-2-(9)-5-2-9)
④松本 諒 /森江 勇哉  (高松工芸)  33点(14-5-11-(DSQ)-1-1-1)
⑤小泉 凱皇/河村 諒   (光)     35点(10-3-7-(DSQ)-6-5-4)
⑥佐々木 祐哉/千田 直人 (宮古商業)  52点(5-11-(24)-2-13-10-11)



③【女子420級最終結果】(23校)

※圧巻のパーフェクトで36年ぶりの栄冠!
2017-08-16 001 062
【今大会、話題を独り占め!長岡/森ペア(高松商業)】

①長岡 叶子/森 七海   (高松商業)   6点(1-1-1-1-1-1-(6))
※高松商業は420級初優勝
②加藤 凡尋/北林 風花  (海津明誠)  23点(2-5-2-3-4-(11)-7)
③田中 真琴/加藤 美久  (宮古)    31点(6-8-3-7-(11)-3-4)
④藤尾 万唯華/今村 瑠菜 (長崎工業)  32点(4-(14)-6-11-7-2-2)
⑤中山 由菜/鶴田 希生  (唐津西)   41点(3-3-(DSQ)-4-2-13-16)
⑥門川 亜朱茄/鈴木 杏依子(日南振徳)  44点(8-7-13-2-5-(19)-9)



④【女子FJ級最終結果】 (19校)

※僅か3年で女子4勝目!
DHFZO_uU0AA7iZN.jpg
【こちらも6レースで優勝を決めた蓮/鈴木ペア】 ※高体連より

①蓮 千鶴 /鈴木 せいら (霞ヶ浦)    8点((2)-1-2-1-2-1-1)
※霞ヶ浦は2年ぶり2度目のFJ級優勝
②工藤 紗弥/三浦 ありさ (宮古商業)  17点(3-3-1-2-(6)-2-6)
③村川 麻耶/米崎 莉花  (高松商業)  24点(1-10-4-(14)-1-3-5)
④川口 莉子/吉田 鈴奈  (長崎工業)  26点(5-5-6-3-3-3-4-(14))
⑤秋岡 なおみ/松家 瑞歩 (芦屋)    27点(6-2-3-(7)-4-5-7)
⑥加治木 まなつ/堀田 瑠央(海津明誠)  35点(4-4-10-8-(12)-6-3)

※選手ならびに関係者の皆さん、おめでとうございます。続いて総括に入り、さらには気になる来年以降のインターハイについても触れておきたいと思います。(少々時間を頂きます)

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/362-2f4b21a2