FC2ブログ
2017-08-19 18:30 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
③【男子FJ級総括】
DHE8fA6VoAALsM4.jpg
【FJ級の昔はトラピーズ艇ではなく、ハイクアウトだったんですよ?】※高体連より

50年間続いたこのクラスもついに種目から外れるが、最後の優勝チームはどこになるのか?に注目されたが、予想通り力のあるチームを中心にレースが展開された。

※こちらもどのように推移したのか?早速振り返ってみることにする。



※【レース推移】

※8/13(木) 天気・晴れ 最高気温33℃ 風向330~310° 風速5~7m/sec

420級と同様、初日は良い風で3レース実施された中で、展望で述べた上位チームが順調な滑り出しを見せる。初日首位に立ったのは、3-2-2の7点で九州大会優勝の深江哲平/中村海一(日南振徳)であった。1-4-5の10点で続いたのは、420級ランキングトップの藤原達人/平井徳輝(清風)、インターハイ最多勝を狙う中村学園三陽は予想通り石川 航/倉地紘平が登場し、7-1-6の14点3位とまずまずのスタート。

以上オールシングルで発進した3チームだったが、早くも他チームは二桁順位を叩くなど苦しい状況となってしまう初日であった。


※8/14(金) 天気・晴れ 最高気温33℃ 風向280° 風速4m/sec

この日の男子は1レース成立。軽風域の難しいコンディションながら、上位3チームは無難にまとめ、清風と日南がトータル16点の同点首位。僅か1点差で三陽が続く。4位以下は逗子開成-芦屋-宮古商業と続いているものの、大きい順位が目立ち、どんどん離されていく。
また優勝候補の一角であった光・高松工芸は審問で失格し、優勝戦線からは脱落してしまった。


※8/15(土) 天気・晴れ 最高気温31℃ 風向205~210° 風速5~7m/sec

この日爆発したのが、前日失格した松本 諒/森江勇哉(高松工芸)であった。圧巻の1-1でカット後5位まで浮上、同じく失格した小泉凱皇/河村 諒(光)も4位浮上となるも、上位陣のスコアは崩さない。日南が5-2でトータル14点で暫定首位、3点差で清風、4点差で三陽が続き、最終レースを残しこの3チームのメダルは確定する。


※8/16(日) 天気・晴れ 最高気温34℃ 風向305° 風速2~3m/sec

メダルが確定した3チームだったが、優勝はどこになるのか?最終決戦となった第⑦レース。清風・三陽はまずまずのスタート、ところが首位の日南は、スタートで大きく出遅れ、厳しいレースとなってしまう。この時点で逆転の目が出てきた三陽は1マーク2番手回航、そして清風が4番手、日南は13番手とこの時点で三陽が逆転。清風は三陽を抜かない限り優勝はなく、日南は最低でも5位まで上げなくては優勝はない。

息詰まる攻防の中、三陽は2位を死守、清風は3位フィニッシュとなりトータル同点。タイを解消した結果、三陽が優勝、清風が準優勝、日南が3位となる。以下このレースでもトップフィニッシュとなった高松工芸が4位、以下光-宮古商業となり、レースは終了した。

※420級と同様、FJ級最後に相応しい熱い攻防だったが、入賞校の顔ぶれと寸評を述べるとしよう。



※FJ級最後もやはりこのチーム、インターハイ最多勝タイ記録に並ぶ!
DHFp_BcUAAAwM4n_20170819171740bd5.jpg
【FJ級17勝!接戦を制した石川/倉地ペア】 ※高体連より

2014年江の島インターハイデュエットの最後も、そして今大会FJ級のフィナーレも中村学園三陽が締めくくった。今回最多勝へ向け、託されたのが予想通り、石川 航/倉地紘平だった。しかし先日の葉山全日本とは違い、ライバルも奮闘し、苦しい立ち上がりだった。しかし420級の本多/上田同様最後まで諦めなかった。必死にレースを進め、同点ながら昨年に続き、連覇を達成した。

石川は420級覇者の蜂須賀と同じなごやヨットクラブ出身で、三陽の門を叩く。倉地は高校からヨットを始め、クルーワークも抜群である。

これでインターハイ優勝は唐津西・海津明誠の17勝に並び、タイ記録を達成。そして2003年から続いている連続3位以内の記録を15に伸ばした。本当に凄いとしか言いようがない大記録だ。

三陽の特徴はどの艇種でも、またどのペアとでも乗れるよう鍛えられている。それは先日の葉山全日本でも明らかだ。そして調子が良い選手が選ばれ、レギュラーとなるのだ。今回の石川/倉地も過去に1度しかペアを組んだことがない。そして出場できなかった選手の分まで頑張るのだ。2014年のデュエット勝利も組織力の勝利であったが、今回もそれ以上のチームワークではなかったのではないだろうか?

今年に入り、北方貴紀監督と共に長きに渡り、同校ヨット部を陰でサポートしてきた顧問の廣瀬浩人教諭がお亡くなりになられた。この最多勝タイ記録樹立は先生に捧げる勝利であるし、きっと天国で喜んでいるに違いないと思う。

※優勝おめでとう!



※乗り慣れない艇種で準優勝!
IH7_1913.jpg
【惜しくも準優勝!藤原/平井ペア(清風)】

420級ランキングトップの藤原達人/平井徳輝(清風)が、このクラスに回り三陽と同点準優勝となってしまったものの、自身初のメダルを獲得した。彼は兵庫ジュニア時代から420級の西村とは良いライバル関係。しかし西村の方が先にOPワールドに出場するなど、2番手のイメージが強かった。しかし翌年は西村を蹴落とし、自身もワールド代表になった努力家である。

高校に入ってからも西村が昨年インターハイチャンピオンとなったが、今年のランキングは藤原が上位と互いに切磋琢磨してきた。もちろん420ワールドにも出場が決定しており、是非とも頑張って頂きたいと思う。



※初優勝を逃すも大健闘の3位!
IH7_1929.jpg
【同校久しぶりのメダル獲得!深江/中村ペア(日南振徳)】

九州大会では三陽を破り優勝。今大会は終始シリーズをリードした深江哲平/中村海一(日南振徳)だったが、最終レースのスタートで大きく出遅れ、同校悲願の初優勝とはならなかったが、メダル獲得は大健闘だったのではないだろうか?

同校の監督は大学時代に国体470級で優勝経験もある平島 昇教諭であり、昨年も女子420級6位入賞と力をつけているチームなのである。同校のメダル獲得は日南工業時代、平成5年(1993)土浦大会デュエット以来24年ぶりであり、今後も期待できるのではないのか?



※第①レースの失敗が・・・
IH7_1908.jpg
【国体では期待!松本/森江ペア(高松工芸)】

今大会このクラスで重要な位置を占めていたのが、松本 諒 /森江勇哉(高松工芸)だった。いきなりオープニングレースでその片鱗をみせる。ところがトップ回航した最終マークで、沈してしまう痛恨のミス。さらには第④レースでも失格となってしまい、優勝戦線から脱落。しかし残り3レースは全てトップフィニッシュと4位まで浮上したのは見事だったのではないか?

第①レースがトップだったら・・・と思うと残念でならないが、愛媛国体では420級で出場予定である。得意風域が生かせる海面であることから、是非とも大暴れして欲しいと思うのである。



※失格が痛かったか?
20819237_1554751094584311_826045675306016604_o.jpg
【ユースワールドに期待!5位入賞の小泉/河村ペア(光)】 ※BHMより

唐津JOCでは蜂須賀に続く日本勢2位であり、インターハイではFJ級に挑戦した小泉凱皇/河村 諒(光)だったが、序盤まずまずの立ち上がりだったが、第④レースでの失格が大きく響いてしまった。しかしそれでも5位入賞と力は見せつけられたのではないのか?

小泉には偉大な2人の兄(颯作・国体SS級優勝、維吹・インターハイ・国体連覇など)と比較されがちだが、彼も年末に29erクラスでユースワールドの出場が決定しており、是非とも頑張って欲しい。



※混戦の入賞争いを制す
IH7_3638.jpg
【入賞争いを制す!佐々木/千田ペア(宮古商業)】

5月稲毛ウィークで入賞、そして東北大会でも優勝してインターハイに臨んだ佐々木祐哉/千田直人(宮古商業)だったが、正直上位とは差があったものの、関東勢3チーム・芦屋の入賞候補争いを制し、6位入賞を果たした。しかし第①レースでの5位や、荒れた第④レースでの2位は、素晴らしいレースをみせ、力は出し切ったのではないのか?


※FJ最後の大会も優勝争いが同点と素晴らしいレースだったのではないだろうか?


※女子へと続く



※【男子FJ級成績表】

男子FJ級

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/364-ef27f67e