FC2ブログ
2017-08-22 20:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
インターハイが終了したのも束の間、420級戦線は来年へ向け、早くも戦いが始まった。2017~2018年シーズン最初のビッグレース第30回全日本420級選手権大会&女子選手権&第3回U-17選手権が、鳥取・境港公共マリーナで開催され、全10レースを消化し、決着した。

今年の全日本は、420級ワールド(豪・フリーマントル)最終選考を兼ねると共に、来年の2018ワールド(米・ニューポート)へ向けての最初の権利争いとしても、重要な大会となった。
20933975_1129944750474181_8691431333062099360_o.jpg
【境港にしては穏やかなシリーズだったか?】 ※鳥取県連より

レースは、7月葉山全日本FJに続き、本多佑基/上田健登(中村学園三陽)が、貫禄のレースをみせ、FJ・420全日本ダブルタイトルに輝いた。

※入賞チームは以下の通りである。



※【最終成績】 (44艇参加)
20915542_1130901843711805_8707207858898561076_n.jpg
【後続を大きく離した本多/上田ペア(中村学園三陽) 格が違った】

①本多 佑基/上田 健登   (中村学園三陽)
22点(2-6-1-5-1-(13)-1-(BFD)-1-5)
②大石 駿水/吉井 稀世輝  (霞ヶ浦)  ※U-17優勝・ワールド出場権獲得  
44点(1-2-5-4-4-2-15-(BFD)-11-(29))
③谷口 龍帆/伊藤 百矢   (津工業)  ※ワールド出場権獲得(OPEN)   
45点(6-7-2-(21)-2-3-14-(BFD)-3-8)
④玉山 義規/内貴 航路朗  (山口県連) ※U-17 2位(JOCで獲得済) 
47点(5-(15)-11-2-6-5-12-2-4-(16))
⑤長谷川 真大/石川 和歩  (香川県連) ※U-17 3位・ワールド出場権獲得  
51点(4-(18)-4-8-10-6-5-3-(16)-11)
⑥日野 ひより/福田 ゆい  (鳥取県連) ※女子優勝(ワールドは辞退)  
54点(3-3-10-(20)-(39)-18-11-5-2-2)

※本多/上田の圧勝に終わったが、FJ・420両全日本を勝った選手は他にはいないだろう。おそらく最初で最後のダブルタイトルホルダーとなったのではないのか?

しかし、今大会目立ったのはやはり下級生の活躍だろう。関東大会でも良いレースをみせた大石/吉井(霞ヶ浦)や、インターハイFJ級10位の長谷川/石川(香川県連)、既にワールド権利を獲得している玉山/内貴(山口県連)の新たな強力チームが出てきたことは非常に頼もしく、来年へ向けても活躍を期待したい。



※【最終成績表】

2017 420全日本最終成績

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/367-c38d5bb3