FC2ブログ
2017-08-23 18:00 | カテゴリ:470
2017年・夏は、注目大会が目白押し!東京五輪を見据え、8月開催となった全日本470が終了したのも束の間、続けざまに2017 470 Junior World Championshipが江の島ヨットハーバーにおいて開催される。(8/26~9/2開催)

岡田/木村
【昨年は日本人初制覇の快挙を達成!岡田奎樹/木村直矢ペア】※BHMより

昨年のドイツ・キール大会では、岡田奎樹/木村直矢(早稲田大/日本大))が日本人初の金メダル獲得の快挙。そして高山大智/高柳 彬(Yamaha Sailing Team Rev's(日本大)/日本経済大)が銅メダル獲得と大きな話題になったが、今年は日本開催とあって、2年連続の日本勢制覇が期待される。

地元開催とあって日本勢は男子24チーム、女子9チームがエントリー。しかも出場チームは、私がインターハイ・インカレなどで見てきた選手ばかり。従って普段高校生・大学生の記事しか書かない私も無視する訳にはいかない。(応援するつもりで)まずは日本チームを紹介してみることにしましょう。



※【江の島ジュニアワールド日本チーム一覧】
日本選手団



※【男子展望】(41艇エントリー)

男子は41艇エントリー。ディフェンディングチャンピオン岡田奎樹(早稲田大)は、直前の全日本470において最年少記録ならびに、史上4人目となる大学生初優勝を飾った。しかも今年は、海外勢も多く参戦した特殊な全日本とあって、より価値ある勝利だったのではないだろうか?

もちろん連覇をかけることになるが、今回のクルーは早稲田大期待のルーキー松尾虎太郎である。松尾は高校時代にはインターハイ・国体などのタイトルを獲得した名選手だが、クルーでも2014年ユースワールド420級で銅メダルを獲得した有望な選手であり、期待できるであろう。

そして昨年銅メダルに輝いた高山大智(Yamaha Sailing Team Rev's(日本大))は、昨年岡田のクルーとして金メダルに輝いた木村直矢(Team ABeam(日本大学))と再結成。昨年の蒲郡全日本インカレでは世界レベルの走りを披露し、さすがと思わせた。

さらには学生ではトップクラスであり、クルーは昨年の銅メダリスト平野 匠/高柳 彬(日本経済大)を筆頭に、全日本個人戦で優勝した有岡 翼/大野将寿(関西学院大)、3位の楠瀬和旺/玉井瑛士(明海大)、4位の矢野航志/原田勇毅(同志社大)以上学生上位陣がどこまで通用するのか?

迎え撃つ海外勢のエントリーをみると昨年大会トップ10のほとんどが参戦。メダルレースでトップフィニッシュし、準優勝となった
David CHARLES/Alex CHARLES(スペイン)を筆頭に、惜しくもメダルに届かなかった4位のGuillaume PIROUELLE/Valentin SIPAN(フランス)、5位のGiacomo FERRARI/Giulio CALABRO'(イタリア)、6位のMaor ABU/Yoav ROOZ(イスラエル)が、逆転候補なのか?



※【女子展望】(27艇エントリー)
20933778_1560191054040315_6206275033334590129_o.jpg
【学校の垣根を越え結成!田中美紗樹/工藤彩乃ペア(早稲田大/日本大)】※BHMより

男子は24チームの大選手団であるが、女子は僅か9チームと日本女子の選手層の薄さが浮き彫りになっている感じではあるが、ようやく期待がもてる若手が出てきた2チームにまずは注目だ。2015年唐津420級世界選手権で日本女子初のメダリストとなり、昨年の全日本女子470優勝の田中美紗樹/工藤彩乃(早稲田大/日本大)と、高校時代は420級でインターハイ・国体を二連覇の大記録を作り、直前の全日本では日本女子最高位の宇田川真乃/関 友里恵(Yamaha Sailing Team Rev's)に期待である。

20935111_1561147283944692_1133648973519366250_o.jpg
【五輪出場へ向け活動中!宇田川真乃/関 友里恵ペア(Yamaha Sailing Team Rev's)】※BHMより

またこの大会過去2年連続で出場の林 優季/西代 周(明海大職員)や、全日本個人戦で女子唯一の入賞、中山由紀美/盛田冬華(日本大/法政大)にも期待しよう。

しかし海外勢は、昨年優勝のSilvia Mas DEPARES/Paula Barcelo MARTIN(スペイン)を筆頭に、準優勝Marina LEFORT/Lara GRANIER(フランス)、4位のBenedetta di SALLE/Alessandra DUBBINI(イタリア)、8位のIlaria PATERNOSTER/Bianca CARUSO(イタリア)と強豪が目白押し。

※果たして日本勢は割って上位に入ることができるのか?

とにかく出場日本選手、特に学生はなかなかこのような大会を経験できることは少なく、非常に羨ましい。是非とも最高のパフォーマンスをみせて欲しい。私は応援している。


以上


※2017 江の島ジュニアワールド公式HP


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/368-7c6a386f