FC2ブログ
2017-09-02 19:30 | カテゴリ:470
東京五輪を見据え、最初の国際レースとなった2017 470 Junior World Championshipは、台風15号の影響を受け、スーパーハードなコンディションながらも予定のレースを全て消化し、決着した。

21122688_1568403473219073_2536585772608397322_o.jpg
【2年連続メダルは快挙!高山大智/木村直矢ペア】※BHMより

期待された日本選手団は2年連続の制覇とはならなかったものの、男子では高山大智(Yamaha Sailing Team Rev's(日本大))/木村直矢(Team ABeam(日本大学))ペアが、両者それぞれ昨年の銅メダル・金メダルに続く2年連続獲得は日本勢にとっては快挙となった。

またディフェンディングチャンピオン岡田奎樹/松尾虎太郎(早稲田大)は、メダル獲得とはならなかったが6位入賞と意地を見せ、地元五輪へ向け頼もしい若手が出てきたことは、嬉しい限りである。

21269699_1244692288991237_947749481_n.jpg
【銅メダルを獲得した高山(右)と木村】 ※まんぞーマガジンより

銅メダルを獲得したヘルムスマン・高山大智は、別府ジュニア時代にOPワールドに出場、和歌山・星林高入学後はダブルハンドにも挑戦し、頭角を現す。2014年江の島インターハイFJ級で準優勝、翌年の唐津420級ワールドでは日本人初の金メダル獲得となり、日本大学入学後はYAMAHAチームにも所属し、東京五輪を目指し活動中である。

またクルーの木村直矢は兄・俊介、姉・恵理の影響を受け、霞ヶ浦高入学後ヨットを始める。運動能力も抜群であり、2年次の関東大会では並みいるジュニア出身選手を蹴散らし、オールトップで優勝と脚光を浴びる。日本大学入学後もインカレで活躍の合間に自身で福岡・和歌山などに出向き、さらにレベルアップ。昨年のジュニアワールドでは岡田奎樹のクルーとして初の日本人制覇を果たす。現在はチーム・アビームにも所属し、リオ五輪代表・土居一斗のクルーとして東京五輪を目指している。

両者が本格的にペアを組んだのは昨年の蒲郡全日本インカレであった。今回と同じような爆風のコンディションの中で、全11レース中7回のトップフィニッシュと圧巻の走りをみせ、日本大クラス優勝に大きく貢献した。

急造ペアながらもここまでの成績を出せるのは、個々のレベルが高いことを裏付けているのではないだろうか?

※2年連続のメダル獲得おめでとう!


※日本チームの成績は以下の通りである。



日本選手成績

※男子はメダルレースに出場できたのは2艇、女子は宇田川/関が惜しくも届かず11位となる。様々な評価があると思われるが、昨年の全日本インカレでもそうだったが、強風時をいかに乗り込むのか?が課題なのではないだろうか。そのためにはより一層のパワーアップが必要不可欠であり、是非ともこの経験を生かし頑張って頂きたい。


以上



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/369-8b0803de