FC2ブログ
2018-04-05 18:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
※大盛況のびわこウィーク

九州選抜に続き、びわこウィークを引き続きご覧頂くとしよう。(3/24~26・柳ヶ崎ヨットハーバー)

この大会は、近畿・北信越勢が多く参加し、ある意味近畿インターハイ予選の前哨戦である。昨年から420級に於いては「近畿・北信越選手権」も兼ねる重要大会に成長した。さらに今年はインターハイ・インカレで活躍した山口祥世氏(長崎工業-早稲田大OG)によるセーリングクリニックも実施され、非常に高校生にとって意義のある大会ではなかったのか?

29572455_607431179599352_2168630319776505866_n.jpg
【420級スタートのシーン】※福井県連より



※【420級】(兼近畿北信越420選手権)(41艇)

※混戦を制す!

①舘 優真 /森 隆仁   (津工業) 26点(3-5-3-8-4-(UFD)-3)
②佐々木M星和/江夏 憲亨 (清風)  36点(7-1-2-2-2-(UFD)-22)
③蔵田 翔也/後藤 滉介  (清風)  36点(1-3-(23)-3-5-19-5)
④篠倉 なつみ/井口 七海 (半田)  37点(2-(18)-7-1-12-14-1)
※女子ペア最高位
⑤福田 新之介/金丸 隼也 (芦屋)  40点(6-2-4-7-(17)-7-4)
⑥松岡 慧人/小椋 支温  (芦屋)  48点(8-6-11-6-(13)-8-9)

※序盤、清風勢がリードしていたものの、最終レースが勝負の分かれ目となった。津工業の舘/森が優勝、2位・3位は清風勢となる。女子ペアでは半田2艇が健闘。篠倉/井口が2度のトップで4位、山本/和田が9位と今後も注目である。

BW420.png


※【FJ級】 (16艇)

※女子ペアが完勝!

①渕上 桃羽/岩松 青委  (芦屋)   6点(1-1-1-1-1-1-(4))※女子ペア
②古田 陸 /齊藤 夏輝  (芦屋)  16点(2-3-2-4-3-2-(6))
③川上 昂輝/中野 隼斗  (津工業) 20点(6-2-3-2-(8)-5-2)
④大谷 康太/藤井 葵   (宮津)  26点(3-5-(10)-8-2-3-5)
⑤木村 颯太/宮原 京介  (津工業) 29点(4-6-6-3-6-4-(STP))
⑥河崎 姫弓/後石原 優奈 (羽咋工業)33点(5-8-9-6-4-(13)-1)※女子ペア

※女子ペアが大活躍!渕上/岩松(芦屋)がカットを除きオールトップで快勝!唯一トップを逃した最終レースは河崎/後石原がトップフィニッシュを獲得し、女子ペアコンプリートと驚きの結果であった。

BWFJ.png


※【シングルハンド級】 (43艇)

※4艇による争い!

①西口 将司    (津工業)   17点(1-4-4-3-3-2-(16))
②箕西 研晃    (星林)    18点(2-6-1-1-1-(10)-7)
③小林 奏     (宮津)    21点(3-9-(12)-2-4-1-2)※女子最高位
④東郷 郁也    (芦屋)    24点(5-3-2-6-7-(22)-1)
⑤森下 晟凪    (津工業)   42点(6-1-(RET)-5-2-13-15)
⑥岡崎 竜也    (膳所)    44点(4-10-5-8-6-(11)-11)

※西口、箕西による争いであったが、箕西が後半失速し、西口に軍配が上がる。3位の小林は女子最高位と健闘した。しかし43艇となったシングルハンドクラスとなったが、高校ヨット界の明るい未来を予感させるシリーズとなったことは間違いあるまい。

BWS.png


以上



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/382-737ac8df