FC2ブログ
2018-06-21 16:00 | カテゴリ:インカレ
高校生のインターハイ予選が一段落したので、大学生に目を移すとしよう。学生ヨット界もいよいよ前半戦の大一番がやってきた。2018年度関東学生ヨット個人選手権大会が開催されようとしている。(江の島ヨットハーバー、470級・6/23~24、スナイプ級・6/30~7/1開催・全8レース制)

N1806090192_convert_20180621151227.jpg
【今年の関東№1はどのチームになるのか?】 ※この記事の写真は羽田氏より

タイトル通り個人による戦いであり、チームメイトもライバルとなるこの大会、今年は各クラス上位20チームが8月末から開催される全日本学生ヨット個人選手権大会(8/30~9/2・若洲ヨット訓練所)出場の権利を得ることになる。(※今年は関東開催となったので18枠+2枠となる)

※今年の関東チャンピオンはどのチームになるのか?を簡単に展望させて頂くとする。(裏開催で全日本女子インカレ予選会も実施されるが、こちらは省略させて頂く)



※【470級展望と解説】 (99艇エントリー)

※連覇なるか?
N1806090640_convert_20180621151753.jpg
【連覇を狙う楠瀬/玉井ペア(明海大)】

この大会は各校エントリーが無制限であることから、団体戦に出場できない選手も参加できるのが特徴であり、今大会470級のエントリー数はなんと99チーム。ディビジョン分けなどは一切せず、ビッグフリートでの戦いとなる。

昨年は明海大の楠瀬和旺/玉井瑛士(4年・唐津西/4年・磯辺)が同校個人戦初制覇となり、全日本でも3位入賞と活躍。今年に入っても春インカレで個人成績トップと全チームの中で№1の実力だ。今年は連覇を懸けて臨むことになる。このチームを破るとしたらどのチームなのか?有力チームを挙げてみたい。

※女子スキッパー強し!
N1806090239_convert_20180621152050.jpg
【470級2人目の女子による制覇なるか?田中/嶋田ペア(早稲田大)】

春インカレでもそうだったように今年は特に女子スキッパーの活躍が目立つ。春インカレでは上位成績6チームの内4艇がそうであり、「男子は何をやってるのか?」と言いたくもなるのだが、それだけ女子のレベルが特に高い。470級の関東フリートレースがここまで3回開催されたが、この傾向は変わりなく、2013年大会で山口祥世(早稲田大)以来の優勝チームが出るような気がしてならない。

その筆頭はやはり早稲田大の田中美紗樹/嶋田篤哉(3年・関西大第一/3年・鎌倉学園)となるだるう。前出のフリートレースでは常に上位であり、優勝しても不思議ではない実力である。また同校からは元津志緒/古橋捷太(4年・長崎工業/4年・早大学院)も成績が安定しており、田中に負けじと頑張ることだろう。

N1806090367_convert_20180621152441.jpg
【最上級生としては負けられない中山/中村ペア】(日本大)

続いては春の女子インカレでは3位と敗れたが、団体戦では個人成績2位だった日本大の中山由紀美/中村大陽(4年・唐津西/2年・磯辺)も引き続き好調。同じ日大からはスキッパーになり気合いが入っている宮野菜々/服部勇輝(4年・磯辺/3年・土浦日大)も楽しみだ。

そして女子といえばまずは明海大である。春女子インカレで優勝した鍋岡 薫/戸井瀬亜(4年・羽咋工業/4年・相良)や、春決勝個人成績6位の花井静亜/鈴木真人(3年・海津明誠/3年・磯辺)と団体戦のように楠瀬に続けるのか?

さらには今年の法政大は全てスキッパーが女子であり、昨年春女子インでも優勝した赤嶺華歩/盛田冬華(3年・別府青山/2年・磯辺)や、足立茉莉花/田口大雅(4年・別府青山/3年・川越東)あたりまでが上位候補か?

※団体戦では女子の活躍が目立っているので男子が霞んでしまっているが、やはり昨年全日本団体戦で優勝した慶應義塾勢は外せない。主将の村瀬志綱/兼子 烈(4年・塾高/1年・塾高)を始め、柳内航平/武内元彦(3年・塾高/4年・塾高)、吉村彰人/小森瑛祐(3年・塾高/1年・逗子開成)、高宮豪太/久保田空(2年・塾高/3年・塾高)この4チームは経験ある1年生クルーを起用し、この大会で浮上したい所だ。

※そして今年の新入生は有望な選手が目立つ代である。

N1806100338_convert_20180621154826.jpg
【1年生制覇なるか?西村/秦ペア(早稲田大)】

早稲田大からは2年次にインターハイ優勝・春インカレでも個人成績6位の西村宗至朗/秦 和也(1年・清風/3年・早大学院)や、昨年の高校三冠王・蜂須賀晋之介/吉村 大(1年・霞ヶ浦/3年・浦和)。慶應からは一昨年FJ級で準優勝した小木曽涼/出本稜太(1年・塾高/2年・慶應志木)、日本大からは昨年のインターハイ420級3位・本多佑基/濱野舜斗(1年・中村学園三陽/3年・大湊)辺りまでが予選突破なるか?

※有力選手や期待のチームを挙げてみたが、優勝争いは楠瀬が中心、田中が逆転候補の筆頭と申し上げておこう。優勝争いはもちろんなのだが、各校何艇通過できるのか?にも注目である。

※【各校通過予想】

早稲田大  4(6もありうる)
慶應義塾大 4
日本大   4
明海大   3
法政大   2
明治大   1
中央大   1
千葉大   1
東京大   1

※こんなとこだろうか?しかしこれだけのビッグフリートだとなにが起きるかわからない。是非とも予選突破できるよう皆さん頑張って欲しい。

以上




※【470級エントリー表】
無題



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/390-cb335d72