2018-06-29 12:00 | カテゴリ:インカレ
関東個人選手権は先週470級が開催され、今週末はいよいよスナイプ級だ。今年の同級のエントリーは470級に負けない97艇と大盛況だ。これはそれだけ各校部員数が増えていることを意味しているのであり、大変喜ばしいことである。

N1707020094_convert_20180628035950.jpg
【昨年のスタートシーン、いかに混戦を抜け出せるのか?が重要】※この記事の写真は羽田氏より

※スナイプ級ではどのチームがチャンピオンになるのか?早速展望に入ることにする。



※【スナイプ級展望と解説】(97艇エントリー)

※主力級が激突!
N1805270076_convert_20180628040226.jpg
【春インカレ個人成績トップの村上/村瀬ペア(日本大)】

春インカレの団体戦では日本大が、オープニングレースよりパーフェクト発進を始め、一度もトップを明け渡すことなく優勝と実に強いレースを見せ、今シーズン幸先良い滑り出しとなった。同校は8艇のエントリーである。

その立役者となった主将・村上義龍/村瀬奏斗(4年・宇土/3年・碧南)はもちろん優勝候補、個人成績3位の池田紅葉/玉山郁人(4年・横浜創学館/2年・中村学園三陽)、個人成績6位、その後の関東フリート関連でもまずまずの矢野伸一郎/吉永 温(3年・和歌山工業/2年・磯辺)この3艇の上位進出は間違いないところだ。ここに植木武成/花田将義(4年・磯辺/2年・光)も加わり、4艇全日本進出は濃厚である。

N1805270479_convert_20180628040321.jpg
【2年生優勝となるのか?松尾/安田ペア(早稲田大)】

続くは春インカレでは日大に完敗してしまった早稲田大、6艇エントリーだが、春インカレ以降は少し様子が違う。470のクルーで出場した松尾虎太郎/安田海人(2年・光/3年・西大和学園)はスナイプに戻り、各種レースで暴れまくっている。第3回江の島スナイプ2位、湘南フェスティバル優勝、関東スナイプ5位と強い強~い社会人相手に健闘。昨年のルーキーイヤーでもいきなり関東スナイプで優勝した実力の持ち主、まさに優勝候補筆頭である。

続くは春インカレ個人成績2位、その後のレースでも活躍の入江裕太/原潤太郎(3年・逗子開成/3年・早大本庄)も松尾同様、引き続き好調、全チームを見ても成績は実に安定しており、ここも優勝候補の一角である。

もちろん主将であり春インカレ個人成績4位の岩月大空/三宅功輔(4年・碧南工業/4年・早大学院)も併せ、3艇は日大同様盤石であろう。

ここに春インカレはレギュラーで出場した谷川隆治/海老原崇(2年・稲毛/3年・川越東)や、ルーキーの尾道佳諭/神宮泰祐(1年・光/4年・早大学院)を加え、チーム編成もバランスが取れている印象であり、470同様5艇通過となるのか?

続くは春インカレでは日大・早稲田には及ばなかったが、3位の中央大も両校に引けを取らないレースをしており、今シリーズも楽しみだ。女子三強の一角・岸 祐花/清田 司(4年・相模原/4年・鎌倉学園)を筆頭に、春インカレ個人成績5位・高山颯太/齋藤健斗(2年・金井/4年・気仙沼)や山内健史/櫻井 亮(3年・磯辺/3年・城北埼玉)も安定しており、3艇通過は間違いないところか?

ここ数年は関東の中心であった慶應義塾大は、7艇エントリー。春インカレ4位と同校にしてみれば不本意な結果であったが、その後のレースでは浮上の兆しが見え始めている。春インカレでも連続トップフィニッシュした岡 豪太/曽我駿亮(4年・公文国際/3年・塾高)を始め、加藤 卓/門脇広大(2年・宮古商業/2年・駒場東邦)、玉山裕登/小川昭人(3年・名古屋/4年・塾高)この3艇の通過が現実的か?

※ここまで日大4・早稲田5・中央3・慶應3・計4校15チームを挙げてきたが、これが順当なら残り枠数は5であり、ここからは上記4校以外の有力チームを挙げていくことにする。

N1805270472_convert_20180628040426.jpg

一番外せないのが女子インカレ戦線2連勝・明海大の花本菜美/岩井祐樹(4年・聖光/4年・磯辺)は絶好調だ。特に先週の女子インカレ予選で日大・池田/林のゴールデンコンビを破ったのは評価に値するだろう。第3回江の島スナイプでも4位となるなど、男子相手でも勝負になるだろう。

明海を含め、シード校からは法政、明治、東京大この4校は最低でも1艇は中心チームがおり、通過できるのではないだろうか?法政・東大は2艇通過の可能性もあり、積み上げられるのか?470級ではノーシード校からは、東京海洋大・東京大それぞれ1艇が進出したが、スナイプでは立教・関東学院・東京海洋・成蹊この4校から可能性はもちろんあるが、上位校チームのミスが絡まないとかなり苦しいか?

※【結論】

※以上であるが、優勝チームは日大、早稲田から出るのはほぼ間違いないだろう。その筆頭はやはり松尾/安田(早稲田)、入江/原(早稲田)、村上/村瀬(日大)辺りまでか?

ここに女子三強・花本(明海)、池田紅(日大)、岸(中央)が絡んでいけるのか?が見所である。

※【各校通過艇数予想】

早稲田大   5
日本大    4
中央大    3
慶應義塾大  3
法政大    2
明海大    1
明治大    1
東京大    1

※こんなところだろうか?明日ははどうやら良い風に恵まれそうだ、是非とも頑張ってほしい。


以上


※【スナイプ級エントリー表】
スナイプ級


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/392-2827b09c