FC2ブログ
2018-08-19 05:00 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
男子420級に続き、女子420級はどうだったのか?展望で私はどこが勝つのかわからないと結論づけた。しかし終わってみれば・・・?早速レース推移をコンバインドと併せて振り返るとしよう。
USER0788_20180819034423a53.jpg
【女子420級のレースシーン】



※【レース推移】

8/13(火) 天気・快晴 気温33℃ 風向290~240° 風速4~7m/sec

今年も女子からレースが始まる。翌日以降のコンディションを考え、いきなり3レース実施となった。例年通りのシーブリーズながら、風速は強めの中でレースは始まる。

USER0784.jpg
【快走!初日トップに立った青山/福田ペア(霞ヶ浦)】

初日3レース2-1-1の4点と圧巻の走りをみせ首位に立ったのは、昨年12位の青山瑞希/福田桃奈(霞ヶ浦)であった。4-2-2の8点で夛田晴香/林 千華(高松商業)が2位、5-6-6-の17点で山本 茜/和田桃佳(半田)が3位と続いた。

IH8_0136.jpg
【上位で安定し総合2位の夛田/林ペア(高松商業)】※WSCより

ところがこの3チーム以外は出入りが激しく、昨年のFJ級優勝・蓮/坂巻(霞ヶ浦)は6位スタート、愛媛国体優勝の中山/西分(唐津西)は4位スタートも早くも首位と13点差、そしてこちらも優勝候補の一角であった長崎工業2艇も凸凹順位と苦しい戦いとなってしまう。

USER1105.jpg
【実力を出し切った総合3位の山本/和田ペア(半田)】

8/14(水) 天気・快晴 気温33℃ 風向265° 風速3m/sec

前日3レース実施された為、この日の女子は1レースのみ。第4レースでは暫定1~3位は7・8・9位と若干の失敗レースになったものの総合順位は変動せず。一方、このレース3位フィニッシュとなった高商の2番艇宮本/銭谷が総合5位に順位を上げ、コンバインド順位が霞ヶ浦と同点となる。またしても因縁の対決かに思われたが・・・?

8/15(木) 天気・くもり 気温31℃ 風向170~190° 風速4~3m/sec
USER1005.jpg
【4位入賞とコンバインド優勝に大きく貢献した篠倉/井口ペア(半田)】

男子同様難しいコンディションとなった第5・6レースで、首位の青山/福田は連続のトップフィニッシュとなり、最終レースを待たずに優勝確定。暫定2位の夛田/林もほぼこの順位が確定、3位に山本/和田がキープ、一方でコンバインド戦線が熱い展開となる。

USER1012.jpg
【総合6位の宮本/銭谷ペア(高松商業)】

半田の篠倉/井口が4-7にまとめ、カット後4位まで浮上、高松商業の宮本/銭谷は6位に後退、従ってこの時点で半田が1点差の首位に躍り出る。ところが前日首位タイだった霞ヶ浦は、蓮/坂巻がリコールや二桁順位を叩き、10位となってしまい、コンバインド優勝は絶望的となる。

最終日は既にご存知の通り、雷雲の影響で出艇が遅れ、さらには最終日は男子から実施された為、時間切れとなり第6レースまでの順位で確定した。

※簡単なレース推移であったが、優勝校及び入賞校の顔ぶれを見ていくとしよう。



※女子でも2年生ペアが制覇!
USER1254.jpg
【420級4度目の開催で3勝目!優勝した青山(右)/福田ペア(霞ヶ浦)】

終わってみれば圧勝だった。優勝したのは霞ヶ浦の青山瑞希/福田桃奈の2年生ペアであった。ライバルが続々と脱落していく中で4回のトップフィニッシュを含むオールシングルの圧勝劇。勝因は課題だったコース取りに改善がみられ、レベルアップしたことであろう。

スキッパーの青山は地元茨城ジュニアの出身ではあるが、主たる成績は残していない。クルーの福田は彼女の叔母様が伊勢崎監督と知り合いだった縁でヨットを始めた。来年開催される茨城国体で優勝することを目標として結成されたチームなのだ。

中学3年から結成し、昨年の関東大会では優勝。さすがにインターハイ・国体では振るわなかったが、今年に入りJOCでは6位入賞と着々とレベルアップしていった。しかしながら今年の関東大会では自分たちのレースができずある意味惨敗。しかしその後レベルアップしたのはコース取りや福田のスピンワークをみれば一目瞭然であり、見事な勝利であった。

霞ヶ浦女子は420級4年間で3勝と全国的にみても女子の中心であることは間違いないだろう。まだこのコンビは2年生であり、来年は偉大な先輩・宇田川真乃と同様の連覇を目指す。

完璧なレースだった、優勝おめでとう!



※創部70年にして初優勝!
USER1181.jpg
【初優勝した半田女子チーム、後ろ4名がレースメンバー、中央は顧問の山本 輝監督】

女子コンバインドの結果を見て、驚いた方はたくさんいらっしゃるだろう。優勝したのは半田(愛知)であった。女子強豪の霞ヶ浦や高松商業を破ったのだからこれは殊勲の大勝利なのである。

420級で3位となった山本 茜/和田桃佳と4位の篠倉なつみ/井口七海この2チームで創部70周年の記念すべき年に初優勝を果たした。勝因は自分たちの持っている力を出し切れたからではないのか?

春先のびわこウィークでこの2チームは活躍し始めてから私も注目していた。5月の強風下の蒲郡でも男子を上回る成績、そして東海予選でも男子を退けてワンツーと荒削りながらもメダルには手が届くと私は思っていた。

インターハイ前にもJSAFシーマンシップアカデミーで中村公俊氏にコーチングを受け、さらには翌週には同校OBであり、現早稲田大ヨット部監督である関口功志氏も駆けつけた。具体的な言明は避けるが、レースの戦い方をレクチャーされたようだ。これは結構難しい内容だったはずだが、彼女達は理解し実行できたこともこの勝利に繋がったといえるのではないだろうか?

半田高校ヨット部を紹介すると昭和23年(1948)創部。主な卒業生には小説家でもあり、スナイプ西半球選手権日本人で初の優勝を果たした二宮隆雄氏を始め、現在も国体で活躍している永井久規氏、レース運営のスペシャリストIROである岡田 彰氏などである。

クラブは自主運営が基本であり、監督・コーチから指示されるのでなく、全てを自分たちで考え、話し合い、行動する。どうしても自分たちだけで結論が出なければ、監督・コーチに助言を求めるそんなスタイルなのである。

今年の3年生女子は8名であり、仲の良さもあったが、1年生の時からインターハイ優勝を目標としていた。またレギュラー2艇の他にも同等の実力だった森本遥香/林 舞子ペアもおり、戦力はもちろんのこと、チームワークの良さも勝利に繋がったのではないのか?

ノーレースが決まった時の彼女達の涙が実に印象的であり、私も感動してしまった。

本当に初優勝おめでとう!



※3種目準優勝!
USER1262.jpg
【男子コンバインドを含め、4種目で準優勝!高松商業の皆さん】

420級では昨年圧勝した高松商業から夛田晴香/林 千華が霞ヶ浦に及ばなかったが、見事準優勝を飾った。また宮本 和/銭谷明莉も6位入賞とコンバインドでも準優勝。そして後述するがレーザーラジアルでも石田穂乃香も準優勝と3つの種目全てで準優勝と今年も高商の強さをみせつけた。

5人とも高校から始めた選手ばかりであり、この成績は本当に素晴らしい。同校は和歌山開催となってから3位以内が6回と女子強豪校に復活。部員も多いこともあり、レギュラーはほぼ3年生に限定される中で毎年注目チームが出てくるのだから驚きだ。もちろん実力もあるが、和歌山の海面は香川勢にとって合っている海面なんだと改めて確信した。

樋上聡史監督はシルバーコレクターと自虐的な表現をしたが、昨年は36年ぶりの優勝を果たした訳だし、優秀な指導者であることは間違いない。来年にも期待である。


※女子コンバインドで入賞したのは4位長崎工業・5位唐津西・6位別府翔青と全て九州勢、この内唐津西だけが420とラジアルで他はすべて420二艇での入賞となった。女子でも420で2艇通過すれば上位進出は間違いないところだが、男子に比べ全体の枠数が少なく、鍵は水域予選でいかに2艇通過できるのか?ではないのか。こちらも是非とも来年へ向け参考にして欲しい。


※男女レーザーラジアル級へ続く~

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/398-083ef55f