2012-09-26 08:00 | カテゴリ:高校ヨット部はどこへ行く?
皆さんは巷で『セーリング』の宣伝は見たことがあるだろうか?少なくとも私はない。重 由美子さんや関 一人君がメダルを取った後でもどうだろうか?私は変わってないように見受けられる。

まず「セーリング競技」を世間に知らしめることを改めてしなければならないのではないか?
競技人口がジュニア~ユースクラブ・高校ヨット部合わせてもたった2000人しかいない稀有なスポーツなのだ。(陸上なら15万人の競技人口)

「アメリカズ・カップ」参戦の時も「クルー発掘プロジェクト」を実施し、各マスコミに注目を浴びたのではないのか? 若い世代でもやり方次第では集まると思われる。

①体育の教科書に「セーリング」を紹介する。

オリンピック種目なのだからこれくらいしても当然だろう。

②試乗会を積極的に実施

ヨットハーバーだけでなく、海水浴を利用。浜からでも良いし、境界線にフロートを用意しても良いので体験乗船して頂く。
東京なら、若洲だけではなく、お台場海浜公園などの人が集まる場所で実施する。

※大人でも、子供でもまずセーリング競技の認知が必要なのである。(ボート競技を混同してる人は減る)

③オリンピック選手プロジェクトの実施

『セーリングでオリンピックを目指そう!』などのフレーズでジュニアセーラーの獲得、高校生部員の確保などやり方はいくらでもある。

※先日の若洲で開催されたプレ国体で、あるヨットを知らない高校生の補助員数名が、私にヨットの質問をしてきた。その高校生達は、「こういうスポーツがあるのは知らなかったと言っていた」。それだけ宣伝は足りないし、大々的に取り組まなければ、競技人口はさらに減る⇒オリンピックで勝てない⇒予算は下りないと、悪循環になってしまうだろう。

高校ヨット部の問題から多少ずれてしまったが、その根本にはこれだけの問題があると思われるのである。

しかし高校ヨット部の部員が多い学校は実際ある。やり方次第でどうにでもなるのではないか?

JSAF・都道府県連・高体連など結束して、現状を打開してもらいたいと思う次第である。


おわり


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/55-2381e362