2012-09-26 12:00 | カテゴリ:インカレ
004.jpg
今回、久々に女子インカレを観戦させて頂いた。実をいうと、私が卒業後少しの期間ではあったが、「関東女子学連」をお手伝いしたこともあり、思い入れもある。また、このタイトルがまだ続いてるということは非常に喜ばしい限りである。

今回、外道無量院氏に総括をお願いしたが、私は、別の視点から感想を述べたいと思います。


◎女子のレベルは格段に上がった?

このタイトルの当初は、まともにスタートが出来てないチームが多く、レベルアップが必要な時代だったが、本インカレでも女子が活躍できる選手が多くなったように、レベルが上がったのは事実である(男子のレベルが下がったと言う見方があるがそうではないと思う)。
スタートがどのレースも「ジャストスタート」と私もビックリした位のうまい選手が多数いた。

◎今の学生は帆走指示書を読まないの?

前回の蒲郡でも第①レースでフィニッシュライン間違い事件が起きたように、今回も第①レースの③マークでトップの3艇が間違える事件が発生。なんとももったいない話である。本当に帆走指示書を読まないのか?全く理解不能である。

◎ルールブックを読んでますか? 理解していますか?

今回、最も残念だったのは、ある優勝争いをしていたチームが良い順位で推移してたのにもかかわらず、チャーリー(C旗)だったのに旧マークを回って失格となってしまった。
さらに最終レースでも470はチャーリーだったが、風が振れ戻り、スナイプは実施しなかった。しかし残念ながら1艇が間違えるチームが出たことは非常に残念だった。
こんなことで負けてしまったではどうしようもないのではないのか?理解できないのなら判る方に聞くのが当然だろう。

◎レース運営はJSAFに準じて実施すべき?

・最初に驚いたのは、第④マークの位置だった。③マークの横に設置されており、ある意味これが間違いを誘発してしまったものと思われる(しかし③と④ではマークの形が違う為、普通は間違えない)
また帆走指示書のコース図におおよその角度も示されていない。関東学連特有の角度(50・80・50)で実施されているのだから、これくらい表示しても当然なのではないか?

・関東学連の運営は、「学生主導」の考え方なので、変な考え方が残っているようである。先ほどの④マークの位置、スタートラインの短さ(1.2?とか意味不明な乗数)を見ても、運営のスタンダードが理解されていないことがわかる。JSAFのレース委員会を招聘し勉強会をすべきである。


◎関西学院大の3連覇の要因とは?

・今回、史上初の3連覇を果たした関西学院大だったが、実力もあったが、陸でのきびきびとした動き、選手からマネージャーに至るまで強い結束が私にもはっきりと見えた。こんな精神論は古いかもしれないが、実際全日本インカレで総合優勝するチームでまとまりのないことは絶対にない。このような結束力も学生ヨットでは非常に重要であることを改めて感じさせてくれたシリーズだった。

※関西学院大の諸君、見事な3連覇、おめでとう!


※次回はいよいよ最終決戦、『全日本インカレ』だ。展望と解説は外道無量院氏と対談する予定であります。ご期待ください。
015_20120926130543.jpg

アクセスランキング
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/56-1a9ef01b