2012-09-29 10:00 | カテゴリ:インカレ
biwako2.png

※Part1.2では、大きく歴史を振り返ってみましたが、やはり重要なのは、直近5年間であろう。まずは分析の前に成績をご覧頂くこととする。

2011(江の島)
【S】 ①日本大  ②早稲田 ③同志社 ④慶應義塾 ⑤関西学院 ⑥福岡大
【470】①関西学院 ②日本大 ③早稲田 ④法政大 ⑤慶應義塾 ⑥日本経済大
【総合】①日本大 ②関西学院 ③早稲田 ④慶應義塾 ⑤同志社 ⑥立命館大 

2010(蒲郡)
【S】 ①早稲田  ②同志社 ③慶應義塾 ④日本大 ⑤鹿屋体育大 ⑥金沢大
【470】①日本経済大②慶應義塾③関西大  ④早稲田 ⑤関西学院  ⑥中央大
【総合】①早稲田大 ②慶應義塾③関西大  ④関西学院⑤日本大  ⑥同志社大

2009(牛窓)
【S】 ①早稲田  ②関西大 ③慶應義塾 ④中央大 ⑤福岡大  ⑥関西学院
【470】①福岡経済大②関西学院③早稲田  ④法政大 ⑤慶應義塾 ⑥同志社
【総合】①早稲田大 ②慶應義塾③関西学院 ④関西大 ⑤法政大  ⑥立命館

2008(西宮)
【S】 ①鹿屋体育大②福岡大 ③関西大  ④立命館 ⑤早稲田  ⑥日本大
【470】①福岡経済大②関西学院③早稲田  ④同志社 ⑤明治大  ⑥慶應義塾
【総合】①早稲田大 ②立命館 ③関西大  ④福岡大 ⑤同志社大 ⑥慶應義塾

2007(びわ湖)
【S】 ①京都産業大②日本大 ③立命館  ④明治大 ⑤同志社大 ⑥早稲田
【470】①関西学院大②早稲田 ③立命館  ④同志社 ⑤福岡経済大⑥京都産業大
【総合】①京都産業大②立命館 ③同志社  ④早稲田 ⑤日本大  ⑥関西学院 

※日本経済大は学校名が改称(第一経済⇒福岡経済⇒日本経済)された。

・80年代~90年代は、まさに日大・同志社・福岡大の3強時代が長く続く。実際総合優勝は、3強と立命館大(3勝)の4校からしか総合優勝は出ていない。
しかし21世紀に入ると、琵琶湖大会で『京都産業大学』が初の総合優勝(2007年も総合優勝)に輝き、2003年に470のみだが、初参戦した『第一経済大学』が、いきなり初優勝。その後も他を圧倒、計9戦6勝と輝かしい戦績を残す。その結果、他大学は大幅な戦略変更をせざるを得なくなる。
また、再三にわたり優勝のチャンスを逃してきた『早稲田大』だったが、2008年に総合初優勝(現在のシステムになってからは初)、さらに総合3連覇まで達成し、新たな王者に名乗りを上げた。

・一方、3強はというと、昨年かろうじて日大が5年ぶりに総合優勝は果たしたが、同志社は7年、福大は8年総合優勝から遠ざかっている。福大においては今年の九州予選で470が落選。完全に3強時代は終焉を迎え、本格的な戦国時代に突入したといえるだろう。

・『関西学院大・関西大』勢も力をつけているが、総合優勝までは辿り着いていない。しかし関西学院大は470で2勝、この勝利は、日経大を破ってのことだから、価値ある勝利である。ある意味総合優勝をいつでも取れる状況にはなってるものと思われる。

・早稲田のライバル校ともいえる『慶應義塾大学』は、ここ数年、総合優勝に一番近いと思われたが、早稲田の勢いに押され涙をのんでいる。だが選手層は厚い。必ずや数年後までには、総合優勝に名乗りをあげてくるだろう。


※地元有利な琵琶湖大会、この戦国時代の様相の中で、どんなドラマが生まれるのか?非常に楽しみである。

アクセスランキング
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/59-55e042f7