2012-10-03 15:00 | カテゴリ:国体
海陽ヨットハーバー
【平成5年にオープンした、海陽ヨットハーバー・平成6年の愛知国体に続いての開催となった】

第67回ぎふ清流国体セーリング競技は、10/4~7の日程で、隣県・愛知・海陽ヨットハーバーを舞台に開催される。
台風19号が本土に接近しており、レースに影響するかは懸念される所だが、全10競技で熱戦が期待される。

そこで各競技毎に、プチ展望をしてみたいと思う。
gifu.png

①【成年男子470級】

◎新たなヒーロー誕生なるか?

オリンピック後の国体となり、リオ五輪に向けての戦いが始まる『成年男子470級』。出場選手にはロンドン五輪代表の原田 龍之介・吉田 雄悟組(※今回は原田は長崎、吉田は佐賀に分かれて出場)を始め、有力チーム揃いである。
その中で一番の注目は先日のプレ国体で強豪を破り優勝した、学生№1セーラー、土居/外薗組(福岡・日本経済大)が五輪チームにどこまで迫れるか?である。勢いもあるチームなので、「新たなスター誕生」の予感がする。
期待してみたい。

※予想

◎土居・外薗(福岡・日本経済大)
○原田・田口(長崎・㈱アビームコンサルディング/長崎自動車㈱)
▲飯束・八山(東京・エス・ピー・ネットワーク㈱)
△石川・阿部(神奈川・㈱トヨタ自動車東日本/横浜市消防局)
△市野・佐藤(和歌山・和歌山県セーリング連盟/センゴクベンダー㈱)
△河合・鷲尾(静岡・三井住友海上火災保険㈱/ヨッティングワールド)
注大津・広部(兵庫・NTT西日本/NTTドコモ)※1992バルセロナ五輪男子470級代表

②【成年女子セーリングスピリッツ級】

◎吉迫・大熊組(岡山)VS伊藤・渡邊組(岐阜)の戦いか?

先日のプレ国体で圧倒的な強さを見せた、吉迫・大熊組(岡山・ベネッセコーポレーション)が大本命であり、地元強化選手の、伊藤・渡邊組(岐阜・大垣共立銀行/共立ビジネスサービス)がどこまで迫れるか?
また、五輪メダリスト、重 由美子さんも登場、さらに学連現役・OGも有力チーム揃いである。目が離せない一戦となった。

※予想

◎吉迫・大熊(岡山・㈱ベネッセコーポレーション)
○伊藤・渡邊(岐阜・大垣共立銀行/共立ビジネスサービス㈱)
▲重・宮崎(佐賀・佐賀県ヨットハーバー/九州電力㈱)
△宮川・栗栖(和歌山・和歌山県セーリング連盟)
△矢口・板倉(神奈川・㈱ノースセール・ジャパン/グローバルコムサービス㈱)
△徳重・牟田(鹿児島・㈱セイカスポーツクラブ/鹿屋体育大学)
△内冨・矢野(山口・安田女子大学/(財)山口県体育協会)
△波多江・畑山(福岡・日本経済大学)

③【少年男子セーリングスピリッツ級】

◎3年生と下級生、どちらが制覇するのか?

今年のインターハイは稀にみる大激戦だったが、艇種が変わるとはいえ、IHの続きであることには変わりない。どのチームが優勝してもおかしくない状況である。ポイントはいかにSSに乗り慣れているかであろう。また今年は下級生の活躍も目立った。果たしてどうなるのか?

※予想

◎須河内・芦澤(神奈川・逗子開成)
○小泉・有岡(山口・光)
▲岡田・宮口(佐賀・唐津西)
△鈴木・岩城(福岡・福岡第一)
△井嶋・木村(茨城・霞ヶ浦)
△渡部・正木(愛媛・弓削商船高等専門学校)
△藤本・藤下(兵庫・関西学院高等部)
△喜田・田中(香川・高松工芸)

④【少年女子セーリングスピリッツ級】

◎インターハイ連覇の中山・眞鍋組(佐賀・唐津西)が国体でも圧倒するのか?

インターハイで安定したスコアで連覇した、中山/眞鍋組が優勝候補の筆頭。強風シリーズなら九州勢、軽風シリーズなら仲山姉妹組(山口・光)が有力だろう。今回リベンジに燃える、力石/瀬川組(兵庫・啓明学院)・平原/永松組(大分・別府青山)が中山組にどこまで迫れるかであろう。

※予想

◎中山・眞鍋(佐賀・唐津西)
○平原・永松(大分・別府青山)
▲仲山・仲山(山口・光)
△力石・瀬川(兵庫・啓明学院)
△古野・平野(長崎・長崎工業)
△根本・木村(千葉・磯辺)
△安田・近藤(岐阜・海津明誠)
△橋本・大宮(茨城・霞ヶ浦)

※シングルハンダー及び、ウインドサーフィンにおいては、正直、有力選手がわからない(五輪選手はわかりますが・・・)ので、以上とさせて頂きます。

選手の安全と健闘をお祈りいたします!
gifu.png


アクセスランキング
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/61-d7223c8f