2012-07-25 00:30 | カテゴリ:インターハイ・FJ・420
インターハイの展望と解説も最後となりました。『デュエット』の​覇権を予想したいと思います。


※デュエットは当初、ソロ競技のおまけ要素と考えられていたが、​「団体○○」との位置づけで学校名が残ることから、学校関係者の​間では好評で、近年では重要視されている。1艇参加ではまず入賞​は無理な為、覇権の権利は2艇以上参加が条件である。

※注目は中村三陽(福岡)が2度目の「3連覇」に挑戦だが、果た​してどうなるか?

【男子デュエット展望】※2艇以上参加21校

ソロ競技の予想を踏まえて、いきなり印とコメントに入ります。

◎逗子開成 須河内組・平田組とも堅実、さらに行則組と初優勝の​お膳立ては揃った。
○関西学院 西原組・藤本組とも好実績。逗子開成には引けをとら​ない布陣となっている。
▲別府青山 スーパールーキー矢野組を筆頭にあと2艇も続くであ​ろう。九州勢から優勝ならここでしょう。
△霞ヶ浦  問題は2番艇の沼崎組、ここが頑張ると優勝候補の一​角となる。
△唐津西  こちらも2番艇次第か・・・
△中村三陽 ソロでは評価を下げたが、2艇とも上位に来れば入賞​はできると思う。ただ3連覇は苦しいか?
△慶応義塾 順風までなら樋口組・佐藤組とも実力がある。関東大​会の悔しさを晴らせるか?

以上の予想となった。

【女子デュエット】※2艇以上9校

男子の21校に比べたった9校しかない女子デュエットの覇権、意​外と入賞しやすい傾向となっている。これもソロ競技の予想を元に​解説。

◎唐津西  昨年のチャンピオン中山艇とさらに2艇もそれに続く​。かなり有利だろう。
○長崎工業 1・2年生主体のチームとしてはかなり強い。ただし​強風だと評価を下げざるを得ない。
▲啓明学院 注目の力石艇、2番艇の沢田組が続く。九州を破ると​したら啓明だろう。
△光   昨年準優勝、仲山組は計算できるが、問題は2番艇か・​・?
△高松商業 微風の高松、潮流の高松と言われるほど難海面には強​い。ソロでは評価を下げてるが、まとまった順位なら上位も可能で​あろう。
△磯辺   3艇通過ながらもどうもパッとしない。紺野組が上位​なら入賞する可能性はある。

注海津明誠・宮古 両校とも2番艇次第で形勢は変わる。

※ここまで好き勝手に予想してはきたが、ヨットレースは何が起き​るかわからないのは、周知の通りである。選手の皆さんは悔いの無​いよう全力で頑張ってもらいたい。ここにも25年経っても後悔し​てる人間もいるのだがら・・・。
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/7-21aac350