2012-11-23 04:00 | カテゴリ:470
kazemati_convert_20121123035102.png
【風待ち中に急遽オリンピック選手による講義・艤装指導などとなる。この写真は原田艇。写真提供は万理子さん】

◎高松で開催されている「全日本470」はレース初日を迎えたが、懸念されたように「無風」の状況となったが、かろうじて「1レース」は成立した。2日目の状況次第となるが、多くのレースは期待できないだろう。
そこであらためて今回の「レースシステム」をおさらいしておくことにする。

①まず77艇を4つのブロックに分け、2ブロックずつの予選レースとなる。(最大7レース・組み合わせは毎レース変わる)

②5レース以上成立すると1カットとなる。(決勝も同様)

③予選レースの成立は2レース以上となっている。(明日成立すれば決勝となる)

④予選の結果に応じて、上位39艇がゴールドフリート、下位38艇がシルバーフリートとなり、決勝が行なわれる。

予選の成績はリセットされるわけではないので、非常に重要である。

⑥このレガッタの成立は「3レース」となっている。もしも決勝が行われない時は予選の成績で決着する。


こんなところだろうか・・・・。今回はメダルレースは実施されないことも付け加えておく。

※明日は最低でも2レースは実施したい所である。良き風を神に祈ろう!

レース結果は松永組を筆頭に同志社、現役・OB勢が好スタートではあるが、まだ1レース、何とも言えないところである。

今回の主催者も柔軟に対応し、オリンピアンによる指導とは素晴らしい演出ではないか?この分ならレース演出の方も期待できるだろう。是非頑張って頂きたいです。


以上


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://namachan70.blog.fc2.com/tb.php/97-ad7f3c53